ドセタキセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドセタキセル
IUPAC命名法による物質名
(2R,3S)-N-carboxy-3-phenylisoserine, N-tert-butyl ester, 13-ester with 5, 20-epoxy-1, 2, 4, 7, 10, 13-hexahydroxytax-11-en-9-one 4-acetate 2-benzoate, trihydrate
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
投与方法 点滴静注
薬物動態的データ
生物学的利用能 NA
血漿タンパク結合 >98%
代謝 肝臓
半減期 86 hours
排泄 胆汁排泄
識別
CAS登録番号 114977-28-5
ATCコード L01CD02
PubChem CID 148124
DrugBank APRD00932
KEGG D07866
化学的データ
化学式 C43H53NO14 
分子量 807.879 g/mol

ドセタキセルdocetaxel)は、タキサン系の抗がん剤

商品名タキソテール(サノフィ・アベンティス社)。

先行して開発されたタキソール(一般名パクリタキセル)と名称が非常に似ていて、作用機序も同じだが、抗腫瘍効果や溶解性の点で改良がなされており、しびれなどの副作用も少なく、臨床効果も高いという報告がある。[要出典]

効能・効果[編集]

子宮体癌において術後補助化学療法の有効性は確立されていない。

用法・用量[編集]

乳癌・非小細胞肺癌・胃癌・頭頸部癌:通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして60 mg/m2(体表面積)を1時間以上かけて3~4週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜増減すること。ただし、1回最高用量は75 mg/m2とする。

卵巣癌:通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして70 mg/m2を1時間以上かけて3~4週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜増減すること。ただし、1回最高用量は75 mg/m2とする。

食道癌・子宮体癌:通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして70 mg/m2を1時間以上かけて3~4週間隔で点滴静注する。なお、症状により適宜減量する。

前立腺癌:通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして75 mg/m2を1時間以上かけて3週間隔で点滴静注する。なお、症状により適宜減量する。

類似名称薬剤による誤投与問題[編集]

上述のように、タキソテールはタキソール(パクリタキセル:1日の投与量上限が210 mg/m2)よりも少ない用量となるため、名称を間違わないように注意が必要となる。

2011年7月、タキソテール(従来は粉末。バイアル入り)の溶解済み製剤が発売され、名称が「ワンタキソテール」に変更された。

注射剤の調整[編集]

タキソテール注はタキソール注(パクリタキセル)と異なり、添付溶解液として13%エタノール溶液が添付されており、これに用時溶解して使用する。ただし、エタノールに過敏な患者に用いる場合は、生理食塩水または5%ブドウ糖液を用いることもできる。

一方、ワンタキソテールは溶解済みの1バイアル製剤であるが、溶液にエタノールが含まれている。

作用機序[編集]

パクリタキセルと同様、微小管に結合して安定化させ脱重合を阻害することで、腫瘍細胞の分裂を阻害する。

副作用[編集]

パクリタキセルに比べ骨髄抑制(白血球減少など)の発現頻度は高いが、神経障害(しびれ)が少ないので自覚症状は少ない。累積投与量が増すと、浮腫や爪の変性が見られる。

参考資料[編集]