チャールズ・ティルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ティルマン

Charles Tillman
シカゴ・ベアーズ No. 33

Charles Tillman.jpg
2008年11月9日試合中
コーナーバック
生年月日:1981年10月23日(32歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:196 lb =約88.9kg
NFLデビュー
2003年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学ルイジアナ大学ラファイエット校
NFLドラフト2003年 / 2巡目(全体の35番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル     806回
QBサック     3回
インターセプト     33回
ファンブルフォース     39回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

チャールズ・ティルマン(Charles Peanut Tillman 1981年2月23日- )はイリノイ州シカゴ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはコーナーバック2003年よりNFLシカゴ・ベアーズに所属している。愛称はピーナッツ[1]

経歴[編集]

彼はシカゴで生まれたがアメリカ陸軍軍人である父親の配属された場所に応じてしばしば引越しを余儀なくされオハイオ州ドイツなどの11の学校に通った。テキサス州の高校を卒業した後、ルイジアナ大学ラファイエット校に進学しそこで4年間左サイドのコーナーバックを務めた。

2003年NFLドラフト2巡目全体35番目にシカゴ・ベアーズに指名されて入団した。1年目から先発コーナーバックとして起用されて[2]4インターセプト、83タックルをマークした。このうち第15週に行われたミネソタ・バイキングス戦ではエンドゾーンでランディ・モスと競り合ってインターセプトしチームに勝利をもたらした[3]2004年は怪我の影響もあり満足できる成績を残せなかったが、2005年には5インターセプト、93タックルをマークし、95ヤードのインターセプトリターンTDもあげた。彼の活躍もありベアーズはNFL1位の守備成績を残した[4]

2006年、彼はベアーズのディフェンスバック最多となる80タックル、チーム最多タイとなる5インターセプト、1ファンブルフォースの成績を残したが背中の負傷で最終戦を欠場した[4]。この年ニューヨーク・ジャイアンツとの対戦を前にしてプラキシコ・バレスによってベアーズのディフェンスバックは大したことがないといった発言がされたが試合ではわずか1回のキャッチに抑えインターセプトも奪った[5]。ベアーズファンの多くはディアンジェロ・ホールロンデ・バーバーよりもインターセプト、タックルをあげている彼がプロボウルに選ばれるべきだったと嘆いた[6]

2007年7月24日、ベアーズと6年契約を結んだ[7]。同年12月8日にはウォルター・ペイトン・マン・オブ・ザ・イヤー(チャリティ活動に最も積極的だった選手に与えられる賞)のファイナリストにノミネートされたことが報道された[8]

その一方で12月、ミネソタ・バイキングス戦でのホースカラータックルに対して7,500ドルの罰金が課せられた[9]

2009年1月に肩の手術を行い、同年6月に行われたチーム練習には回復して復帰した[10]。その後7月には背中の手術を行いプレシーズンゲーム4試合も欠場したが9月7日に練習復帰し、開幕戦への出場をアピールした[11]

2011年第10週のデトロイト・ライオンズ戦ではインターセプトリターンTDをあげるとともに、カルビン・ジョンソンにタッチダウンを許さない活躍を見せた[2]。この年チームはパスディフェンスでNFL7位、ティルマンも初のプロボウルに選ばれている[12]

2012年、第5週のダラス・カウボーイズ[13]、第6週のジャクソンビル・ジャガーズ戦でそれぞれインターセプトリターンTDをあげた[14]。これで彼はチーム新記録となる7インターセプトリターンTDを達成、第5週にはNFC週間MVP守備部門に選ばれている[15]。第7週のデトロイト・ライオンズ戦でも7タックル、2ファンブルフォースの活躍を見せて、週間MVPに選ばれた。この試合でキャリア32ファンブルフォースに記録を伸ばしている[16]。10月の4試合で2インターセプトリターンTD、2ファンブルフォース、23タックルをあげた彼は10月のNFC月間MVP守備部門に選ばれた[17]。この年、2度目のプロボウルに選出された[18]

人物[編集]

ラン守備に優れており多くのファンブルフォースをあげている[2]

2012年ベアーズに加入したWRブランドン・マーシャルについて、練習でマーシャルと対峙することはベアーズ守備陣の強化につながると語った[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 生沢浩 (2011年11月23日). “30歳にして脚光、ベアーズ新守備陣で光るティルマン【後編】”. NFL JAPAN. 2011年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c 生沢浩 (2011年11月23日). “30歳にして脚光、ベアーズ新守備陣で光るティルマン【前編】”. NFL JAPAN. 2011年11月29日閲覧。
  3. ^ Week15 RESULT NFL JAPAN 2003年
  4. ^ a b Charles Tillman - Not Your Typical 'Peanut' Donnelly, Mike, 2007年1月18日, nflplayers.com
  5. ^ Chicago 38, NY Giants 20 Canavan, Tom, Yahoo! Sports, 2006年11月13日 2007年7月25日閲覧
  6. ^ Chalk Talk Story - Did Peanut get shelled in Pro Bowl voting? chicagobears.com, Mayer, Larry, 2006年12月22日 2007年7月25日閲覧
  7. ^ Tillman agrees to six-year contract extension chicagobears.com Mayer, Larry, 2007年7月24日 2007年7月24日閲覧
  8. ^ Tillman named Bears' nominee for Man of Year honor chicagobears.com, Mayer, Larry, 2007年12月8日 2007年12月8日閲覧
  9. ^ ミネソタ・スポーツ 2007年12月22日
  10. ^ 「102歳まで生きると言われた」ベアーズCBが復帰へ”. NFL JAPAN (2009年6月11日). 2011年8月28日閲覧。
  11. ^ ベアーズCBティルマン、2度の手術乗り越え復帰へ”. NFL JAPAN (2009年9月8日). 2011年8月28日閲覧。
  12. ^ a b ベアーズCBティルマン、WRマーシャル加入は守備にもプラス”. NFL JAPAN (2012年7月16日). 2012年7月16日閲覧。
  13. ^ おやじパワー炸裂!「得点決めたかった」とLBブリッグス”. NFL JAPAN (2012年10月2日). 2012年10月20日閲覧。
  14. ^ ベアーズ後半猛攻で3連勝、ジャガーズを一蹴”. NFL JAPAN (2012年10月8日). 2012年10月21日閲覧。
  15. ^ 週間MVPにDTスタークスとCBティルマン -守備部門-”. NFL JAPAN (2012年10月11日). 2012年10月21日閲覧。
  16. ^ 週間MVPにDEヒューストンとCBティルマン -守備部門-”. NFL JAPAN (2011年10月25日). 2012年11月4日閲覧。
  17. ^ DEウェイク、CBティルマンが選出 月間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2012年11月2日). 2012年11月4日閲覧。
  18. ^ Gregg Rosenthal (2012年12月26日). “2013 Pro Bowl roster analysis: NFC”. nfl.com. 2012年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]