IMPデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IMPデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.205
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

IMPデヒドロゲナーゼ(IMP dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

IMP + NAD+ + H2O \rightleftharpoons XMP + NADH + H+

すなわち、この酵素の基質IMPNAD+、生成物はXMPNADHとH+である。

組織名はIMP:NAD+ oxidoreductaseで、別名には以下のものがある。

  • inosine-5'-phosphate dehydrogenase
  • inosinic acid dehydrogenase
  • inosinate dehydrogenase
  • inosine 5'-monophosphate dehydrogenase
  • inosine monophosphate dehydrogenase
  • IMP oxidoreductase
  • inosine monophosphate oxidoreductase

参考文献[編集]

  • Wang J, Yang JW, Zeevi A, Webber SA, Girnita DM, Selby R, Fu J, Shah T, Pravica V, Hutchinson IV, Burckart GJ (May 2008). “IMPDH1 gene polymorphisms and association with acute rejection in renal transplant patients”. Clin. Pharmacol. Ther. 83 (5): 711–7. doi:10.1038/sj.clpt.6100347. PMID 17851563.