ウエストコーストエクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウエストコーストエクスプレス(英:West Coast Express、略称:WCE)はカナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー市のダウンタウンにあるウォーターフロント駅とミッションシティ駅間を結ぶ列車およびバス路線に与えられた名称で、トランスリンクのもとでそれらを運営する組織の名称でもある。

歴史[編集]

メトロバンクーバーでの自動車通勤の削減を目標とし、1970年代から貨物線での定期旅客輸送に向けて鉄道施設の大幅な改良が検討されていた。1994年に整備が完了し、翌1995年から運行を開始した。当初は鉄道のみであったが1999年1月からグレイハウンド・カナダの子会社、グレイラインと提携し、トレインバスの名で列車を補完するバスの運行も開始した。

運用・設備[編集]

列車はウォーターフロント駅からバンクーバー半島の北岸に沿ってポートムーディ駅、コキットラム駅、ピットメドウズ駅などに停車しながらミッションシティ駅までの8駅、約68kmを73分で結び、トレインバスは周辺の幹線道路を利用して各駅に停車しながら120分弱で結ぶ。運行本数は日本の都市部の通勤列車と比較して非常に少なく平日の朝夕の通勤ラッシュ時のみに限られており、クリスマスなどを除いて日中や週末、休祝日には一切運転されない。また運行の方向も時間帯によって一方向に固定されており、朝はミッションシティ発ウォーターフロント行きの西行き列車5本と、それを後続で補完するトレインバス1本、夕刻は東行き列車5本とトレインバス1本のみである。片道の最長区間で10.25カナダドルという運賃は周辺の他の公共交通と比較してやや高く座席の事前予約ができないなどの不便はあるが、列車では仮眠専用席、ファーストフードの販売、テーブルの据付られた座席などのサービスを提供し沿線住民の利用率は高い。線路や車両鉄道設備はカナダ太平洋鉄道から貸与を受け、トレインバスについてはグレイラインが同社の所有する機材で運営している。列車はゼネラルモーターズ製F59PHI型ディーゼル機関車ボンバルディア製の144人乗りの2階建て客車を使用し、トレインバスは50人弱が乗車できるモーターコーチインダストリー製のハイウェイコーチ型で運行している。バスについては時代によって提携先が異りコーストマウンテンバスがオリオン製の5型で運行したこともある。今後は予備の機関車の購入やアルビオン駅、ノースバーナビー駅など新駅の設置、パークアンドライドが可能な駅の追加といった設備の増強、また運行区間の延伸も検討されている。

路線図[編集]

West Coast Express line の路線図

外部リンク[編集]