キーシャ・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キーシャ・コール
Keyshia Cole.jpg
(2007年)
基本情報
出生名 Keyshia Miesha Michelle Cole
生誕 (1981-10-15) 1981年10月15日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国カルフォルニア州オークランド
ジャンル R&Bポップヒップホップ
職業 ソングライター歌手
活動期間 2004年 - 現在
レーベル A&M, Geffen
公式サイト www.keyshiacole.com/

キーシャ・コールKeyshia Cole、本名: Keyshia Miesha Michelle Cole1981年10月15日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身の女性R&B歌手、シンガーソングライター。2005年のデビューアルバム「ザ・ウェイ・イット・イズ」、及び2007年のセカンドアルバム「ジャスト・ライク・ユー」がプラチナディスクに認定された。

来歴[編集]

カリフォルニア州オークランドで育ち、兄ショーン・コールはラッパーでNutt-Soとして活動している。
キーシャの音楽キャリアのスタートは12歳の時。既に有名だったM.C.ハマーのレコーディングに参加する機会があった。[1] 2001年メッシー・マーヴのヒット曲「ヌービアン・クイーン・リミックス」にコーラス参加するなど、この頃はサンフランシスコ、ベイエリアで活動していた。

2002年、自身のキャリアを前に進める為に衝動的にベイエリアを離れた。その時の所持金は200ドル。レンタカーで夜道をロサンゼルスに向かった。[2] ロサンゼルスに到着して数ヶ月後、A&Mレコード社長のロン・フェアーの興味を惹き、その年にA&Mレコードと契約。ソロでの最初の作品は、2003年の映画『バイカー・ボーイズ』のサウンドトラック「ゲット・アップ」。2004年は映画『バーバーショップ2』のサウンドトラック「ネヴァー」を制作。この曲にはラッパーのイヴが参加。

2005年6月、デビューアルバム「ザ・ウェイ・イット・イズ」をリリース、RIAAによりプラチナディスクに認定された。このアルバムからの4枚目シングル「ラヴ」が、自身初めてのビルボードトップ20入りの曲になった。

2005年7月より、米ケーブルテレビBETでキーシャのリアリティ・ショー「キーシャ・コール:ザ・ウェイ・イット・イズ」が6週に渡って放送された。

2007年9月、2ndアルバム「ジャスト・ライク・ユー」をリリース、ビルボード初登場2位。リル・キムミッシー・エリオットをフィーチャーしたアルバムからの最初のシングル「レット・イット・ゴー」が、米ビルボードで最高7位となり、キーシャの作品中では一番のヒットになった。R&B/ヒップホップ部門では初の1位を獲得。バラードの「アイ・リメンバー」「ヘヴン・セント」もR&B/ヒップホップチャートで連続1位を記録した。

BETの「キーシャ・コール:ザ・ウェイ・イット・イズ」の2シーズン目が放送された。BETの発表では、この番組はBET史上で最高の視聴率だったとの事。[3] この年は映画へ出演し、MTV制作の映画『How She Moves』に本人役で登場した。

2008年12月、3rdアルバム「ディファレント・ミー」をリリース。最初のシングルは故2パックをフィーチャーした「プレイヤ・カーズ・ライト」。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[1]
UK
[2]
2005 The Way It Is 6 184
2007 Just Like You
  • 発売日: 2007年9月25日
  • レーベル: Geffen
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 170万枚[3]
2 149
  • US: プラチナ[4]
2008 A Different Me
  • 発売日: 2008年12月16日
  • レーベル: Geffen, Interscope
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 100万枚[3]
2
  • US: プラチナ[4]
2010 Calling All Hearts
  • 発売日: 2010年12月21日
  • レーベル: Geffen, Interscope
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 16.4万枚[5][6]
9
2012 Woman to Woman
  • 発売日: 2012年11月19日
  • レーベル: Geffen, Interscope
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 24.6万枚[7]
10
2014 Point of No Return
  • 発売日: 2014年10月7日
  • レーベル: Geffen, Interscope
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 2.6万枚[8]
9
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

  • アイ・チェンジド・マイ・マインド I Changed My Mind(2004年)
  • (アイ・ジャスト・ウォント・イット)トゥ・ビー・オーヴァー (I Just Want It) To Be Over(2005年)
  • アイ・シュッド・ハブ・チーティド I Should Have Cheated(2005年)
  • ラヴ Love(2006年)
  • レット・イット・ゴー Let It Go featuring Lil Kim & Missy Elliott(2007年)
  • シュダ・レット・ユー・ゴー Shouda Let You Go featuring Amina(2007年)
  • アイ・リメンバー I Remember(2007年)
  • ヘヴン・セント Heaven Sent (2008年)
  • プレイヤ・カーズ・ライト Playa Cardz Right(2008年)
  • ユー・コンプリート・ミー "You Complete Me"(2009年)
  • トラスト "Trust"(2009年)
  • I Ain't Thru (2010年)
  • Long Way Down (2010年)
  • Take Me Away (2011年)
  • Enough of No Love (2012年)
  • Trust and Believe (2012年)

客演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Keyshia Cole Album & Song Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年7月12日閲覧。
  2. ^ Zywietz, Tobias. “Chart Log UK: Chris C. – CZR”. 'Zobbel.de'. Tobias Zywietz. 2012年7月12日閲覧。
  3. ^ a b c “No. 1 or not, Keyshia Cole is still growing”. The Jamaica Observer. (2010年12月22日). オリジナル2014年2月27日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6NgYiigjc 
  4. ^ a b c Gold & Platinum: Cole, Keyshia”. Recording Industry of America. 2012年7月12日閲覧。
  5. ^ Caulfield, Keith (2010年12月29日). “Taylor Swift Gets Christmas Boost on Billboard 200, Foxx Earns Highest Debut”. Billboard. 2010年12月29日閲覧。
  6. ^ Langhorne, Cyrus. Eminem Gets A Swift Kick To No. 2, Nicki Minaj Reclaims Top 5, Drake & Kid Cudi Rage Back Onto The Chart. SOHH. Retrieved on 2011-01-05.
  7. ^ Langhorne, Cyrus (2013年1月9日). “Bruno Mars Strikes Gold, T.I. Gets Dethroned From Top 10, Frank Ocean, 2 Chainz & Pitbull Return To The Chart”. SOHH. 4Control Media. 2013年1月10日閲覧。
  8. ^ http://www.hiphopdx.com/index/news/id.31063/title.hip-hop-album-sales-keyshia-cole-childish-gambino-tinashe-flying-lotus

外部リンク[編集]