シュパンダウ区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 Coat of arms of Berlin.svg ベルリン地図
(区の位置)
Coat of arms of borough Spandau.svg Berlin Bezirk Spandau (labeled).svg
基本情報
連邦州: ベルリン州
緯度経度: 北緯52度32分
東経13度10分
面積: 91.88 km²
人口: 222,300人(2013年12月31日現在)[1]
人口密度: 2,419 人/km²
市外局番: 030
区コード: 05
区内地区数: 9地区
行政庁舎の住所: シュパンダウ庁舎ドイツ語版
Carl-Schurz-Straße 2/6
13597 Berlin
ウェブサイト: www.spandau.de
区長: ヘルムート・クレーバンクドイツ語版 (SPD)
区議会議席配分: Allocation of seats in the borough council of Spandau (DE-2011-10-27).svg
シュパンダウ区内の地域区分

シュパンダウ (Spandau) はベルリン特別市において最西部に位置する規模第5番目の行政地区であり、ハーフェル川シュプレー川の合流点、ハーフェル川の西岸部に位置する。

地域区分[編集]

歴史[編集]

シュパンダウの歴史は7世紀から8世紀にかけて、スラヴ民族であるヘヴェリアンが初めて移住し要塞を建築したことに端を発す。その後928年東フランク王国ハインリヒ1世に占領されるが、10世紀頃には再びスラヴ民族の統治下に戻ることとなった。

1156年にはアスカーニエン家アルブレヒト1世がシュパンダウを占拠することになった。1197年、即ち中世ベルリンのケルン地域よりも40年前にその名称がオットー2世の土地譲渡証書の中に "Spandowe" として歴史上初めて見受けられる。その後、1232年シュパンダウには都市特権が与えられた。

アスカーニエン家統治中にシュパンダウ要塞の建設が開始され、ヨアヒム2世により1559年から1594年にかけて竣工された。1558年にはガートウがシュパンダウに合併吸収された。1634年30年戦争時シュパンダウはスウェーデン軍に四方を囲まれることとなった。

1806年イエナ・アウエルシュタットの戦いの戦いの後、ナポレオン・ボナパルト以下フランス軍部隊がシュパンダウを1807年まで占領した。1812年、ナポレオンが再びシュパンダウを占拠し、1813年プロイセン軍とロシア軍がシュパンダウを包囲した。

1849年革命活動へ参加した科によりゴットフリート・キンケルはシュパンダウの拘置所に拘禁されていたが、彼の友人であったカール・シュルツの手助けにより1850年11月6日の夜に脱獄した。

第一次世界大戦勃発前、シュパンダウは榴弾砲、火薬等の軍需品を製産する大規模官営工場が連なるドイツ帝国の一大軍事産業地域であった。また、ドイツ軍第5近衛歩兵旅団第5近衛歩兵連隊の駐屯地であり兵舎が多数設置されていた。1878年、名称を "Spandow" から "Spandau" に変更した後、1920年ベルリンに行政地区の一つとして合併吸収された。

第二次世界大戦の後、シュパンダウは西ベルリンイギリス統治下におかれ、1876年に建築されたシュパンダウ刑務所英語版ニュルンベルク裁判で禁固刑の判決を受けたナチス戦犯を収監した。その内の一人であったルドルフ・ヘスの死後はシュパンダウ刑務所は連合国軍によって解体されその後ショッピングモールへと変わった。

今日シュパンダウでは鉄鋼産業、化学工業、絨毯産業が盛んである。

また、イギリスのニューロマンティック音楽グループであるスパンダー・バレエはその名称をシュパンダウに由来する。

著名地区[編集]

シュパンダウの古い街並みと聖ニコライ教会
タウンホール

スポーツ[編集]

関連著名人[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ ベルリン州の2013年12月31日時点の人口、資料:ベルリン=ブランデンブルク統計局ドイツ語版、2014年9月30日閲覧 (PDF)。

座標: 北緯52度33分 東経13度12分 / 北緯52.550度 東経13.200度 / 52.550; 13.200