Yak-3 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Yak-3から転送)
移動先: 案内検索

Yak-3 (Як-3)

Yak-3

Yak-3

Yak-3(Jak-3;ヤク3;ロシア語:Як-3ヤーク・トリー)は、Yak-1の主翼を小型化し、空力的洗練や軽量化を行ったソ連の低高度用戦闘機A・S・ヤコヴレフ記念試作設計局で開発された。

概要[編集]

開発[編集]

元々Yak-3と言う名称は、1941年に開発されていたI-26(Yak-1の原型機)の火力強化型であるI-30に使われていたが、こちらは採用されることはなく開発中止となっている。 1943年からオレーク・コンスターンチノヴィチ・アントーノフ(アントーノフ設計局の創始者)によりYak-1の改良計画が開始された。この新しい機体はYak-1Mと命名され、主に軽量化と空力洗練に焦点を当てた改修が施された。主翼はそれまでより小型のものが採用され、胴体下部にある主冷却器や機首下部にあった滑油冷却器の位置の変更も行われた。各部装備の軽量化や燃料搭載量を減らした事もあり、試験では高い性能を発揮した。Yak-1Mは量産されることが決定し、開発中止により使用されていなかったYak-3の名称を再利用し正式に採用された。量産化に際しVK-105PFからVK-105PF2への換装が行われており、これにより性能は更に向上した。

Yak-3は低高度での上昇や加速に優れ、また操縦も容易なことから新米パイロットでも扱える優秀な機体であった。実戦においては最も優れたソ連戦闘機とも言われたほどの働きを残した。生産は、ロシアウクライナで行われた。

装備[編集]

初期生産モデルの武装は12.7 mm UBS機銃1挺と20mm ShVAK機関砲1門であった。1944年8月からは火力強化としてUBS機銃が1挺増設された。後に武装の換装や大口径機関砲の搭載による火力強化が行われた機体がいくつか試作されたが、正式採用に至ったものは少ない。戦後の生産型では新型の20 mm機関砲であるB-20が搭載されている。これはそれまでのShVAK20 mm機関砲と同性能でありながら遥かに軽量であった。これにより戦後型では機首に多連装とすることが可能となり、大きな火力増強となった。

防弾装備としては、後方パイロット後部に64 mmの防弾ガラス、9 mm鋼板で作られた座席を備えており、翼内の燃料タンクは内装式の積層ゴムにより自動防漏タンクとなっていた。風防正面には防弾ガラスを備えていなかったが、その代わりに良好な視界が得られていた。

この頃には無線機は多くの機体に搭載されるようになっていたが、初期生産ロットでは送信機を備えた機体は2機に1機程度だった。これは後に改善されている。

派生型[編集]

Yak-3M(オリジナル機とはエンジン周りや風防、降着装置が異なる)
Yak-3M(オリジナル機とはエンジン回りや降着装置が異なる)
Yak-3 VK-107A (Як-3 ВК-107А)
設計段階で予定していたVK-107Aを実際に搭載したモデル。結局このエンジンはYak-3の機体には適さないとされ、少数が生産・配備されたに留まった。
Yak-3 VK-108 (Як-3 ВК-108)
さらに高出力なVK-108を搭載したモデル。非武装とし燃料を減らした状態での計測ではあったが、ソ連のレシプロ戦闘機で最速となる745 km/h(6,290 m)を記録した。
Yak-3K (Як-3К)
Yak-9Kと同様にNS-45機関砲を搭載した強化型。Yak-9の方がよいとされ量産はされなかった。1943年初飛行。
Yak-3T (Як-3Т)
新型の37 mmのN-37機関砲と20 mm機関砲各1門を搭載した火力強化型。N-37自体の信頼性が低かった為採用はされなかった。他の37 mm機関砲搭載機と同様コクピットの位置が40 cm後方に下げられている。1944年初飛行。
Yak-3U (Як-3У)
ASh-82FN空冷エンジンを搭載したモデル。La-7を上回る速度性能を発揮したが、大戦の勝利が見えていた事から採用されなかった。1945年5月12日初飛行。
Yak-3P (Як-3П)
戦後に開発されたモデル。新型のB-20機関砲を3門備えていた。火力が強化されたが、重量はむしろ軽減された。596機が生産された。
Yak-3PD (Як-3ПД)
M-105PDエンジンを搭載した高高度戦闘機化したもの。実用上昇限度は13,300 mにも達したが、与圧キャビンを備えておらず、また高高度戦闘機も必要とされる状況でなかった為採用されていない。1944年初飛行。
Yak-3RD (Як-3РД)
尾部にRD-1ロケットモーターを搭載したモデル。緊急時に加速が出来るようにしたもので、1945年5月11日の試験では高度7,800 mで782 km/hを記録した。武装はプロペラ軸内のNS-23のみ。1945年初飛行。
Yak-3UTI (Як-3УТИ)
複座の練習機型。のちエンジンを換装したYak-11へと発展した。
Yak-15 (Як-15)
Yak-3にRD-10(ドイツのユモ004の複製)を搭載したジェット戦闘機が戦後開発され、Yak-15として1946年4月24日に初飛行を行った。
Yak-3M (Як-3М)
1992年に初飛行を行ったYak-3の復元再生産機。Yak-9UMに生産が移行するまでの間、少数が量産された。アメリカ合衆国製のアリソンV-1710レシプロエンジンを搭載している為、機首上部のラインが僅かに異なっている。

スペック(Yak-3)[編集]

  • 初飛行:1943年
  • 翼幅:9.20 m
  • 全長:8.50 m
  • 全高:2.42 m
  • 翼面積:14.85 m2
  • 空虚重量:2123 kg
  • 通常離陸重量:2692 kg
  • 発動機:クリーモフ VK-105PF-2 液冷式レシプロエンジン ×1
  • 出力:1240 馬力
  • 最高速度(地表高度):567 km/h
  • 最高速度:646 km/h
  • 実用航続距離:648 km
  • 上昇力:1111 m/min
  • 実用飛行上限高度:10400 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:20 mm ShVAK機関砲 ×1(120発)、12.7 m UBS機銃 ×2(各150発)

使用国[編集]

現存する機体及び新造機[編集]

関連項目[編集]