ジャノリス・ジェンキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャノリス・ジェンキンス

Janoris Jenkins
セントルイス・ラムズ No. 21

コーナーバック
生年月日:1988年10月29日(26歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州パホーキー
身長:5' 10" =約177.8cm 体重:193 lb =約87.5kg
NFLデビュー
2012年セントルイス・ラムズ
経歴
大学北アラバマ大学
NFLドラフト2012年 / 2巡目(全体の39番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
タックル     134回
インターセプト     5回
タッチダウン     4回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ジャノリス・ジェンキンス(Janoris Jenkins 1988年10月29日- )はフロリダ州パホーキー出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLセントルイス・ラムズに所属している。ポジションはコーナーバック

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校3年次の2008年には、パレード誌よりオールアメリカンに選ばれた。またRivals.comからは4つ星に評価されて、全米で6位のコーナーバックと評価された[1]

フロリダ大学時代には1年次からレギュラーとしてプレー、BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームにも出場した[2]。この年、カレッジフットボールニュース、スポーティングニュースよりフレッシュマンのオールアメリカンに選ばれた。

しかし、2009年6月1日にゲインズビルバーのそばでけんかを起こし、逮捕される際に警察に抵抗したためテイサー英語版で制圧された。警察からけんかのきっかけを尋ねられた彼は、誰かが自分の首から金のチェーンを盗もうとしたことだと語った[3]。この事件では、6ヶ月の保護観察処分を受けた。

2010年、サウスカロライナ大学アルション・ジェフリージョージア大学A・J・グリーンアラバマ大学フリオ・ジョーンズとのマッチアップで、平均4.7キャッチ、38ヤードに抑える活躍を見せてAP通信より、サウスイースタン・カンファレンスのファーストチーム、Rivals.comよりオールアメリカンのサードチームに選ばれた[4]

2011年1月と4月23日にマリファナの不法所持で逮捕された。4月26日、フロリダ大学のフットボール部は彼を追放した[5]。その後NCAAディビジョンIIの北アラバマ大学に編入した[6]

シニアボウルで活躍[7]、ドラフトコンバインでは、40ヤード走で4秒46を出すなど、高い身体能力を示した[8]

セントルイス・ラムズ[編集]

2012年のNFLドラフト2巡でセントルイス・ラムズから指名された。7月に4年500万ドルで契約を結んだ[9]

デトロイト・ライオンズとの開幕戦ではマッチアップしたタイタス・ヤングトラッシュトークをしかけ、試合中に頭突きを受けた[10]。第2週のワシントン・レッドスキンズ戦ではフレッド・デービスへのアンネセサリー・ラフネスで15,750ドルの罰金を課せられた[11]

第6週のマイアミ・ドルフィンズ戦では彼が守るレシーバーに、9本中9本のパスを決められ、マーロン・ムーアの29ヤードのTDレシーブも許した[12]。第10週のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦にはチームの規律を破ったことから、インアクティブとなった[13]。第12週のアリゾナ・カージナルス戦では2インターセプト、いずれもリターンタッチダウンをあげた[14]。1試合で2インターセプトリターンTDは、NFLでは1960年のボビー・フランクリン以来となる[15]史上4人目の快挙であり、この週のNFC最優秀守備選手に選ばれた[16]。第13週のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦では2ヤードのファンブルリカバーTDをあげた[17]。第16週のタンパベイ・バッカニアーズ戦でも41ヤードのインターセプトリターンTDをあげた[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JANORIS JENKINS”. rivals.com. 2013年1月1日閲覧。
  2. ^ 素行に問題ありも素材は一級品、ドラフト注目株のCBジェンキンス”. NFL JAPAN (2012年2月28日). 2013年1月1日閲覧。
  3. ^ Joe Schad (2009年6月1日). “Gators CB Jenkins arrested near bar"”. ESPN. 2013年1月1日閲覧。
  4. ^ PLAYER BIO”. 北アラバマ大学. 2013年1月1日閲覧。
  5. ^ Edward Aschoff (2012年4月26日). “Florida boots Janoris Jenkins from team =publisher=ESPN”. 2013年1月1日閲覧。
  6. ^ 更生アピールの問題児 その願いは届くのか”. NFL JAPAN (2012年). 2013年1月1日閲覧。
  7. ^ コンバイン前、注目のCBトップ5” (2012年2月22日). 2013年1月1日閲覧。
  8. ^ 現地28日のコンバイン、トップパフォーマーたち”. NFL JAPAN (2012年2月29日). 2013年1月1日閲覧。
  9. ^ Janoris Jenkins signs $5 million deal”. florida.scout.com (2012年7月25日). 2013年1月1日閲覧。
  10. ^ 喧嘩早い性格直らず?WRヤングが頭突きで一時ベンチ待機”. NFL JAPAN (2012年9月11日). 2013年1月1日閲覧。
  11. ^ 第2週の試合で罰金を受けた選手たち”. アメフトNewsJapan (2012年9月21日). 2013年1月1日閲覧。
  12. ^ Second Read: Washington turns RGIII loose, and other Week 6 observations”. スポーツ・イラストレイテッド (2012年10月16日). 2013年1月1日閲覧。
  13. ^ Josh Katzowitz (2012年11月11日). “Rams' Janoris Jenkins, Chris Givens inactive for rules violations”. CBSスポーツ. 2013年1月1日閲覧。
  14. ^ ラムズが4INT奪取で勝利、CBジェンキンスは2リターンTD”. NFL JAPAN (2012年11月26日). 2013年1月1日閲覧。
  15. ^ 半世紀ぶりの快挙も出た!第12週の記録集”. NFL JAPAN.COM編集部オフィシャルブログ (2012年11月29日). 2013年1月1日閲覧。
  16. ^ 週間MVPに2INTリターンTDのCBジェンキンス -守備部門-”. NFL JAPAN (2012-111-29). 2013年1月1日閲覧。
  17. ^ ラムズが49ers撃破の番狂わせ、引き分け直前に劇的FG”. NFL JAPAN (2012年12月3日). 2013年1月1日閲覧。
  18. ^ ラムズ、5ターンオーバー奪取でバッカニアーズ撃破”. NFL JAPAN (2012年12月24日). 2013年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]