ノースカロライナ州立大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースカロライナ州立大学
ベルタワー
ベルタワー
大学設置/創立 1887年
学校種別 州立
設置者 North Carolina General Assembly
本部所在地 ノースカロライナ州ローリー
学部
  • 後述
ウェブサイト ノースカロライナ州立大学公式サイト
テンプレートを表示

ノースカロライナ州立大学英語: North Carolina State University)は、ノースカロライナ州ローリーに本部を置くアメリカ合衆国州立大学である。1887年に設置された。

2013年現在、学生数約35,000人(大学院生は全体の28%程度)を擁する。2005年のノーベル賞受賞者の輩出を含め、米国屈指の研究機関(Research Institute)である。 ノースカロライナ大学システム(UNC System)を構成するノースカロライナ大学群の一つであり、Land Grant (土地研究助成)、Sea Grant (海洋研究助成)、Space Grant (宇宙開発助成)の全ての助成指定を受けているアメリカ東海岸南部に位置するノースカロライナ州(NC州)最大の州立大学である。

アメリカ東海岸最大の研究地域であるリサーチ・トライアングル・パーク(Research Triangle Park)を形成する三大学のうちの一つである。アメリカにはこの他にも、スタンフォード大学を牽引するスタンフォード・リサーチ・パーク(通称、シリコンバレー)、オレゴン大学を船頭としたシリコン・フォレストウォール・ストリートに代表される金融ITビジネスを集約したニューヨークシリコン・アレー、ボストンのルート 128がある。その中でも、アメリカ西海岸最大のシリコンバレーとよく比較され、東海岸最大の研究地域として、東のシリコンバレー(The East of the Silicon Valley)と揶揄される。

基本情報[編集]

東海岸南部に位置する大学としては珍しく、白人の学生が70%以上を占める。その後、黒人5%、アジア人5%、ヒスパニックが3%と続く。SATの平均スコアは1,800である。大学生卒業率(4年以内)は約40%である。また、6年間での卒業率は約74%である。

歴史[編集]

1887年ノースカロライナ州州都であるローリーに創設された。1932年ノースカロライナ州内の3つの大学(ノースカロライナ州立大学デューク大学ノースカロライナ大学チャペルヒル校)が統合され、UNC(University of North Carolina)として(UNC System)で運営されるようになった。 研究開発においては、繊維産業(Textile Industries)を牽引する大学の一つとして知られ、また、『誰でも使える』がモットーのユニバーサルデザインを発祥した大学としても知られる。なお、スウェーデン王立アカデミーノミネートするノーベル賞受賞者を輩出している大学のうちの一つである。

ランキング[編集]

年に一度、全米大学ランキングを発表するUS News(2014年度版)では、米国約3,500ある大学の中で95位、また、分野ごとではStatisticsが15位(全米)、Biological/Agricultural Engineeringが9位(全米)、Nuclear engineeringが8位(全米)、Veterinary medicineが3位(全米)、Textilesが1位(全米世界)に位置している。上海交通大学によるランキング(2015年度)では、150-200位(世界)、US News & World Report Global Rankings(2015年度)では、213位(世界)と評価されており、概ね日本のLocal Imperial Universities(地方帝国大学)や神戸大学筑波大学と同ランクに位置づけられる事が多い。

また、全米の大学の中でも、連邦政府研究助成金割り当て金額で常にトップ5にランクインするなど、全米の大学の中で上位に位置するアメリカの名門州立大学である。産業界からの補助金額は全米8位、研究者の特許保有数は全米9位であり、世界中の著名な教授陣が名を連ねている。

大学附属の図書館の総蔵書数は440万冊にも及び、大学附属図書館においてトップ50(全米)にランキングされている。また、世界的にも類を見ない最先端図書館であるJames B. Hunt Library(Automated library)を擁している。(図書館に関しては後述)

学部・大学院[編集]

アクセス[編集]

ローリーへの空路による直行便の就航都市は下記を含む約40都市である。

大学附属図書館群[編集]

2013年1月にオープンしたJames B. Hunt Library(図書館)は、Automated libraryと呼ばれる世界中でも類を見ない最新式の図書館である。BookBotと呼ばれる「人間に代わって、本を本棚から取りに(または、収納をしに)行くロボット」がこの図書館では導入されている。このJames B. Hunt Libraryは、世界で最も美しい50の図書館(50 Most Beautiful Libraries in the World)において14位にランクインし、また、世界で最も素晴らしい図書館25選(25 Coolest College Libraries)にも選出されている。 この他にも、キャンパス内には合計で5つの図書館(NCSU Libraries)があり、総蔵書数は約440万冊を擁する。

キャンパス[編集]

本学は、Central Campus(中央キャンパス), South Campus(南キャンパス), West Campus(西キャンパス), North Campus(北キャンパス), East Campus(東キャンパス), Centennial Biomedical Campus(生医学キャンパス), Centennial Campus(記念キャンパス)の7つのキャンパスを有し、総面積2,110エーカー(acre)を誇る。キャンパス内には大学利用者用無料シャトルバスが早朝から深夜まで数分〜十数分間隔で運行されており、各々のバスの「現在地」と進行方向、バス停情報等がスマートフォン用のアプリケーションで常に確認できるようになっている。 学内にはフィットネスクラブオン-キャンパス アパートメント大学附属図書館群が位置している。 多々のショッピングセンターが広大なキャンパス内に存在し、映画館カフェテリア、ずらっと並んだ各種飲食店は車・バスでのアクセスに恵まれる。

記念キャンパス[編集]

同大学は、メインキャンパスの他に、大学の創立100周年を記念して作られた記念キャンパス(Centennial Campus)を擁している。この記念キャンパスでは、多分野の産学協同研究プロジェクトが推進されており、バイオテクノロジーや各種エンジニアリング(Textile Engineering, Electric Engineering...etc)を中心とした、複数のベンチャー企業が拠点を置いている。Linuxディストリビューションの最大手であるレッドハットPC大手メーカーIBM繊維系大手デュポン等がこのキャンパス内に研究所・実験設備を擁している。工学部繊維学部がこのセンテニアル・キャンパスに位置している。

スポーツ[編集]

ノースカロライナ州立大学のスポーツ・チームは、ウルフパック(Wolfpack)と呼ばれ、NCAAのディビジョンI(フットボールはディビジョンI-A)のアトランティック・コースト・カンファレンスに属している。

卒業生[編集]

多岐分野にわたる著名人有名人セレブリティを輩出している。

日本の提携大学・姉妹校[編集]

下記の3つの国公立大学と4つの私立大学との間に学生の交換留学の提携を結んでいる。

国立大学 交換留学提携校

私立大学 交換留学提携校

ノースカロライナ大学チャペルヒル校・デューク大学との関係[編集]

ノースカロライナ州立大学EngineeringStatisticsTextilesに秀でた州立大学であるのに対し、ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)はNatural sciencesに重点をおいた州立大学である。 一方、デューク大学Business AdministrationMedical Sciencesに突出した私立大学であり、リサーチ・トライアングル・パーク(RTP)としては、非常に一貫した学術分野の棲み分けが達成されていることで名高い。そのため、Engineeringを専攻する場合にはノースカロライナ州立大学ChemistryBiologyの場合にはノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)、Medical Sciencesを志す場合にはデューク大学といった選択が自然となされるようである。

キャンパス風景[編集]

外部リンク[編集]

  • NC State Home Page - 公式サイト(英語)
  • NCSU Centennial Campus - センテニアル・キャンパス(英語)
  • The Go Pack Site - スポーツ関連公式サイト(英語)
  • [1](英語)
  • [2](英語)
  • [3] - James B. Hunt図書館(Youtube, 英語)
  • [4] - キャンパス紹介(Youtube, 英語)
  • [5] - James B. Hunt Library, Rankings(英語)