フォード・フュージョン (アメリカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカにおけるフォード・フュージョンFord Fusion )は、フォード・モーターによって製造される中型セダンである。

歴史[編集]

初代(2006年-2012年)[編集]

フォード・フュージョン
初代
前期型(2006年-2010年)
Ford Fusion.jpg
後期型(2010年-2012年)
2010 Ford Fusion.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 直4 2.3/2.5 L Duratec
V6 3.0 L Duratec
V6 3.5 L Duratec
駆動方式 FF/4WD
全長 4,831 - 4,841 mm
全幅 1,834 mm
全高 1,445 - 1,453 mm
-自動車のスペック表-
2005年
2006年モデルとして姉妹車であるマーキュリー・ミランリンカーン・MKZと共に発売。また、生産も両車と共にメキシコエルモシージョ工場において行われ、2005年8月1日に生産が開始された。
フュージョンは欧州向けの新型モンデオが発売されたアルゼンチンを除くラテンアメリカ各国でモンデオの後継車として発売され、また、アメリカおよびカナダでは4代目トーラスの後継車として発売された。
プラットフォームにはマツダ・アテンザ用をベースとしたCD3プラットフォームが採用されたが、全長が30 mm、全幅が55 mm 延長され、サスペンションなども改良された。
エンジンは直列4気筒 2.3 L およびV型6気筒 3.0 L エンジンが搭載される。トランスミッションには5速及び6速オートマチックトランスミッションマニュアルトランスミッションが採用されるが、マニュアルトランスミッションは直列4気筒エンジン搭載車にのみ用意される。
アメリカ合衆国環境保護庁のカテゴリ分類ではトヨタ・カムリホンダ・インスパイア(北米名アコード)、ヒュンダイ・ソナタと同クラスとなる。
また、コンソールや座席の一部などの部品はモンデオと共通のものが利用されている。
フュージョンは「new face of Ford」と呼ばれる、フロントグリルに3本のラインが配置されるデザインが、市販車としては初めて採用された。なお、コンセプトカーとしては2003年北米国際オートショーに出品されたフォード・427がこのデザインを初めて採用した。
2007年モデルイヤー
一部改良でV型6気筒エンジン搭載車に四輪駆動モデルを追加。DVDナビゲーションシステムもオプションとして選択可能となった。
2008年11月
ロサンゼルスオートショーにフュージョンハイブリッドを出展。
2010年モデルイヤー
姉妹車であるミランおよびMKZと共にフェイスリフト。同時にインテリアおよびエンジンの改良が行われ、2.3Lエンジンは同じく直4の2.5Lエンジンに変更された。また、あらたにV6 3.5Lエンジン搭載車も用意された。
同時に直4エンジン搭載車にはハイブリッドモデルも新たに用意され、フォードのGen II hybrid designが採用された。なお、ハイブリッド車にはCVTが採用される

2代目(2012年- )[編集]

フォード・フュージョン
2代目
フロント
Ford Fusion at NAIAS 2012 004.jpg
リア
Ford Fusion at NAIAS 2012 005.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 直4 2.5L Duratec
直4 1.6L/2.0L EcoBoost
2.0L Hybrid
変速機 6AT/6MT/セレクトシフト/CVT
駆動方式 FF/4WD
-自動車のスペック表-
2012年1月
デトロイトモーターショーワールドプレミア
2012年9月
発売開始。5代目モンデオと共通のボディを有することになったが、モンデオに用意されるステーションワゴンと5ドアハッチバックは設定がない。モンデオ同様にCD3プラットフォームは従来型より踏襲されるが、大幅な改良を受けており、パワーステアリングも電動式に変更された。エンジンは1.6 L と2.0 L のエコブーストならびに2.5 L デュラテックを採用してダウンサイジングが図られた。トランスミッションはエコブースト仕様には「セレクトシフト」と呼ばれる6速デュアルクラッチトランスミッションが(2.0 L はパドルシフトつき)、2.5 L には6速ATが用意され、1.6 L ではオプションで6速MTも選択できる。また、2.0 L のみ4WDも選択できる。ハイブリッドモデルも引き続き設定されるが、エンジンは2.0 L にダウンサイズされた。


外部リンク[編集]