トーク・トーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーク・トーク
Talk Talk
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル シンセポップ
ニューロマンティック
ニュー・ウェーヴ
アート・ロック
ポストロック
活動期間 1981年 - 1991年
レーベル EMI
ポリドール・レコード
共同作業者 .O.rang, Bark Psychosis
メンバー
マーク・ホリス
リー・ハリス
旧メンバー
サイモン・ブレナー
ポール・ウェッブ

トーク・トークTalk Talk)はイギリスで活動していた音楽グループ。1981年に結成され、1991年に解散。デビュー当初はデュラン・デュランらに通ずるニューロマンティックシンセポップグループとして活動していたが、キャリアを深めるにつれバロック・ポップジャズアンビエントなどの様々な要素を織り込んだ独自の音楽性を発揮するようになる。最後にリリースされた2枚のアルバム『スピリット・オブ・エデン』と『ラフィング・ストック』は高い評価を受けており、エクスペリメンタル・ロックオルタナティヴ・ロックのジャンル(とりわけポストロック)のバンドに今日でも高い影響力を誇っている。

略歴[編集]

グループは当初ニューロマンティックに分類され、共通点の多さからよく比較されたのがデュラン・デュランだった(同じ単語をつなげたバンド名、ロキシー・ミュージックからの影響、同じ所属レーベル、プロデューサーがコリン・サーストンなど)。1982年にデビューアルバム『パーティーズ・オーヴァー』をリリースし全英21位を記録するものの、オールミュージックをはじめとするプレスからの反応は「独創性のないデュラン・デュラン的なニューロマンティック・シンセポップバンド[1]」などと冷やかなものだった。1983年、シングル「My Foolish Friend」をリリースした後にキーボーディストのサイモンが脱退し、サポートとしてティム・フリーズ・グリーンを招き入れ、同時に作曲、グループのプロデューサー業も担当するようになる。

1984年に発表された2ndアルバム『イッツ・マイ・ライフ』は前作よりも好意的なレビューに迎えられ、中でも同アルバムからのシングル「Such a Shame」はオーストリアドイツイタリアスイスでトップ5を獲得、タイトルトラック「It's My Life」はアメリカカナダフランス、ドイツ、ニュージーランドオランダでトップ10入りを果たすなど、各国で商業的成功を収めた。しかし本国イギリスでは同シングルは最高49位、アルバムは最高35位にとどまるなど苦戦を強いられていた。「It's My Life」はゲームSaints Row: The Thirdに使用されている。

1986年、3rdアルバム『カラー・オブ・スプリング』を発表。それまでのシンセポップ~ニューロマ路線から脱却を図り、オルガンハーモニカサキソフォンハープなどといった楽器の導入によりオーガニックなサウンドを獲得した同作はグループ最高の全英8位を記録。ヨーロッパ各国はもちろん、それ以外の地域でも[2]良好なセールスを記録した。

『カラー・オブ・スプリング』の商業的な成功から、次のアルバムの費用とスケジュールを十分に工面できたグループは多数の外部のミュージシャンとのセッションが可能になり、1988年に4thアルバム『スピリット・オブ・エデン』をリリースする。本作は長時間に及ぶ即興演奏をホリスとフリーズ・グリーンが編集し、デジタル機器によりアレンジが加えられた結果、ロックの他にクラシックやジャズ、アンビエントなどの要素を含んだ、前作以上に実験的な様相を呈している。プレスからは今まで以上に高い評価を受け、アルバムは全英19位を記録したが、グループはアルバムに伴うツアーは行わないと宣言。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベスト・アルバム『Natural History: The Very Best of Talk Talk』をリリースし、全英3位を獲得、全世界で100万枚以上を売り上げる最大のヒットとなる。同時期にシングル「It's My Life」「Life's What You Make It」「Such a Shame」が再発され、「It's My Life」はシングルで過去最高の全英13位を記録。同年グループはポリドール・レコードと契約を結ぶがこの時にウェッブが脱退し、オリジナルメンバーは2人だけとなる。1991年にラストアルバムとなる『ラフィング・ストック』をリリースする。前作『スピリット・オブ・エデン』以上にミニマリスティックなジャズ、アンビエント的サウンドを展開し、前作同様プレスからの厚い支持を集めた。全英26位。翌年にグループは解散している。

解散後[編集]

ウェッブとハリスの二人は解散後.O.rangというユニットを結成、1994年1996年に2枚のアルバムを発表している。また、ウェッブは2002年にRustin Man名義でポーティスヘッドのシンガーであるベス・ギボンズとのコラボレーションアルバム『アウト・オブ・シーズン』を発表している。ハリスはBark Psychosisというポストロックバンドの2004年のアルバムCodename: Dustsuckerにドラマーとして参加している。ホリスは1998年に自身の名前を冠した唯一のソロアルバム『マーク・ホリス』をリリース。後期トーク・トークに通ずる静謐なサウンドを響かせ、間もなく音楽業界を引退している。

後進への影響[編集]

中期~後期に至るその独創的な音楽性からアメリカのロックバンド・スリントと共にポストロックの草分けとして名高い。トーク・トークの影響を受けたアーティストとしてモグワイなどのポストロック、ポーティスヘッド、DJシャドウなどのトリップ・ホップレディオヘッドデス・キャブ・フォー・キューティーアーケイド・ファイアなどのオルタナティヴ・ロックバンド[3]が挙げられ、多方面での影響力の大きさを窺わせる。他にもシガー・ロスウィーザーが自身のライブでトーク・トークの曲をカバーしている。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム
  • 1982年 - 『パーティーズ・オーヴァー』 (The Party's Over)
  • 1984年 - 『イッツ・マイ・ライフ』 (It's My Life)
  • 1986年 - 『カラー・オブ・スプリング』 (The Colour of Spring)
  • 1988年 - 『スピリット・オブ・エデン』 (Spirit of Eden)
  • 1991年 - 『ラフィング・ストック』 (Laughing Stock)
コンピレーション・アルバム
  • 1985年 - History Revisited: The Remixes (イタリアのみリリース)
  • 1990年 - Natural History: The Very Best of Talk Talk
  • 1991年 - History Revisited: The Remixes
  • 1997年 - The Very Best of Talk Talk
  • 1998年 - Asides Besides
  • 2000年 - 12X12 Original Remixes
  • 2000年 - The Collection
  • 2001年 - Missing Pieces
  • 2003年 - The Essential
  • 2003年 - Introducing...
  • 2011年 - Essential
ライブアルバム
  • 1999年 - London 1986

脚注[編集]