ピーター・ベアズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ベアズリー Football pictogram.svg
名前
本名 ピーター・アンドリュー・ベアズリー
Peter Andrew Beardsley
ラテン文字 Peter Beardsley
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス(イングランドの旗 イングランド)
生年月日 1961年1月18日(53歳)[1]
出身地 ノーサンバーランド, ヘキサム
身長 173cm
選手情報
ポジション FW / MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1982
1982
1982-1983
1983
1983-1987
1987-1991
1991-1993
1993-1997
1997-1998
1998
1998
1998-1999
1999
イングランドの旗 カーライル・U
カナダの旗 V・ホワイトキャップス(旧)
イングランドの旗 マンチェスター・U
カナダの旗 V・ホワイトキャップス(旧)
イングランドの旗 ニューカッスル・U
イングランドの旗 リヴァプール
イングランドの旗 エヴァートン
イングランドの旗 ニューカッスル・U
イングランドの旗 ボルトン
イングランドの旗 マンチェスター・C (Loan)
イングランドの旗 フラム
イングランドの旗 ハートリプール・U
オーストラリアの旗 メルボルン・ナイツ
通算
104 (22)
48 (20)
0 (0)
25 (8)
147 (61)
131 (46)
81 (25)
129 (47)
17 (2)
6 (0)
21 (4)
22 (2)
2 (0)
756 (237)
代表歴
1991-1992
1986-1996
イングランドB
イングランド代表
2 (0)
59 (9)
監督歴
1999-2000
2001-
2010
イングランドの旗 イングランド代表(コーチ)
イングランドの旗 ニューカッスル・U(B監督)
イングランドの旗 ニューカッスル・U(暫定監督)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ピーター・アンドリュー・ベアズリー MBE(Peter Andrew Beardsley MBE, 1961年1月18日 - )は、イングランドノーサンバーランドヘキサム英語版出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。イングランド代表であった。現役時代のポジションはフォワードミッドフィールダー。現在はニューカッスル・ユナイテッドFCのリザーブチーム監督を務めている。

ニューカッスル・ユナイテッドFCリヴァプールFCエヴァートンFC在籍時の活躍で知られ、カーライル・ユナイテッドFCマンチェスター・ユナイテッドFCボルトン・ワンダラーズFCマンチェスター・シティFCフラムFCハートリプール・ユナイテッドFC、カナダのバンクーバー・ホワイトキャップス (1974年-1984年)英語版、オーストラリアのメルボルン・ナイツFC英語版などでもプレーした。1986年から1996年にはイングランド代表として59試合に出場し、1試合ではキャプテンを務めた。1999年に現役引退して指導者の道に進み、長らくニューカッスル・Uのリザーブチーム監督を務めているほか、2010年にはトップチームの暫定監督を務めた。

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

イングランド・ノーサンバーランドのヘキサムに生まれ、ノース・タインサイド英語版にある著名なウォールセンド・ボーイズ・クラブの下部組織に入団した。しかし、十代の頃に地元のニューカッスル・ユナイテッドFCの下部組織に移り、1978年にカーライル・ユナイテッドFCからプロデビューした。カーライルではリーグ戦104試合に出場して22得点を挙げ[1]、1981-82シーズン終了後のセカンドディヴィジョン(2部)昇格を助けた。1982年9月9日、カナダのバンクーバー・ホワイトキャップス (1974年-1984年)英語版(現存するクラブとは別組織である)に移籍したが、北米での挑戦は短期間に終わった。カナダに到着してからわずか1週間後、移籍金25万ポンドでロン・アトキンソン監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドFCと契約し、イングランドに舞い戻った。フットボールリーグカップAFCボーンマス戦でデビューしたが、トップチームでの出場はその1試合に留まり、1983年3月1日にフリートランスファーでV・ホワイトキャップスに移籍したが、北米でのプレーは再び短期間に終わっている。

ニューカッスル・U[編集]

移籍金なしで獲得できた可能性もあったが、1983年9月23日、移籍金15万ポンドで地元のニューカッスル・Uと契約した。溌剌として鋭敏で足元の技術があるベアズリーは、9月24日、オークウェル英語版で行われたセカンドディヴィジョン・バーンリーFC戦(1-1)でデビューした。10月19日、ニニアン・パークで行われたカーディフ・シティFC戦(2-0)で初得点を挙げ、翌節のマンチェスター・シティFC戦で初めてセント・ジェームズ・パークの土を踏んだ。この試合でベアズリーはキャリア初のハットトリックを達成し、マンチェスター・Cを5-0で粉砕した。ベアズリーは得点やアシストで即座にサポーターの心をつかまえた。元イングランド代表であり、現役最終シーズンとなったケヴィン・キーガンとコンビを組み、1983-84シーズンはリーグ戦で20得点を挙げた。優勝したチェルシーFC、2位のシェフィールド・ウェンズデイFCに続く3位となってファーストディヴィジョン(1部)昇格に貢献した。ベアズリーはリヴァプールFCで飛躍したキーガン同様に順調なキャリアを歩み、キーガンはシーズン終了後に現役引退した。

初のファーストディヴィジョン挑戦となった1984-85シーズンはリーグ戦38試合に出場して17得点を挙げ、ニューカッスル・Uは昇格初年度で14位となった。1985-86シーズンはリーグ戦全試合(42試合)に出場して19得点を挙げた。ウェストハム・ユナイテッドFC戦では試合途中から急遽キーパーを務めたが、ポジションを最後尾に変えてから3点を許し、1-8で完敗した。シーズン序盤の好調さから、ニューカッスル・Uを優勝争いのダークホースと予想する識者がいたことはさておき、ニューカッスル・Uでは主要タイトル獲得を期待できず、ベアズリーはより成功を収めたクラブのターゲットとなった。1986-87シーズンは27試合に出場して11得点し、ニューカッスル・Uを順位表の中位(11位)に押し上げた。ニューカッスル・Uでは4シーズンで計61得点(全てリーグ戦)を挙げた。

リヴァプールFC[編集]

1987年夏、リヴァプールFCのエースであるイアン・ラッシュはイタリアのユヴェントスFCに去った。リヴァプールの選手兼監督であるケニー・ダルグリッシュは国内記録となる190万ポンドの移籍金をベアズリー獲得のために提示し、ニューカッスル・Uのウィリー・マクファール監督はこのオファーを受け入れ、1987年7月14日にリヴァプールへの移籍が完了した。この12年後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は自伝で、(マンチェスター・Uにはベアズリー)獲得の意思があったが、マクファールはオファーを断り、「300万ポンドのオファーを出さない限り(ベアズリーは)売らない」と言われたことを明らかにしている[2]。同時期にはワトフォードFCからウィングのジョン・バーンズも加入し、1987-88シーズンにはPFA年間最優秀選手賞に選ばれている。さらに1986-87シーズン途中にはジョン・オルドリッジも加わっており、1987年8月15日、ハイバリーで行われたシーズン開幕戦のアーセナルFC戦(2-1)では、9分にベアズリー、バーンズ、オルドリッジの3者の連携からアーセナル守備陣を切り裂いてオルドリッジの得点を呼び込んだ。ベアズリーとオルドリッジのコンビは、1980年代のイングランドサッカー界で最高のパートナーと謳われたダルグリッシュとラッシュの名コンビを引き継いだ。8月29日、ハイフィールド・ロード英語版で行われたコヴェントリー・シティFC戦(4-1)では83分に移籍後初得点を挙げた。1987-88シーズンにはクラブ最長タイのリーグ戦29試合連続無敗を達成し、リーグを席巻して優勝を果たした。しかし、FAカップ決勝ではウィンブルドンFCに0-1で敗れ、ダブル(リーグ戦とカップ戦の2冠)を阻止された。リヴァプールは一度ゴールネットを揺らしたが、その前に相手選手がファールを犯したとして主審はリヴァプールのフリーキックを指示し、その前のリヴァプールのゴールは認められなかった。その後、ウィンブルドンのローリー・サンチェス英語版が試合唯一となる得点を挙げ、リヴァプールは後半にオルドリッジがPKを失敗して万事休した[3]。リヴァプールでの初年度には、オルドリッジに次いでジョン・バーンズと並ぶチーム2位タイの15得点を挙げた。1988年にはラッシュが再加入し、ラッシュは負傷のために14試合を欠場したが、ダルグリッシュ監督は4-3-3フォーメーションを採用し、ベアズリー、オルドリッジ、ラッシュのフォワード3人の共存を認めた。1989年4月にはヒルズボロの悲劇が起こって96人のリヴァプールサポーターが死去し、ベアズリーは病院を訪れて何人もの負傷者を見舞ったり、何人もの犠牲者の葬儀に出席したりした。1988-89シーズンのFAカップでは、ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝でライバルのエヴァートンFCを3-2で破って優勝した。リーグ戦でも最終節を前にして2位のアーセナルに勝ち点3差(得失点差は4リード)を付けていたが、アンフィールドで行われたアーセナルとの直接対決ではロスタイムの失点で0-2と敗れ、得点数でアーセナルを下回って[注釈 1]優勝を逃した。ベアズリーはリーグ戦で11得点を挙げた。1989年夏にオルドリッジが移籍したことで、1989-90シーズンのベアズリーは4-4-2フォーメーションでラッシュと並ぶ形のフォワードに復帰した。29試合に出場して10得点を挙げ、クラブは2シーズンぶりにリーグ優勝したが、高額の移籍金でイスラエル代表のRonny Rosenthalが加入したことでシーズン終盤には出場機会が減少していた。

1985年5月に起こったヘイゼルの悲劇により、イングランドのすべてのクラブは5年間の国際試合出場禁止処分を受けていたが、当事者であったリヴァプールは7年間の出場禁止処分を受けていたため、1990-91シーズンにイングランドのクラブが欧州カップ戦に復帰した際も、リヴァプールはまだ出場が認められなかった。1990年9月16日、4-0と大勝したマンチェスター・Uとのノースウェスト・ダービーではハットトリックを達成し、翌週のマージーサイド・ダービーでは2得点を挙げた。11月17日にコヴェントリー・C戦(1-0)で挙げた決勝点が、リヴァプールでのリーグ戦で決めた最後の得点となった。1991年1月にはデヴィッド・スピーディー英語版が加入し、トップチームでの出場機会を求めるベアズリーにはさらなる逆風が吹いた。1990-91シーズンは27試合に出場して11得点しているが、シーズン序盤戦での大量得点のために得点数が目立つだけであり、1990年のクリスマス以降は1点も挙げていない。1991年2月20日にグディソン・パークで行われたFAカップ5回戦再試合・エヴァートン戦では、リヴァプールにおける公式戦最後の得点を挙げたが、このマージーサイド・ダービーは4-4の引き分けに終わり、ケニー・ダルグリッシュ監督の辞任とグレアム・スーネス監督の就任につながった[4]。この時点ではリーグ戦の首位を走っていたが、年明け後にはアーセナルに迫られ、最終的には北ロンドンのクラブが戴冠した。1991年夏、国内記録となる移籍金290万ポンドでディーン・ソーンダースが加入すると、同じくポジションを争うスピーディーが移籍したにもかかわらず、ベアズリーの出場機会はいっそう制限されると思われた。また、レンジャーズFCモー・ジョンストン英語版との契約もスーネスの口から語られたが、ジョンストンの加入は実現しなかった。リヴァプールでは175試合に出場して59得点を挙げたが、その視野の広さ、狡猾さ、すべてのプレーがアンフィールドの忠実なサポーターに愛された。このため、2006年に公式ウェブサイト上で行われた、世界中の11万人以上のサポーターが10選手を選ぶ「コップ(リヴァプールFCサポーター)に衝撃を与えた100選手」という投票では19位にランクインした[5]

エヴァートンFC[編集]

1991年8月5日、30歳のベアズリーはマージーサイドのライバルであるエヴァートンFCに移籍した。移籍金は100万ポンド。エヴァートンはソーンダースの獲得を試みていたが、皮肉にもソーンダースがリヴァプールに移籍したことで、ベアズリー獲得に切り替えたのであった。ライバルクラブに移籍したことで、本来ならリヴァプールサポーターから反感を買うはずであったが、サポーターは満足な出場機会を与えられていなかったベアズリーに同情した。8月17日、シティ・グラウンドで行われたノッティンガム・フォレストFC戦(1-2)でデビューした。ベアズリー在籍期間中のエヴァートンは順位表の中位以上の成績を残せなかったが、ベアズリーは青いユニフォームのクラブで順調に得点を重ねた。1991-92シーズンのマージーサイド・ダービーでも得点し、デヴィッド・ジョンソン (1951年生のサッカー選手)英語版ニック・バーンビーに次いで、ダービーにおいて両クラブで得点した経験のある3人目の選手となった。エヴァートンでの初年度はチーム内得点王となり、2シーズン目も躍動的な特質を示した。しかし、ピッチ外でのクラブは財政的な問題に悩まされ、古巣のニューカッスル・Uはエヴァートンに対して、32歳の選手に対する移籍金としては拒否しがたい150万ポンドのオファーを提示した。エヴァートンでは計95試合に出場して32得点を挙げた。

ニューカッスル・U復帰[編集]

1993年7月16日、かつて名コンビを組んだキーガンが監督を務めるニューカッスル・Uに6年ぶりに復帰した。移籍金は150万ポンド。ニューカッスル・Uは1992-93シーズンにファーストディヴィジョン(当時2部)で優勝してプレミアリーグ(1部)昇格を決めており、1993-94シーズンは3位となってUEFAカップ出場権を獲得した。ベアズリーは公式戦計25得点を挙げ、前線でコンビを組むアンディ・コールはクラブ記録となる公式戦計41得点を挙げた。さらにニューカッスル・Uで4年間プレーし、1995-96シーズンはプレミアリーグのタイトルをほとんど手中に収めたと思われたが、最終的にマンチェスター・Uにかっさらわれた。2度目の在籍期間中には157試合に出場して56得点を挙げており、最初の在籍期間と合わせるとニューカッスル・Uでは計321試合に出場して117得点を挙げた。2.74試合に1得点というなかなかの得点率を誇っているが、ベアズリーはゴールスコアラーというよりもパスの供給者とみなされており、とりわけ、アラン・シアラーが加入した1996-97シーズンにはミッドフィールダーに転向した。このニューカッスル・U在籍時がキャリアにおけるピークであるとされている。

選手生活の晩年と引退[編集]

1997年8月18日、移籍金45万ポンドでボルトン・ワンダラーズFCに移籍した。1997-98シーズンは21試合に出場したが、プレミアリーグ残留を果たすことはできず、シーズン終了後にファーストディヴィジョン降格となった。その後はマンチェスター・シティFCにレンタル移籍して6試合に出場し[1]、マンチェスターとリヴァプールの主要4クラブすべてでプレーした経験のある最初にして唯一の選手となった。移籍したフラムFCでは再びキーガン監督の下でプレーし、2度のレンタル移籍期間に28試合に出場した後に完全移籍を果たした。1998年にはフリートランスファーでサードディヴィジョン(4部相当)のハートリプール・ユナイテッドFCに移籍し、22試合に出場してフットボールリーグの地位維持に貢献した。オーストラリアのメルボルン・ナイツFC英語版で2試合に出場した後、38歳で現役引退を表明した。20年間のプロ選手生活でリーグ戦659試合に出場して210得点を挙げ、公式戦通算では799試合に出場して238得点を挙げた。また、イングランドサッカー界における主要3タイトル(ファーストディヴィジョン/プレミアリーグ、FAカップ、FAコミュニティ・シールド)を全て獲得している。

代表[編集]

1986[編集]

1986年1月29日、カイロで行われたエジプト代表との親善試合(4-0)でボビー・ロブソン監督率いるイングランド代表デビューした[6]。その後、ニューカッスル・U在籍時にイングランド代表のレギュラーとなっているが、このエジプト戦は偶然にもベアズリーが「選手キャリアで最良のパートナー」と表現したゲーリー・リネカーとの途中交代であった。5月17日にロサンジェルスで行われたメキシコ代表との親善試合(3-0)では、4試合目の出場で代表初得点を挙げた。同年夏にはメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップの出場メンバーに選ばれた。同大会でイングランドは計7得点を挙げているが、このうち6点は得点王に輝いたリネカーの得点であり、残りの1点がパラグアイ戦(3-0)で挙げたベアズリーの得点であった。イングランドはグループリーグの初戦と2戦目で無得点に終わったが、3戦目のポーランド戦は3-0で快勝した。ベアズリーは初めて先発出場し、スティーヴ・ホッジ英語版への完璧なクロスがリネカーの2点目につながった。準々決勝のアルゼンチン戦では、ディエゴ・マラドーナの「5人抜き」ゴールの際に一人目に交わされた選手となった。

1987-1990[編集]

1987年に移籍したリヴァプールFCでは控え降格も経験したが、イングランド代表ではポジションを維持し、UEFA欧州選手権19881990 FIFAワールドカップに出場した。1988年2月17日のイスラエルとの親善試合(0-0)ではキャプテンの栄誉を与えられた。1990 FIFAワールドカップでのイングランドは決勝トーナメント1回戦のベルギー戦、準々決勝のカメルーン戦と延長の末に勝ち上がった。ドイツとの準決勝も延長戦に突入し、それでも決着がつかずにPK戦に持ち込まれると、ベアズリーは2人目のキッカーとしてPKを成功させたが、イングランドはスチュアート・ピアースクリス・ワドルがPKを外し、1-1(PK 3-4)で敗れた[7]

1990-1996[編集]

1990年末、ボビー・ロブソンの後任として就任したグレアム・タイラー英語版監督はベアズリーの存在を無視し、代表が低調な成績であったにもかかわらずUEFA欧州選手権1992のメンバーから外れた。イングランド代表はスウェーデンデンマークフランスと同居したグループリーグで最下位に終わった。その後もタイラー監督はベアズリーを招集しなかったが、1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でのイングランド代表はオランダノルウェーに次ぐグループ3位に終わり、前回大会ベスト4でありながらヨーロッパ予選敗退という結果に終わった。再びニューカッスル・Uに在籍していた1994年初頭、3年ぶりにイングランド代表に招集され、その後は1996年まで招集された。イングランド代表では59試合に出場して9得点しているほか、アリスバーリー・ユナイテッドFCとの非公式親善試合では4得点を挙げている。

指導者経歴[編集]

1999年初頭、イングランド代表グレン・ホドル監督が解任されてハワード・ウィルキンソン英語版が暫定監督に就任すると、ケヴィン・キーガンがホドルの正式な後任監督に就任するまでアシスタントコーチを務めた。その間にイングランドは1998 FIFAワールドカップ王者のフランス代表旧ウェンブリー・スタジアムで対戦して敗れている[8]。2003年にはニューカッスル・Uのふたりのユース選手を脅したとされ、プレミアリーグ機構の調査を受け、ユースコーチの職を離れた[9]

グレン・ローダー英語版がクラブの正式監督に就任したため、ベアズリーは2006年にニューカッスル・Uを離れた。2007年、エヴァートンFCでのかつての恩師ハワード・ケンドール(Howard Kendall)監督は「アイルランド共和国代表監督に就任してベアズリーをアシスタントコーチに置くことに興味を持っている」と述べた。2009年3月、ベアズリーは再びニューカッスル・Uのアカデミーの監督に就任し、何よりもまず若手ストライカーの育成に取り組んだ[10]。2010年7月27日、スティーヴ・ストーンをアシスタントコーチに従え、ニューカッスル・Uのリザーブチーム監督に就任した[11]。12月6日にはトップチームのクリス・ヒュートン英語版監督が解任され、12月9日にアラン・パーデュー監督が就任するまでの3日間、暫定監督を務めた[12]

タイトル[編集]

いずれも選手時代に獲得したタイトルである。

クラブ[編集]

  • リヴァプールFC
ファーストディヴィジョン 優勝 : 1987–88, 1989–90
FAカップ 優勝 : 1989
FAチャリティ・シールド 優勝 : 1988, 1989, 1990
  • ニューカッスル・ユナイテッドFC
プレミアリーグ 準優勝 : 1987–88, 1989–90
FAチャリティ・シールド 準優勝 : 1996

代表[編集]

  • イングランド代表
FIFAワールドカップ 4位 : 1990
ラウス・カップ[注釈 2] 優勝 : 1986, 1988, 1989
イングランド・チャレンジカップ 優勝 : 1991
アンブロ・カップ 準優勝 : 1995

個人[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 勝ち点は76で並び、得失点差も37で並んでいた
  2. ^ イングランド代表対スコットランド代表の定期戦

脚注[編集]

  1. ^ a b c Football League Career Stats at Neil Brown
  2. ^ Ferguson, Alex (2000). Managing My Life: My Autobiography. London: Hodder and Stoughton. p. 263. ISBN 978-0-340-72856-7. 
  3. ^ Top 10 greatest FA Cup finalsThe Sun
  4. ^ THE ALL TIME PLAYING RECORDSLiverweb
  5. ^ Football Sporting Heroes.net[リンク切れ]
  6. ^ Football Sporting Heroes.net[リンク切れ]
  7. ^ England in the European Championship 1992 Squad Records England Football Online.com
  8. ^ Peter Beardsley profile”. www.liverpoolfc.tv. 2010年12月7日閲覧。
  9. ^ Beardsley cleared of bullying”. BBC News (2003年6月3日). 2007年9月8日閲覧。
  10. ^ “Peter Beardsley gets Newcastle United coaching job”. chroniclelive.co.uk. (2009年3月27日). http://www.chroniclelive.co.uk/newcastle-united/nufc-news/2009/03/27/peter-beardsley-gets-newcastle-united-coaching-job-72703-23246701/ 2010年7月27日閲覧。 
  11. ^ Beardsley Appointed Reserve Team Coach”. nufc.co.uk (2010年7月27日). 2010年7月27日閲覧。
  12. ^ Boss Chris Hughton sacked by Newcastle United”. BBC Sport (2010年12月6日). 2010年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]