アルジャーノン・ミットフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代リーズデイル男爵
アルジャーノン・ミットフォード
Algernon Mitford
1st Baron Redesdale
Mitford-28.jpg
サミュエル・ローレンス画によるミットフォード、1865年
生年月日 1837年2月24日
没年月日 1916年8月17日(満79歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 保守党
称号 ロイヤル・ヴィクトリア勲章(GCVO)
バース勲章(KCB)
リーズデイル男爵英語版
配偶者 クレメンティナ・ガートルード・ヘレン

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ストラフォード・オン・エイヴォン選挙区英語版[1]
任期 1892年7月4日 - 1895年7月13日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1902年 - 1916年8月17日[1]
テンプレートを表示

初代リーズデイル男爵アルジャーノン・バートラム・フリーマン=ミットフォードAlgernon Bertram Freeman-Mitford, 1st Baron Redesdale, GCVO, KCB1837年2月24日 - 1916年8月17日)は、イギリス外交官、政治家、収集家、作家、貴族。

幕末から明治初期にかけて、外交官として日本に滞在した。あだ名は「バーティ」。著名な「ミットフォード姉妹[2]」の祖父に当たる。

青年期[編集]

アルジャーノン・ミットフォードは、ヘンリー・リブレー・ミットフォードの息子であり、著名な歴史家であるウィリアム・ミットフォード(William Mitford)の曾孫にあたる。父方の祖先は地主階級(ジェントリー)で、ノーサンバーランドのミットフォード城(Mitford Castle)を所有していた。母のジョージアナはアッシュバーナム伯爵の娘であった。ミットフォードが3歳の1840年に両親は離婚し、母は再婚している。詩人のアルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンとは母方の従兄弟にあたる[3]。ミットフォードはイートン・カレッジオックスフォード大学クライスト・チャーチ校で学んだ。

経歴[編集]

外交官[編集]

ミットフォードは1858年に外務省に入省し、サンクトペテルブルク英国大使館の三等書記官に任命された。その後、北京の公使館に勤務後、日本に渡った。ミットフォードは北京で公使を務めていたラザフォード・オールコックの義理の娘であるエイミー・ラウダーと恋愛関係となったが、オールコックは社会的に不釣合いとの理由で結婚に反対し、2人を引き離すためにミットフォードを日本に転勤させたようである[4]

1866年10月16日(慶応3年10月20日)、29歳のミットフォードは横浜に到着し、英国公使館の二等書記官として勤務を開始した。当時英国公使館は江戸ではなく横浜にあったため[5]、ミットフォードも横浜外国人居留地の外れの小さな家にアーネスト・サトウ(当時23歳)[6]ウィリアム・ウィリス医師(当時29歳)と隣り合って住むこととなった。約1ヶ月後の11月26日豚屋火事で外国人居留地が焼けたこともあり、英国公使館は江戸高輪泉岳寺前に移った。ミットフォードは当初公使館敷地内に家を与えられたが、その後サトウと2人で公使館近くの門良院に部屋を借りた。サトウによると、ミットフォードは絶えず日本語の勉強に没頭して、著しい進歩を見せている。また住居の近くに泉岳寺があったが、これが後の1871年に「昔の日本の物語(Tales of Old Japan)」を執筆し、赤穂浪士の物語を西洋に始めて紹介するきっかけとなっている。

徳川慶喜が将軍に就任すると、大坂で各国公使に謁見することとなったが、ミットフォードはサトウと共に、その下準備のために大坂に派遣された(1867年2月11日から1週間程度)。実際の目的は京都の政治情報の調査であり、ミットフォードはこのときに明治維新で活躍する日本人と面識を得た。4月中頃、各国外交団は謁見のため江戸から大坂に向かった。英国公使ハリー・パークスは4月29日に徳川慶喜との非公式会見を行い、正式な謁見は5月2日に実施された。英国外交団は大坂に約5週間滞在したが、この間にミットフォードとサトウ、および画家のチャールズ・ワーグマンは宿舎をしばしば抜け出して、日本の実情に触れている。この後、サトウとワーグマンは陸路江戸へ向かったが(途中の掛川宿で暴漢に襲われている)、ミットフォードは海路を使って江戸に戻った。

安政五カ国条約では新潟が開港予定地となっていたが、貿易港としては適していないため、その代替地として七尾が候補となった。ミットフォードはパークスやサトウと共に箱館、新潟を経て、8月7日に七尾に到着した。その後パークスは長崎経由で海路大坂へ向かったが、ミットフォードとサトウは8月10日から8月22日にかけ、内陸部を通って大坂まで旅した。日本の内陸部を外国人が旅行するのは始めてのことであった。その後、ミットフォードとサトウは蜂須賀斉裕の招きで阿波を訪問することとなっていた。しかし、長崎で英国水兵殺害事件(8月5日)の報告を受けたパークスは、土佐藩の関与が疑われたため、2人に便乗し阿波経由で土佐に向かうこととしたた。このため、ミットフォードによると阿波訪問は「単なる表敬訪問」になってしまった。阿波でパークスやサトウと別れ、ミットフォードは江戸に戻った。

1868年1月1日に予定された兵庫開港の準備のため、11月30日、ミットフォードとサトウは大坂へ向かい12月3日に到着、パークスも24日に到着した。兵庫開港は無事に実行されたが、日本の政治は急速に動いていた。1月3日の王政復古の大号令を受け、1月6日には慶喜は京都を離れ大坂城に入った。8日にパークスはミットフォード、サトウを伴って、半ば強引に慶喜に拝謁した。1月28日には鳥羽・伏見の戦いが勃発して幕府軍は敗北、1月31日には慶喜は大坂城を脱出した。これに先立つ30日に、幕府は各国外交団に保護は不可能と通達したため、外交団は兵庫へと移動した。ミットフォードは護衛隊を引き連れて騎馬で兵庫へ向かった。

2月4日、備前藩兵が外国人を射撃する神戸事件に遭遇した。事件の背景や推移には様々な見解があるが、ミットフォードはこれを殺意のある襲撃だったとしている。なお、この事件の責任をとり、滝善三郎が切腹しているが、ミットフォードはこれに立会い、また自著「昔の日本の物語」にも付録として記述している。

3月5日に外交団は大坂に戻ったが、7日に山内容堂の治療のためウィリスが京都に派遣されることとなり、ミットフォードもこれに同行した。両名は土佐藩の屋敷に入ったが、8日は土佐藩の兵士がフランス水兵を殺害する事件(堺事件)が発生した。しかし、その後も両名は土佐藩邸に留まり、12日に大坂に戻った。

3月23日、パークス一行は明治天皇への謁見のために京都に向かったが、ここで2人の攘夷派に襲撃された。1人は同行していた中井弘蔵後藤象二郎が斬殺したが、もう1人はミットフォードが捕らえた。この日の謁見は中止されたが、3月26日に拝謁は実現した。この際パークス以外の公使館員ではミットフォードのみが謁見できた[7]

3月29日、パークスらは江戸に戻ったが、ミットフォードは1人で大坂に残るように命じられた[8]。来日して1年半程度であり、また通訳官でもなかったが、1人で業務をこなせるほど日本語に上達していた。8月に江戸に戻ったが、ほどなく江戸は東京と改称され(1868年9月3日)、また明治への改元が行われた(10月23日)。

1869年9月4日、エディンバラ公が来日したが、ミットフォードは殿下の宿舎となった浜離宮におよそ1ヶ月住み込んでその準備を手伝った。エディンバラ公が天皇に謁見した際には、通訳を務めている。その後オーストリア外交使節一行をサポートし、1870年1月1日、ミットフォードは日本を離れた。

1902年に日英同盟が締結され、1906年にはコノート公アーサー殿下が、明治天皇ガーター勲章を授与するために訪日するが、ミットフォードも随伴した。このとき、勲一等旭日大綬章を授章した。そこで維新以来絶えてしまった日本の古い儀式に関して、廷臣達から質問を受けている。彼はまたイタドリをイギリスに紹介した人物の1人とされることが多いが、最初の人物ではないと思われる。

公務[編集]

1874年から1886年まで、建設省の長官を務めたが、この間にロンドン塔の修復やハイド・パークの造園に関わっている。1887年には英国行政委員会のメンバーとなった。1892年から1895年まで、ストラトフォード・アポン・エイヴォン選挙区選出の下院議員を努めた。

爵位[編集]

1886年従兄弟のリーズデイル伯爵ジョン・フリーマン=ミットフォードの死により、その遺産を受け継いだ。この際に、フリーマンの名前も引き継いだ。1902年、男爵に列せられ、リーズデイル卿となった。

ミットフォードはグロスターシャー州バッツフォード(Batsford )の屋敷をヴィクトリアン・ゴシック調に改造したが、その費用のために彼の死後数年で屋敷は売却された。屋敷を購入したのはダルバートン卿で、現在も彼の子孫が所有している。

非嫡出子[編集]

日本滞在中、日本の芸者との間に2人の子供をもうけたといわれている。

翻訳家[編集]

晩年、リーズデイル卿はヒューストン・ステュアート・チェンバレンの2冊の著作『19世紀の基礎』および『イマヌエル・カント - ゲーテレオナルド・ダ・ヴィンチブルーノプラトンおよびデカルトとの比較研究』の翻訳、編集および前書きを書き、それぞれ1910年および1914年に出版した。

結婚[編集]

1874年、ミットフォードはエアリー伯爵の三女クレメンティナ・ガートルード・ヘレンと結婚した。二人の間には5人の息子と4人の娘が生まれた。

  • 長男クレメント、第一次世界大戦のため1915年に戦死。彼の死後に生まれた長女クレメンティンはサー・アルフレッドベイト(Sir Alfred Beitt)と結婚した。
  • 次男デイヴィッド、男爵家を継承した。有名なミットフォード姉妹の父親である。

関連項目[編集]

著作[編集]

  • 昔の日本の物語(Tales of Old Japan (1871)
  • The Bamboo Garden (1896)
  • The Attaché at Peking (1900)
  • The Garter Mission to Japan (1906)、 長岡洋三訳『ミットフォード日本日記』、講談社(2001年)、ISBN: 978-4061594746
  • リーズデイル卿回顧録 (1915; 2 vols)、日本関連部分は、長岡洋三訳『英国外交官の見た幕末維新』、講談社(1998年)、ISBN: 978-4061593497
  • Further Memories (Hutchinson & Co., London, 1917)

脚注[編集]

  1. ^ a b c HANSARD 1803–2005
  2. ^ メアリー・S. ラベル著「ミットフォード家の娘たち―英国貴族美しき六姉妹の物語」、講談社(2005年)、ISBN: 978-4062123471
  3. ^ Copyright・Jonathan Guinness with Catherine Guinness 『The House Of Mitford』(Orion Books New Ed版, 1984年)
  4. ^ 萩原12、P31。原資料は1866年4月21日付けのオールコックからハモンド外務次官への半公信。
  5. ^ 東禅寺事件および英国公使館焼き討ち事件の影響のためである。
  6. ^ サトウとは死ぬまでの友人となった。晩年のサトウはバッツフォードのミットフォードの屋敷にたびたび泊まっており、またミットフォードの死の1ヶ月ほど前にも2人は昼食を共にしている。
  7. ^ サトウは謁見を受けることができなかったが、ミットフォードはこれを「英国の宮廷で同様な経験がなかった」ためと回顧録に記述している。
  8. ^ 新政府は英国の議会制度に興味を持っていた。当初はパークスはサトウに残るように命じたが、議会制度を教えるとなるとミットフォードの方が適任と推薦し、了承を得たと述べている。

参考[編集]

  • Kidd, Charles, Williamson, David (editors). Debrett's Peerage and Baronetage (1990 edition). New York: St Martin's Press, 1990.
  • www.thepeerage.com
  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 
  • 萩原延壽著「遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄12 賜暇」朝日文庫(2008年)。ISBN 978-4022615541
  • 鵜飼政志著「忠臣蔵が英訳されるまで」『歴史評論』(歴史科学協議会)第617号、2001年、72~79頁

外部リンク[編集]

イギリスの爵位
先代:
新設
初代リーズデイル男爵英語版
1902年 - 1916年
次代:
デイヴィッド英語版