BETアワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BET Awards
Bet-awards-2012.jpg
BET Award 2012年のロゴ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催BET
初回2001年 (20年前) (2001)
公式サイトwww.bet.com/shows/bet-awards.html

BETアワードBET Awards、ビーイーティー・アワーズ)は、毎年6月に開催される、音楽演劇スポーツなどを含む、あらゆるエンタテインメント業界で活躍しているアフリカ系アメリカ人や他のマイノリティの人々に対して贈られるアメリカの文化賞[1]

歴史[編集]

2001年に、ブラック・エンターテインメント・テレビジョン(BET)によって創設された。毎年、授賞式の模様をBETが生放送で放映している。第1回の授賞式では、女優/コメディアンモニークが司会を務めた[2]。また2005年には、男優/ラッパーウィル・スミスが、妻である女優ジェイダ・ピンケット=スミスと共に司会を務めた[3]

2006年の授賞式は、6月28日カリフォルニア州 ロサンゼルスにあるシュライン・オーディトリアムにおいて、デイモン・ウェイアンズの司会の下で行われた[4]2006年の授賞式は、BET史上最高視聴率を収めた。授賞式では、メアリー・J・ブライジキーシャ・コールクリス・ブラウンジェイZメアリー・メアリーT.I、などの面々がパフォーマンスを披露した。バスタ・ライムスも、自らのシングル曲「アイ・ラブ・マイ・ビッチ」と「タッチ・イット」を披露し、ケリスウィル・アイ・アムブラック・アイド・ピーズ)、メアリー・J・ブライジラー・ディガミッシー・エリオットパプースエミネムといった豪華な顔ぶれとの競演を果たした。

2007年の授賞式では、例年に増して、ネリー・ファータドジャスティン・ティンバーレイクエミネムロビン・シックなどの「非」アフリカ系アメリカ人のアーティストたちが姿を見せることになった[5]

審査方法[編集]

BETアワードのノミネートプロセスは、音楽業界、メディアブロガーなど約500人で構成される投票アカデミーが担当している。BETは投票用紙を電子送付し、投票者はノミネートされるべきだと思う作品やアーティストを全カテゴリーに投票する。ノミネートと投票用紙は、他の多くのアワードを手がけている大手デジタル配信会社であるYangaroo, Inc.によって集計される。各部門で上位ノミネート者が決定され、アカデミー会員の投票を経て受賞者が選出される[6][7]

部門[編集]

現在の部門[編集]

特別部門[編集]

功労賞 (Lifetime Achievement)

人道支援賞 (Humanitarian)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2003 BET Awards Rocket to Biggest BET Telecast Ever | BET Press”. web.archive.org (2019年6月27日). 2020年12月2日閲覧。
  2. ^ 2003 BET Awards Rocket to Biggest BET Telecast Ever | BET Press”. web.archive.org (2019年6月27日). 2020年12月2日閲覧。
  3. ^ Thursday”. web.archive.org (2005年11月2日). 2020年12月2日閲覧。
  4. ^ '06 BET AWARDS Stakes Claim as Cable's Top Awards Show by Again Flexing Impressive Muscle With Viewers | BET Press”. web.archive.org (2019年6月27日). 2020年12月2日閲覧。
  5. ^ Zap2it - TV ratings”. archive.vn (2007年7月4日). 2020年12月2日閲覧。
  6. ^ Yangaroo”. yangaroo.com. 2020年12月2日閲覧。
  7. ^ Inc, YANGAROO. “BET SELECTS YANGAROO'S DMDS TO POWER MAJOR AWARDS SHOWS” (英語). www.prnewswire.com. 2020年12月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]