RAKURA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RAKURA
出生名 木下楽来[1]
生誕 (2003-01-26) 2003年1月26日(20歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県
学歴 C&S音楽学院卒業
ジャンル
職業
活動期間 2020年 - 現在
レーベル asistobe
(2020年 - 現在)
事務所 ビーイング
共同作業者
公式サイト RAKURA OFFICIAL WEBSITE
著名使用楽器
アコースティックギター

RAKURA(ラクラ、2003年1月26日 - )は、日本女性シンガーソングライター[2]福岡県出身[3]

2019年11月4日に開催されたビーインググループによるオーディション『九州Teen'sオーディション2019』で審査員特別賞を獲得したことがきっかけとなり、翌年2020年11月4日に同グループ内新レーベルasistobeの第1弾アーティストとしてシングル「Unforgiven」でメジャーデビューを果たした[1][4][2]。制作においては、デビュー時より一貫してRa-Uがサウンドプロデュースを担当している[5]

来歴[編集]

幼少期より劇団に所属し、3歳からミュージカルに出演。中学2年生より歌手としてライブ活動を始める[6]福岡県福岡市内の学校C&S音楽学院で音楽を学んでおり、在学中のアーティストデビューは同校にとって初となった[7]

2019年11月4日キャナルシティ博多で行われたビーインググループによるオーディション『九州Teen'sオーディション2019』の最終パフォーマンス審査でジェシー・Jの「Mamma Knows Best英語版」を歌唱し、審査員特別賞を獲得[1]。このことがきっかけとなり、同グループの新レーベルasistobeに所属。

2020年11月4日、前述のオーディションの1年後にシングル「Unforgiven」をasistobeよりリリースし、メジャーデビュー。この楽曲はTOKYO MX系ドラマ『片恋グルメ日記』のエンディングテーマとしても起用された[8]。翌年1月27日にはセカンドシングル「We Fallin'」をリリースした[9]

2021年4月15日、1枚目のミニアルバム『In me』をリリース[5]。同月24日、オンライン音楽フェスティバル「宗像フェスオンライン ~Seven Fukuocarat~」に出演。無観客ながら、自身にとってメジャーデビュー後の初ライブとなる[10]

2021年5月27日からは同ミニアルバムに収録された楽曲の英語バージョンを3か月連続でリリースした[11]

2021年6月6日、新座市民会館で行われたダンス・フェスティバル「Entertainment Dance Festival D-SHOCK」にゲストアーティストとして出演。自身初の有観客ライブとなる[12]

2021年7月29日、サードシングル「Time will tell」をリリース[10]。また、同年4月に上京したことを同作リリース時でのインタビューにて公表する[13]

2021年10月14日、4枚目のシングル「Orange soda」がリリースされる。

2022年1月26日、5枚目のシングル「Shinjuku no Nekomae」をリリース。本楽曲はクロス新宿ビジョンの公式テーマソングとして、同ビジョンでMVが放送された[14]

2022年4月5日、6枚目のシングル「Shooting Star」が先行配信リリース。本楽曲は読売テレビ系アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』のオープニングテーマとして同月4日よりオンエアされる。同月13日にはデビューアルバム『tint』がリリースされ、「Shooting Star」が収録されたRainy。とのスプリットシングル「ゼロの日常盤」もCDシングルとして同時リリースされる[15]

音楽性[編集]

制作[編集]

デビュー時より一貫してサウンドプロデュースをRa-Uが担当しており、作詞作曲はRAKURAとRa-Uの共作であることがほとんどである[5]。また、2021年5月より3か月連続でリリースされた英語詞の楽曲は、英訳をタレントのマシューまさるバロンが担当している。 デビュー当時は福岡県に在住であったため、Ra-Uとの音楽制作時にはWeb会議サービスZOOMを利用しており、レコーディング時にスタジオで顔を合わせるという制作スタイルを採用していた[5]。「"Music crosses all borders"(音楽に国境はなく、自由にいつでも世界中と繋がれる時代)」という思いから、グローバル志向の強い制作・プロモーションを行っており、音楽ストリーミングサービスSpotifyでのリスナーも半数以上が海外リスナーである[16]

また音楽面のみならずビジュアル面でも制作に関わっており、アーティスト写真の衣装やメイク、ヘアスタイリングなどを自ら手掛けている[13]

作風[編集]

R&Bを基調にニューウェイブソウルミュージックシンセポップディスコミュージックエレクトロ・ポップなど、同時代の音楽シーンで世界的に盛り上がりを見せているジャンルを幅広く取り入れている[13][5]

影響[編集]

インタビューにおいて影響を受けたアーティストとしてオーストラリアシンガーソングライターシーアを挙げている[3]。また、国外ではマイケル・ジャクソンクリスティーナ・アギレラジェシー・J、国内ではSIRUPiriRIRIなどのアーティストについての言及もある[3][13][6]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 型番 順位
1st 2022年4月13日 tint CD+カセット JBCZ-9130 264位
音楽配信

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格
1st 2021年4月15日 In me 音楽配信
カセットテープ

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 型番 順位 収録アルバム
1st 2020年11月4日 Unforgiven 音楽配信 『tint』
2nd 2021年1月27日 We Fallin'
3rd 2021年7月29日 Time will tell
4th 2021年10月14日 Orange soda
5th 2022年1月26日 Shinjuku no Nekomae
6th 2022年4月5日 Shooting Star
2022年4月13日 Shooting Star/Find the Truth CD JBCZ-6119 16位
Find the Truth/Shooting Star JBCZ-6120

プロモーショナル・シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 収録アルバム
1st 2021年5月27日 Runaway (-English Ver.-) 音楽配信 In me
2nd 2021年6月17日 Teenage-Dream (-English Ver.-)
3rd 2021年7月1日 Jewel in the Crown (-English Ver.-)

ミュージック・ビデオ[編集]

公開日 タイトル 監督 参照
2020年10月9日 Unforgiven (Lyric Video) 佐藤弘康 [17]
2020年10月26日 Unforgiven 大野剛史 [18]
2021年1月28日 We Fallin' (Lyric Video) Akio Oda [19]
2021年4月14日 Teenage-Dream 真田英幸 [20]
Jewel in the Crown [21]
2021年5月13日 Runaway (Lyric Video) N/A [22]
2021年5月17日 BIG FLEX (Lyric Video) [23]
2021年5月20日 the song (Lyric Video) Akio Oda [24]
2021年7月29日 Time will tell (Visual Video) N/A [25]
2021年10月14日 Orange soda (Music Video) 真田英幸 [26]
2022年2月7日 Shinjuku no Nekomae (Music Video) doku. & 涌井嶺 [27]

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ先
2020年 Unforgiven TOKYO MX系ドラマ『片恋グルメ日記
2021年 Orange soda テレビ大阪主催「キッチンカーコレクション 2021 in サンシャインワーフ神戸」テーマソング
2022年 Shinjuku no Nekomae クロス新宿ビジョン公式テーマソング
Shooting Star 読売テレビ系アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』オープニングテーマ

ライブ[編集]

出演イベント[編集]

日程 種別 タイトル 会場・備考
2021年4月24日 音楽フェスティバル 宗像フェスオンライン ~Seven Fukuocarat~ オンライン開催
2021年6月6日 ダンス・フェスティバル Entertainment Dance Festival D-SHOCK 新座市民会館 大ホール
2021年7月31日 ダンスイベント 【at home 9th】STUDIO BUZZ久喜校発表会 久喜総合文化会館 大ホール
2021年8月8日 【at home 4th】STUDIO BUZZ相模原校発表会 相模原市民会館 大ホール
2021年10月8日 国際会議内イベント 宗像国際環境会議 アートフェスティバル TOKOWAKA Runway 宗像大社・新祈願殿前
2021年10月17日 地域イベント 筑後川のめぐみフェスティバル 福岡市役所 西側ふれあい広場
2022年1月15日 モーターショー TOKYO AUTO SALON 2022 幕張メッセ
2022年3月5日 グルメイベント サイクル∞キッチン supported by キリン生茶 万博記念公園

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 10代の新たな才能を発掘するオーディション『九州Teen’sオーディション2019』グランプリ決定”. リアルサウンド (2019年11月5日). 2021年8月4日閲覧。
  2. ^ a b 現役高校生シンガーRAKURA、ビーイングからデビュー「世界中の人に届け。私の音楽」”. BARKS (2020年11月4日). 2021年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c 猪又孝 (2020年11月4日). “現役高校生シンガー RAKURA、デビュー初インタビュー “Z世代”ならではの自己表現とアーティストとしての展望を聞く”. リアルサウンド. 2021年8月4日閲覧。
  4. ^ Being Groupが九州エリアから若い才能を発掘「九州Teen’sオーディション2021」を開催!〜9/19締切!”. Musicman (2021年7月20日). 2021年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e 永堀アツオ (2021年4月15日). “海外リスナーからも賞賛される新鋭シンガー RAKURA×Ra-U、二人三脚で歌にした“等身大の素顔””. リアルサウンド. 2021年8月4日閲覧。
  6. ^ a b ENDo (2020年11月8日). “【RAKURAインタビュー】 ドラマ主題歌でメジャーデビューを飾った17才、新進気鋭のシンガーの素顔に迫る”. SPICE. 2021年8月4日閲覧。
  7. ^ 17歳の現役高校生シンガー RAKURA、デビュー!!!”. C&S学院 (2019年9月30日). 2021年8月4日閲覧。
  8. ^ 17歳の現役高校生シンガー・RAKURA、デビュー曲がドラマ「片恋グルメ日記」エンディング主題歌に決定”. WEBザテレビジョン (2019年9月25日). 2021年8月4日閲覧。
  9. ^ 現役高校生シンガーRAKURA、新曲「We Fallin’」リリックビデオ公開「少し成長した私を」”. BARKS (2021年1月28日). 2021年8月4日閲覧。
  10. ^ a b RAKURA、高校卒業~上京を機に広がった価値観 10代シンガーソングライターが見据えるコロナ禍以降への希望”. リアルサウンド (2021年7月29日). 2021年8月4日閲覧。
  11. ^ RAKURA 全英詞楽曲3作連続配信リリース!!第1弾 「Runaway-English Ver.-」2021.05.27 配信スタート!!”. asistobe公式 (2019年9月25日). 2021年8月4日閲覧。
  12. ^ MUSIC FOLDER”. KISS-FM (2021年5月10日). 2021年8月4日閲覧。
  13. ^ a b c d <インタビュー>03年生まれのシンガーRAKURAが歌うコロナ禍のエンパワーメントソング 「絶望の中でも希望を見出したい」”. Billboard Japan (2021年7月29日). 2021年8月4日閲覧。
  14. ^ “3D巨大猫”が世界に広く認知された「クロス新宿ビジョン」の公式テーマソング『Shinjuku no Nekomae』が2022年1月26日(水)よりMV放映&配信スタート”. PR TIMES (2022年1月26日). 2022年3月26日閲覧。
  15. ^ アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』、オープニング曲はRAKURA、エンディング曲はRainy。が担当”. BARKS (2022年2月22日). 2022年3月26日閲覧。
  16. ^ RAKURA、全英詞楽曲を3作連続配信リリースの第1弾「Runaway -English Ver.-」配信スタート”. Yahoo!ニュース (2021年5月28日). 2021年8月4日閲覧。
  17. ^ RAKURA「Unforgiven」Lyric Video”. YouTube (2020年10月9日). 2021年8月4日閲覧。
  18. ^ RAKURA「Unforgiven」Music Video”. YouTube (2020年10月26日). 2021年8月4日閲覧。
  19. ^ RAKURA「We Fallin'」Lyric Video”. YouTube (2021年1月28日). 2021年8月4日閲覧。
  20. ^ RAKURA「Teenage-Dream」Music Video”. YouTube (2021年4月14日). 2021年8月4日閲覧。
  21. ^ RAKURA「Jewel in the Crown」Music Video”. YouTube (2021年4月14日). 2021年8月4日閲覧。
  22. ^ RAKURA 「Runaway」(Official Lyric Video)”. YouTube (2021年5月13日). 2021年8月4日閲覧。
  23. ^ RAKURA 「BIG FLEX」(Official Lyric Video)”. YouTube (2021年5月17日). 2021年8月4日閲覧。
  24. ^ RAKURA 「the song」(Official Lyric Video)”. YouTube (2021年5月20日). 2021年8月4日閲覧。
  25. ^ RAKURA 「Time will tell」(Official Visual Video)”. YouTube (2021年7月29日). 2021年8月4日閲覧。
  26. ^ RAKURA「Orange soda」Music Video”. YouTube (2021年10月14日). 2021年10月20日閲覧。
  27. ^ RAKURA「Shinjuku no Nekomae」Music Video”. YouTube (2022年2月2日). 2022年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]