O-トレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リドー川を渡るO-トレイン
O-トレインの車両
カールトン駅
LRT延伸路線図

O-トレインO-Train)は、カナダの首都オタワ市内を走るライトレールである。

2001年10月15日に開業し、OC Transpoによって運営されている。路線はオタワ中心部よりやや西のほとんど使われていなかったカナディアン・パシフィック・レイルウェイの貨物線の一部を改良した。途中、リドー川リドー運河を渡り全長8kmを12分で結んでいる。沿線にはカールトン大学などがある。

全線単線非電化の専用軌道であり、交換可能駅は中間駅のカールトン駅のみ。起終点のベイビュー駅、および、グリーンボロ駅では、オタワのバスシステムであるTransitwayと接続している。全駅全車バリアフリーで、自転車の持ち込みも可能である。現在は、15分間隔で運行されている。

乗客は、乗車前にあらかじめ有効なチケットを用意する必要がある。チケットは各駅に設置されている自動券売機でも購入が可能である。

2013年4月から最大18週間にかけて大規模な拡張工事が計画されており、その間列車の運行をすべて停止し、駅の拡張や交換設備の新設などが行われる予定である。新車両の導入も計画されていて、現在の15分間隔の運行から、8分間隔に変更される予定である。

また、O-トレイン'としてLeitrimとRiverside Southまでの延伸が計画中の他、新たなLRT路線として既存のバス専用路線(Transitway)とダウンタウンの地下を走るコンフェデレーション線の建設が進められており、2017年に完成予定である。

路線データ[編集]

  • 路線距離:8.0km
  • 駅数:5駅(起終点駅を含む)
  • 軌間:1,435mm(標準軌
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化)
  • 輸送実績:10,100人/日(2012年)

車両[編集]

外部リンク[編集]