イバラエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イバラエイ
Urogymnus asperrimus.jpg
イバラエイ Urogymnus asperrimus
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: トビエイ目 Myliobatiformes
: アカエイ科 Dasyatidae
: イバラエイ属 Urogymnus
J. P. Müller & Henle, 1837
: イバラエイ U. asperrimus
学名
Urogymnus asperrimus
(Bloch & J. G. Schneider, 1801)
シノニム

Raja africana Bloch & Schneider, 1801
Raja asperrima Bloch & Schneider, 1801
Urogymnus asperrimus solanderi Whitley, 1939
Urogymnus rhombeus Klunzinger, 1871

和名
イバラエイ(茨鱏)
英名
Porcupine ray
Urogymnus asperrimus rangemap.png
分布[2]

イバラエイ(茨鱏、学名:Urogymnus asperrimus)はアカエイ科に属するエイの一種である。稀種。イバラエイ属は単型底生インド太平洋熱帯域、西アフリカ沖で見られる。深度30m以浅の砂底・サンゴ礫底・アマモ場などに生息。大きくて重く、体幅1.2-1.5m。ほぼ円形の体盤と鰭膜のない細い尾を持つ。この科には珍しく毒棘を欠くが、全身が大きく鋭い棘に覆われている。

餌は主に底生無脊椎動物魚類で、海底を掘り起こして餌を探す。無胎盤性胎生。丈夫で粗い皮膚は鮫皮として価値が高く、などに用いられる。この場合カイラギザメ(梅花鮫)とも呼ばれる。沿岸漁業混獲されるが、棘が多く扱いづらいため商業ベースに乗りにくい。野放図な漁により個体数が減少しているため、IUCN危急種に指定している。

分類[編集]

Fauna of British India(1889)によるイラスト

1801年、インドムンバイから得られた皮膚の断片を元に、ドイツの博物学者Marcus Elieser BlochJohann Gottlob SchneiderによってSystema Ichthyologiaeに記載された。この時点ではメガネカスベ属(Raja)に置かれ、種小名はラテン語で「最も粗い」を意味するasperrimaとされた。また、同時に西アフリカから得られた個体がRaja africanaとして記載された[3]。後にこの2名はシノニムとされたが、同時に発表されたため先取権が曖昧になった。そのため、種小名asperrimusとしている文献、africanusとしている文献が見られる[4][5]

1837年、ヨハネス・ペーター・ミュラーヤーコブ・ヘンレはイバラエイを新属Gymnuraに置いた。この名はツバクロエイ属として既に使われていたため、その年の内にUrogymnus属が作成された[6]。どちらの名も古代ギリシア語oura("尾")、gymnos("裸")に由来し、尾部の棘を欠くという特徴を表している[7]。現在のUrogymnus asperrimusは複数種を含む可能性がある[8]

分布[編集]

広範囲に分布するが、他のアカエイ類に比べると希少である。沿岸に見られ、インド洋では南アフリカからマダガスカルアラビア半島セイシェルスリランカ東南アジア・西オーストラリア沖のニンガルー・リーフなどで見られる。スエズ運河を渡り東部地中海にも侵入している。太平洋では、インドネシアニューギニア、北はフィリピン、東はギルバート諸島フィジー、南は東部オーストラリアのヘロン島沖まで分布する[1][2]。東部大西洋セネガルギニアコートジボワール沖でも見られる[9]。岸近くの深度1–30mの砂底・サンゴ礫底・アマモ場の近くを好み、汽水域にも入る[10][11]

形態[編集]

厚く丸い体盤、背を覆う鋭い棘が特徴。

体盤は楕円形で、中央部が分厚いため外見はドーム状である。吻は丸くわずかに突き出す。小さな眼の後ろにそれより大きい噴水孔がある。鼻孔は狭く、鼻褶後縁は房状で口に被さる。口底には3–5個の乳頭突起があり、口角には深い溝がある。口の周辺も乳頭突起で覆われる[2][12]。両顎に48の歯列が並び[8]、歯は小さく平たい。5対の鰓裂が体盤下面にある[13]

腹鰭は小さく細い。尾は急激に細くなり断面は円筒形、長さは体盤とほぼ同じで鰭膜はない。他のアカエイ科魚類と違い、尾に毒棘がない。平たいハート型の皮歯が密に体盤から尾を覆っている。大型個体は更に、体盤全面が長く鋭い棘に覆われる。上面は明るい茶色から灰色で尾に向かうにつれて黒くなる。下面は白。[9][12][13]大型種で、最低でも体幅1.2m・体長2.2m、最大で体幅1.5mになる[2][13]

生態[編集]

海底や洞窟の底に横たわっている[5]。ニンガルー・リーフでは群れを作ることが知られる[2]。餌はホシムシ多毛類甲殻類硬骨魚など[11][12]。摂餌時には底砂を深く掘り起こし、噴水孔から吐き出すため遠くからでも存在が分かる[2]条虫Rhinebothrium devaneyi線虫Echinocephalus overstreeti[14]単生類Dendromonocotyle urogymni[15]Neoentobdella baggioiなどの寄生虫が記録されている[16]。無胎盤性胎生で、母体から分泌する子宮乳による組織栄養を育てる[9]。若魚の生息環境としてマングローブ林が重要である[17]。雄は体幅90cm・雌は体幅100cmほどで性成熟する[2]

人との関連[編集]

毒針は持たないが、無数の鋭い棘は危険である[9]。大胆な性格で、人の接近には寛容だと報告されている[18]。丈夫で棘の多い皮膚は鮫皮として利用されてきた。特に武器に用いると戦闘中に滑りにくく、日本刀の柄、鞘に用いる最上級の皮として梅花皮(かいらぎ)と呼ばれている[19][20]。マレーシアではを覆うために用いる[21]。東アジアでは装飾にも用いられ、染色の後棘を削り落とし、斑模様を出す[20][22]フナフティ島では乾燥させた尾をやすりのような道具として用いる。[23]

トロール漁落網巻き網混獲されている。皮は高価値で、肉や軟骨も利用できる。紅海ファラサン諸島などではレバーが季節料理として食べられている[9][11]。だが、扱いが難しいため経済的重要性は限られる[13]。野放図な沿岸漁業が続いているため、ベンガル湾タイランド湾などの近辺では、局所絶滅かそれに近い状態だと考えられる。沿岸開発による生息地の消失、乱獲などの理由で、IUCN危急種としている[24]

出典[編集]

  1. ^ a b Compagno, L.J.V. (2005年), Urogymnus asperrimus, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/39413 {{{downloaded}}}閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g Last, P.R.; Stevens, J.D. (2009). Sharks and Rays of Australia (second ed.). Harvard University Press. pp. 461–462. ISBN 0674034112. 
  3. ^ Bloch, M.E.; Schneider, J.G. (1801). Systema Ichthyologiae iconibus cx illustratum. Berolini: Sumtibus auctoris impressum et Bibliopolio Sanderiano commissum. p. 367. 
  4. ^ asperrima, Raja in: Eschmeyer, W.N.; Fricke, R., eds. Catalog of Fishes electronic version (29 March 2011).
  5. ^ a b Randall, J.E.; Allen, G.R.; Steene, R.C. (1997). Fishes of the Great Barrier Reef and Coral Sea. University of Hawaii Press. p. 30. ISBN 0824818954. 
  6. ^ Urogymnus in: Eschmeyer, W.N.; Fricke, R., eds. Catalog of Fishes electronic version (29 March 2011).
  7. ^ Hunter, R. (1895). Lloyd's Encyclopædic Dictionary. p. 387. 
  8. ^ a b Smith, J.L.B.; Smith, M.M.; Heemstra, P. (2003). Smiths' Sea Fishes. Struik. p. 141. ISBN 1868728900. 
  9. ^ a b c d e Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2011). "Urogymnus asperrimus" in FishBase. April 2011 version.
  10. ^ Hennemann, R.M. (2001). Sharks & Rays: Elasmobranch Guide of the World (second ed.). IKAN – Unterwasserarchiv. p. 260. ISBN 3925919333. 
  11. ^ a b c Bonfil, R.; Abdallah, M. (2004). FAO species identification guide for fishery purposes: Field identification guide to the sharks and rays of the Red Sea and Gulf of Aden. Food and Agriculture Organization of the United Nations. p. 52. ISBN 9251050457. 
  12. ^ a b c Randall, J.E.; Hoover, J.P. (1995). Coastal fishes of Oman. University of Hawaii Press. p. 47. ISBN 0824818083. 
  13. ^ a b c d Last, P.R.; Compagno, L.J.V. (1999). “Myliobatiformes: Dasyatidae”. In Carpenter, K.E.; Niem, V.H.. FAO species identification guide for fishery purposes: The living marine resources of the Western Central Pacific. Food and Agricultural Organization of the United Nations. p. 1497. ISBN 9251043027. 
  14. ^ Brooks, D.R.; Deardorff, T.L. (June 1988)). “Rhinebothrium devaneyi n. sp. (Eucestoda: Tetraphyllidea) and Echinocephalus overstreeti Deardorff and Ko, 1983 (Nematoda: Gnathostomatidae) in a Thorny Back Ray, Urogymnus asperrimus, from Enewetak Atoll, with Phylogenetic Analysis of Both Species Groups”. The Journal of Parasitology 74 (3): 459–465. doi:10.2307/3282056. JSTOR 3282056. PMID 3379526. 
  15. ^ Chisholm, L.; Whittington, I. (June 2009). Dendromonocotyle urogymni sp. nov. (Monogenea, Monocotylidae) from Urogymnus asperrimus (Elasmobranchii, Dasyatidae) off eastern Australia”. Acta Parasitologica 54 (2): 113–118. doi:10.2478/s11686-009-0023-5. http://www.springerlink.com/index/5027817787Q60862.pdf. 
  16. ^ Whittington, I.D.; Kearn, G.C. (March 2009). “Two new species of Neoentobdella (Monogenea: Capsalidae: Entobdellinae) from the skin of Australian stingrays (Dasyatidae)”. Folia Parasitologica 56 (1): 29–35. PMID 19391329. http://www.cabdirect.org/abstracts/20093098625.html. 
  17. ^ White, W.T.; Sommerville, E. (2010). “Elasmobranchs of Tropical Marine Ecosystems”. In Carrier, J.C.; Musick, J.A.; Heithaus, M.R.. Sharks and Their Relatives 2. CRC Press. pp. 159–240. ISBN 1420080474. 
  18. ^ Michael, S.W. (1993). Reef Sharks & Rays of the World. Sea Challengers. p. 83. ISBN 0930118189. 
  19. ^ Stone, G.C.; LaRocca, D.J. (1999). A Glossary of the Construction, Decoration and Use of Arms and Armor in All Countries and in All Times. Courier Dover Publications. p. 537. ISBN 0486407268. 
  20. ^ a b Carpenter, G.H.; Praeger, R.L., ed (1896). The Irish Naturalist. Eason & Son. p. 167. ISBN 0007150970. 
  21. ^ Sterndale, R.A.; Aitken, E.H., ed (1887). Journal of the Bombay Natural History Society, Volume 2. Bombay Natural History Society. p. 154. 
  22. ^ Kingsley, J.S. (1888). The Riverside Natural History. Kegan Paul, Trench. p. 89. 
  23. ^ Waite, E.R. (1900). “The Mammals, Reptiles, and Fishes of Funafuti”. Memoir III – Australian Museum, Sydney – The Atolls of Funafuti, Ellice Group: Its Zoology, Botany, Ethnology, and General Structure. The Trustees. pp. 165–202. 
  24. ^ Fowler, S.L.; Cavanagh, R.D.; Camhi, M.; Burgess, G.H.; Cailliet, G.M.; Fordham, S.V.; Simpfendorfer, C.A.; Musick, J.A. (2005). Sharks, Rays and Chimaeras: The Status of the Chondrichthyan Fishes. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. pp. 352–353. ISBN 2831707005.