ゆうゆう窓口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゆうゆう窓口の例(札幌白石郵便局、写真は、郵便事業札幌白石支店時代のもの)

ゆうゆう窓口(ゆうゆうまどぐち)は日本郵便株式会社が運営する窓口。

概要[編集]

保管郵便物(不在持ち帰りや支店留置=民営化前でいう局留)の受け渡しのほか、郵便局の通常窓口が営業していない時間(窓口取扱時間外)や同一建物に通常の窓口が設置されていない郵便専業の郵便局では郵便物の差出しや切手はがき類の販売なども行っている。全国各地における、かつての郵便事業会社の統括支店または支店だった郵便局に設置されている(ターミナル支店およびそれに准ずる分室は例外)。国営時代は全国の集配郵便局に設置されていたが、2007年10月1日郵政民営・分社化までに、旧公社統括センターがある郵便局を除き廃止された(例外的に、東日本大震災で被災する前の仙台南郵便局[1]のように、かつての郵便事業会社の支店・分室が併設されていない局にゆうゆう窓口が設置されているケースもあった)。

2012年10月1日の、日本郵便発足に伴って多少位置づけが変わるようになり、東日本大震災の影響で分割状態にある陸前高田郵便局郵便分室を除く分室設置のものを除き、旧郵便事業支店前身の局に併設ないしは単独で設置される窓口であるとともに、設置局は事実上の地域の基幹局扱いの位置づけとなっている。

サービス内容[編集]

  • 以前は単に時間外窓口という名称だったが、1999年よりイメージアップのためゆうゆう窓口に改称した。名称の由来は、郵便の「郵」・差出時間の余裕の「裕」・あなたの「YOU」をかけた(旧公社ホームページより)。土曜日日曜日祝日夜間でも切手の購入などができるため、平日忙しい人などに好評である。さらに、民営化された際、一時期において郵便局会社と郵便事業会社とが分社化されていた影響もあって(業務内容は時間帯によって差異あるが)窓口自体は「時間外」の営業ではなくなったため、「時間外窓口」という概念自体が廃止されている(後述「民営化による影響」を参照)。
  • かつての郵便事業会社の統括支店だった郵便局(民営化前の地域区分局)や、比較的大きな市ないしは県庁所在地の中心部における郵便局のゆうゆう窓口では24時間営業が多くみられるが、郊外部や地方の郵便局では営業時間が限られている。
  • ゆうゆう窓口は呼び出しブザーを押すと事務室内にいる郵便局の係員が対応する。
  • 時間外窓口の時代は速達を中心とした特殊郵便物や郵便小包(ゆうパック)の引受など急を要するもののみが主な目的だったが、改称後における現在は通常郵便物などの引受や郵便物の交付、切手・はがき・その他郵便関連商品の販売も行っている(取扱業務の詳細は後述)。さらに、郵便局の係員が対応するため、郵便番号の確認や、特殊切手の発売日を調べるなどということも可能である。

ゆうゆう窓口の取扱業務[編集]

郵便局により異なるが、ここでは主な郵便局の窓口での取扱いを挙げる。

なお、くじ付郵便はがき・切手(お年玉付郵便はがき年賀切手かもめ~る)の景品交換、はがき・切手の書損交換等は各窓口とも受け付けていない。委託の局などでは郵便窓口と表示されていても取り扱い内容がほとんどゆうゆう窓口と変わりないところもあり、この2つの名称は業務内容を区別する目印としてはほとんど意味をなしておらず、最終的な確認は直接の問い合わせによってのみ可能である。

設置局・開設時間[編集]

日本郵便・郵便窓口をさがすで、ゆうゆう窓口の設置有無や開設時間を検索することができる(上述のような、仙台南郵便局のように、日本郵便の郵便局・分室設置局でない場合を除く)。ただし、新岩槻郵便局2010年7月1日に各地に設置された「ターミナル支店」やJPEXのターミナル拠点跡地等に設置された分室(仙台東郵便局卸町分室)等には、ゆうゆう窓口は設置されない。

開設時間は郵便局によって異なり、窓口に開設時間が記されている。都市部の郵便局(県庁所在地の中央局など)では通常の郵便窓口も含めて郵便サービスが24時間開設であるところもある[2]。また、ゆうゆう窓口は多くの場合、郵便局内に1箇所のみしか設置されておらず、混雑していることがある。そのため、料金がわかっている郵便物の差出しは郵便ポストに投函したほうが早い場合がある。しかし、ゆうゆう窓口では当日の取扱いとなることがあり、消印による締め切りが迫っている場合には役立つが、ゆうゆう窓口が設置されている郵便局前ポストの収集時間と窓口差出時間はいずれも同じである。土日、祝日は郵便局前のポスト差出のほうが、時間の短縮になる。

民営化による影響[編集]

郵便事業時代[編集]

2007年10月1日から、ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営する事になり、不在郵便物の交付や郵便事業に関する各種申請届出は郵便事業会社が行っていた事もあって、ゆうゆう窓口が設けられている郵便事業会社の支店においては、その建物に併設されている郵便局会社の郵便窓口では不在郵便物の受け取りや各種手続きは出来ないとされた。そのため、ゆうゆう窓口自体が最大24時間営業となり、郵便局の郵便窓口営業時間中であってもゆうゆう窓口が営業しているということになっていた(業務内容は時間帯によって差があるにしても、窓口自体は時間外のみの営業ではなくなったため民営化前の「時間外窓口」という概念は廃止された)。

ゆうゆう窓口のある郵便事業会社の支店においては、併設の郵便局会社における郵便窓口営業中は、ゆうゆう窓口では切手類の販売や郵便物の引き受けなど郵便局会社と重複する業務を扱わないため、郵便窓口営業時間中に不在郵便物を受け取ると同時に切手を買うなどの場合は、郵便事業会社のゆうゆう窓口と郵便局会社の郵便窓口との両方に並ばなければならなくなった(民営化に先行し、順次窓口の分離を実施した)。

なお、「本人限定受取郵便物 特定事項伝達型」郵便の一部の特殊郵便に関しては、民営化後に「支店」での受取しかできなくなった。これは、ゆうゆう窓口がその地域を統括する「支店」にしか設置されなかったことによる。民営化前に「郵便局」として運営されていた局でも、近隣の市町村にある郵便局と統合され「集配センター(日本郵便株式会社 ○○郵便局)」扱いになったところと、本来民営化前に「局」扱いだったところでも「格下げ」になっているところでは、上記のような特別な郵便物は受取れないようになっている。ゆうゆう窓口がない「集配センター」扱いの局では、土日祝祭日の荷物の受取や郵便物の発送はできない。

現在(日本郵便発足後)[編集]

2012年10月1日、郵便局株式会社が郵便事業株式会社を吸収合併し、日本郵便株式会社が発足した事により、これまでの郵便局株式会社及び郵便事業株式会社の両拠点とも原則「郵便局」となったため、新仙台郵便局などの郵便単独拠点を除き再び「夜間窓口」の役割となったが、新岩槻郵便局を除き、旧郵便事業支店前身の郵便局が「ゆうゆう窓口設置局」の扱いとなる(新岩槻郵便局はゆうゆう窓口の設置がないものの、単独設置の旧郵便事業支店であるため、日本郵便では同等の扱いとされる)。

ただし、名古屋中央郵便局タワーズ内分室のように、分室を含む従来型の郵便局を併設せず、かつ集配や区分業務を行わないゆうゆう窓口単独の拠点もある。このほか、東京中央郵便局は、併設する銀座郵便局JPタワー内分室がゆうゆう窓口を設置している形となり、大阪中央郵便局大阪北郵便局大阪駅前分室)や富山中央郵便局富山南郵便局富山駅前分室)、京橋郵便局晴海郵便局京橋分室)、博多郵便局博多北郵便局博多駅前分室)、川崎中央郵便局川崎港郵便局川崎中央分室)なども同様に、併設する別の郵便局の分室がゆうゆう窓口を設置する形となる(私書箱の設置形態についてもほぼ同様の運用となる)。

なお、会社統合によって両拠点とも郵便局となったが、通常の窓口開設時間においては現在のところ統合前と同様、「切手類販売・郵便物等差出」と「不在郵便物引取り」窓口は依然分離されたままとなっているところが多い。

日本郵便発足に伴い、事実上、分室を除き、集配業務の廃止イコールゆうゆう窓口の閉鎖という位置づけとなった(第1号は、さいたま新都心郵便局内にゆうゆう窓口を移設した与野郵便局となった)。また、東日本大震災で被災し、翌年ようやく設置された仮設店舗ではゆうゆう窓口が設置されなかった仙台南郵便局についても、正式な店舗が完成した折には、集配局でないことなどもあり、そのままゆうゆう窓口の設置はなされなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年2月1日の営業再開時より、仮設店舗での営業となったため、正式な店舗が竣工・開業するまでの間、当面はゆうゆう窓口は設置されないとしていた。正式な店舗で再開したのは、日本郵便が発足した後となる2012年10月15日だが、この時点では、すでにゆうゆう窓口の位置づけが変わった後であったため、結果的には、同窓口の再開はなかった。私書箱のみ再開されている。
  2. ^ 以前は都心部だと24時間開設が多かったが、2013年頃より省力化などの観点から時間を24時までとして24時間営業を中止した郵便局が大幅に増えている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]