FMヤングスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FMヤングスタジオ
ジャンル 音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1984年9月3日 - 1992年3月31日
制作 ジャパンエフエムネットワーク
ネットワーク JFN
パーソナリティ 石井かずみ(番組開始 - 1989年3月)
福島英絋(1989年4月 - 番組終了)
テンプレートを表示

FMヤングスタジオ』は、ジャパンエフエムネットワーク(JFNC)制作のラジオ番組FM沖縄開局から2日後の1984年9月3日にスタート。初期のJFNC・Bライン配信番組の一つであり、同じBライン配信番組の「うたのプロムナード」(月 ー 金 15:00 - 17:00)も同日に開始した。

放送時間[編集]

  • 番組開始~1988年3月 月曜日~金曜日 17:00~19:00
  • 1988年4月~1989年3月 月曜日~金曜日 17:15~19:00
  • 1989年4月~番組終了 月曜日~木曜日 17:15~19:00

出演者[編集]

DJ[編集]

アシスタント[編集]

概要[編集]

  • 17時台は「ワールド・ヒット決定版」(1988年からワールド・チャート・ネットワークとして独立、DJは引き続き石井かずみが担当。)、18時台「アイドル・ヒット決定版」として放送。
  • DJ・ゲスト・アシスタントのアイドルのサイン色紙・サイン入りのテレホンカードをリスナーにプレゼントしていた。
  • 1989年4月以降、アシスタントはアイドルが務めるようになった。
  • 1989年4月以降のオープニングテーマ曲はCOO COOの「You Can Set Me Free」、エンディングテーマ曲はT-SQUAREのアルバム「WAVE」の中に入っている曲「LOVE FOR SPY」が使用された
  • いつもは東京JFNのスタジオから生放送されるこの放送だが 7年の放送のうち一度だけ公開録音が行われている 島根県出雲村田製作所の敷地内で行われた収録は「FMヤングスタジオ スペシャル in 島根県出雲村田製作所サマーフェスティバル1991」と題し 1991年7月28日に、太陽に照らされた昼間の熱気がまだ残る日暮れ前から約2000人の観客を前に公開放送が収録された ゲストは 川越美和山口弘美越智静香の三人が出演、曲目は 川越美和が「風のような気持ち」 越智静香ジューシィ・フルーツのカバー曲 「ジェニーはご機嫌ななめ山口弘美が「夢を信じて」など その当時 本人たちが歌っていた曲を中心に数曲が披露された その模様は収録から2週間後の 8月12日に全国に向けオンエアーされた
  • 1989年4月以降の番組の大まかな内容とすれば、オープニングから約30分間は、その日のゲストとともに楽しいトークと曲が紹介され、6時40分過ぎからはアイドルアシスタントの特性や得意分野などを生かした各コーナーで番組が彩られた。またアイドルが冬の時代に入っていたということもあり 「アイドルペレストロイカ」と題し、 毎週どうやったら今のアイドルが良い方向で活躍できるか…という議論も毎週視聴者からのアドバイスをもとに話し合う場となった。 初代パーソナリティ 石井かずみさんから福島氏にDJが変わった時にはあまりの番組の変わりように少し視聴するのを控えたというリスナーも増えたのだが、モノマネを交えたり 湾岸戦争などの時事ネタなどの話を交え熱く語ったり、視聴者の家庭の悩みなどをラジオを通して自分のことのように真剣に考えてくれたりする福島氏のDJは一味違ったDJとしてリスナーたちの心を次第につかんでいった、ただアイドルの歌が聞きたくてこの番組を聴いていただけのリスナー達は集って「FM ヤングスタジオリスナーズサークル」を 立ち上げるまでに発展、福島氏と番組を共にしたアイドルやゲストなどは福島氏の軽快なトークにつられ他の番組では語らなかった本音なども ついついしゃべってしまうという親しみのある番組となっていった。1991年の10月からは今までハガキを送るだけだったリスナーたちと電話で毎週語り合うというコーナーも設けられた、 失恋についての話など悩み多き学生たちの相談を聞いたり、好きなアイドルの話などをリスナーたちと熱く語り合った。そんなどんどんいい方向に 進んでいったこの番組だったが時代の流れには勝てなかった、テレビの歌番組なども 次々と減少していったこの時代に この番組も終わりを迎えることになる、男性も女性もだがアイドル、そして歌謡界自体が もうひとつ盛り上がらなくなっていった世の中の風潮は、アイドルもこれからだという時に多くの指示を得ていたリスナー達を残し惜しまれながら1992年3月31日に番組が終了、しかしすべてを終わらせたくないとリスナーズサークルだけは番組終了後も存続された、中には今でも連絡を取り合っているリスナー達もいる。ソロのアイドル歌手が多かった1990年代にアイドルたちを応援しようと放送していたこの番組はテレビの歌番組のように広く名の通った番組ではなかったが、多くの思い出と共に出演したアイドル達とリスナーたちの心の中では忘れられない番組となっている、いつか番組を再開してほしいと言う声もしばらくは放送局に寄せられたが残念ながら番組が復活することはなかった。

ネット局[編集]

JFN 月曜日~金曜日17:00-19:00
前番組 番組名 次番組
-
FMヤングスタジオ