アントラキノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9,10-アントラキノン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 84-65-1
ChemSpider 6522
日化辞番号 J294A
KEGG C16207
ChEMBL CHEMBL55659
特性
化学式 C14H8O2
モル質量 208.21 g mol−1
外観 黄色固体
密度 1.308 g/cm3
相対蒸気密度 7.16
融点

286 °C

沸点

379.8 °C

への溶解度 不溶
危険性
Rフレーズ R36/37/38
引火点 185°C
関連する物質
関連物質 キノン
アントラセン
出典
ICSC
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アントラキノン (anthraquinone) は芳香族に属する有機化合物で、アントラセンの誘導体である。黄色から薄い灰色、もしくは緑がかった灰色をしており、結晶性の粉末である。IUPAC系統名アントラセン-9,10-ジオン anthracene-9,10-dione だが、別名として9,10-アントラセンジオンアントラジオンアントラセン-9,10-キノンなどがある。

アルコールには不溶であるが、ニトロベンゼンアニリンには可溶である。通常の条件下で、化学的に極めて安定である。

アロエセンナダイオウカスカラといった、ある種の植物に含まれている。また藻類昆虫などにも存在しており、着色の原因となっている物質である。天然のアントラキノン誘導体は下剤として働くものが多いとされている。また、生物に寄らない生成方法で産出することもあり、鉱物としてはヘール石 (Hoelite) として登録されているが、産出は珍しい[1]

化学的性質[編集]

いくつかの合成法が知られている。

アントラキノンの古典的な反応としてバリー・スコール合成 (Bally-Scholl synthesis) が知られている[2][3]。これはグリセロールとアントラキノンの反応によりベンズアントロンを生成するというものである[4]。この反応は硫酸の存在下でキノンが還元され(ケトン基の1つがメチレンになる)、次いでグリセロールが付加するというものである。

バリー・スコール合成

工業的な応用[編集]

多くの天然色素はアントラキノン骨格を持っているため、アリザリンなどの色素の原料として用いられている。また製紙業でパルプ製造の触媒としても用いられている。また、鳥除けに用いられたりもする。

誘導体である2-エチルアントラキノンは工業的に過酸化水素を製造するために用いられている。

アントラキノン法による過酸化水素製造

脚注[編集]

  1. ^ Hoelite mindat.org
  2. ^ Bally, O. (1905). “Ueber eine neue Synthese in der Anthracenreihe und über neue Küpenfarbstoffe”. Ber. 38: 194-196. doi:10.1002/cber.19050380137. 
  3. ^ Bally, O.; Scholl, R. (1911). “Einwirkung von Glycerin und Schwefelsäure auf amidierte und auf stickstofffreie Verbindungen der Anthracen-Reihe: Benzanthron und seine Reduktionsprodukte, nebst Bemerkungen über Namenbildung und Ortsbezeichnung hochgegliederter Ringsysteme der Anthracen-Reihe”. Ber. 44: 1656. doi:10.1002/cber.19110440264. 
  4. ^ Macleod, L. C.; Allen, C. F. H. (1934), “Benzathrone”, Org. Synth. 14: 4, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=CV2P0062 ; Coll. Vol. 2: 62 .

外部リンク[編集]