DB-LK (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベリヤエフ DB-LK

Belyayev DB-LK.JPG

  • 用途爆撃機
  • 設計者:Viktor Nikolayevich Belyayev
  • 製造者:ベリヤエフ
  • 初飛行1940年
  • 生産数:1機
  • 運用状況:試作のみ

ベリヤエフ DB-LKBelyayev DB-LKDahl'niy Bombardirovshchik-LK – 長距離爆撃機–全翼機)は、1939年ソビエト連邦で設計/製造された爆撃機である。

開発[編集]

ヴィクトル・ニコライヴィッチ・ベリヤエフ(Viktor Nikolayevich Belyayev)はTsAGI、AVIAVnito、アエロフロート航空、OMOS、AGOS、KOSOSとツポレフ設計局といった組織で経験を積んだ。1920年からは全翼機形式を含む数機のグライダーを製作し、1934年には2つの双胴の胴体内に各々10名の乗客を収容できる旅客機を設計した。

ベリヤエフは、DB-LKで非常に長い翼弦を持つ中央翼の両側に短い胴体と5度42分の前進角を持ちテーパーのかかった外翼部を備えた双胴形式の機体であった。外翼は7:1の割合で先端部が折れ曲がっていた。細身の中央ブームについた大型の垂直尾翼方向舵には、小さな水平尾翼と非常に大きな昇降舵を備えていた。

機体はアルミニウム合金製外皮で覆われた5本桁の主翼に軽合金製応力外皮構造であった。各々の胴体には深いカウリングに覆われたM-88を1基ずつ備え、これで3枚ブレードのVISh-23Dプロペラを駆動した。同様にパイロット/航法士と通信士/銃手は広範囲に窓が設けられた双方の胴体に搭乗した。外翼にはスラット補助翼、45度のザップフラップ、折れ曲がった翼端部にも小さな補助翼を備えていた。引き込み式の降着装置は、各胴体のエンジン後方に主脚が、尾翼の基部に尾輪があった。

飛行試験を開始する前にテストパイロットの(M.A. Nyukhtikov)は、通常の形式とは異なるDB-LKの操作性を探るために幾度も高速でのタクシングを行い、このうちの1回の試験では脚柱が折りたたまれてしまった。飛行試験は1940年初めに行われて良好な性能を発揮したが、重心点の変化には非常に敏感であった。量産は認可されなかった。


要目 (DB-LK)[編集]

出典: Gunston, Bill. "Encyclopaedia of Russian Aircraft 1875–1995". London:Osprey. 1995. ISBN 1-85532-405-9

諸元

  • 乗員: 4
  • 全長: 9.78 m (32 ft 1 in)
  • 全高: 3.65 m (11 ft 11¾ in)
  • 翼幅: 21.6 m(70 ft 10½ in)
  • 翼面積: 56.87 m2 (612 ft2
  • 空虚重量: 6,004 kg (13,236 lb)
  • 運用時重量: 10,672 kg (23,528 lb)
  • 動力: ツマンスキー M-88 空冷 14気筒星型エンジン、708.41/745.7 kW (950/1,000 hp) × 2

性能

  • 最大速度: 488 km/h 303 mph
  • 航続距離: 2,900 km 1,800 miles
  • 実用上昇限度: 8,500 m (27,890 ft)
  • 上昇率: 6.15 m/s (1,210 ft/min)

武装

  • 固定武装: 4 × 7.62mm ShKAS機関銃;各テールコーンに2丁。
    2 × 7.62mm ShKAS機関銃; 中央翼前縁に前方固定。
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • Gunston, Bill. “The Osprey Encyclopaedia of Russian Aircraft 1875–1995”. London, Osprey. 1995. ISBN 1-85532-405-9

外部リンク[編集]