リアル・ゴーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リアル・ゴーン
トム・ウェイツスタジオ・アルバム
リリース 2004年10月3日アメリカ合衆国の旗
2004年10月14日日本の旗
ジャンル ロックオルタナティヴ・ロック
時間 71分52秒
レーベル アンタイ・レコード
プロデュース キャスリーン・ブレナン
トム・ウェイツ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(ノルウェー[1]
  • 5位(デンマーク[2]
  • 7位(ベルギー・フランデレン地域[3]
  • 8位(イタリア[4]、ポルトガル[5]
  • 9位(スウェーデン[6]
  • 10位(オランダ[7]
  • 11位(オーストリア[8]
  • 16位(イギリス[9]、スイス[10]
  • 19位(ドイツ[11]
  • 23位(フィンランド[12]
  • 27位(オーストラリア[13]
  • 28位(アメリカ)
  • 39位(フランス[14]
  • 40位(ベルギー・ワロン地域[15]
  • 121位(日本[16]
トム・ウェイツ 年表
ブラッド・マネー
アリス
(2002年)
リアル・ゴーン
(2004年)
オーファンズ
(2006年)
テンプレートを表示

リアル・ゴーン(Real Gone)は、トム・ウェイツ2004年に発表したアルバム。

解説[編集]

トムのアルバムとしては初めて、ピアノが全く使用されず、鍵盤楽器も「サーカス」でトム自身がチェンバレンを弾いているのみ。トムの息子のケイシーが、「トップ・オブ・ザ・ヒル」「メトロポリタン・グライド」でターンテーブルを担当している他、ドラムス等も演奏している。

「デイ・アフター・トゥモロウ」は、1人の兵士の視点で歌われた反戦歌で、ジョン・フランズバーグ(ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ)が「moveon.org」「music for america」といった非営利政治団体と共同企画したチャリティ・アルバム『Future Soundtrack for America』(2004年8月、日本未発売)で先行発表されていた。2006年にはドキュメンタリー映画『The Ground Truth』でも使用される[17]。同曲は、allmusic.comにおいて「ここ十年では最も洞察力と思慮深さに満ちた反戦歌」と評された[18]

「デッド・アンド・ラヴリー」は、トムが俳優として出演した2006年の映画『Wristcutters: A Love Story』で使用された[19]

収録曲[編集]

全曲トム・ウェイツとキャスリーン・ブレナンの共作。

  1. トップ・オブ・ザ・ヒル - "Top of the Hill" - 4:55
  2. ホイスト・ザット・ラグ - "Hoist That Rag" - 4:20
  3. シンズ・オブ・マイ・ファーザー - "Sins of My Father" - 10:36
  4. シェイク・イット - "Shake It" - 3:52
  5. ドント・ゴー・イントゥ・ザット・バーン - "Don't Go into That Barn" - 5:22
  6. ハウズ・イット・ゴナ・エンド - "How's It Gonna End" - 4:51
  7. メトロポリタン・グライド - "Metropolitan Glide" - 4:13
  8. デッド・アンド・ラヴリー - "Dead and Lovely" - 5:40
  9. サーカス - "Circus" - 3:56
  10. トランプルド・ローズ - "Trampled Rose" - 3:58
  11. グリーン・グラス - "Green Grass" - 3:13
  12. ベイビー・ゴナ・リーヴ・ミー - "Baby Gonna Leave Me" - 4:29
  13. クラング・ブーム・スティーム - "Clang Boom Steam" - 0:46
  14. メイク・イット・レイン - "Make It Rain" - 3:39
  15. デイ・アフター・トゥモロー - "Day After Tomorrow" - 6:56
  16. チック・ア・ブーン - "Chickaboom" - 1:17

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]