BACK TO THE STREET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BACK TO THE STREET
佐野元春スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル EPIC・ソニー
プロデュース 小坂洋二
FUMIHIKO SAITOH
佐野元春 アルバム 年表
BACK TO THE STREET
(1980年)
Heart Beat
(1981年)
『BACK TO THE STREET』収録のシングル
テンプレートを表示

BACK TO THE STREET』(バック・トゥ・ザ・ストリート)は、1980年4月21日EPIC・ソニーから発売された佐野元春の1枚目のアルバム。

概要[編集]

音楽プロデューサー広告代理店を経て、1980年に「アンジェリーナ」でレコードデビューした佐野元春のファースト・アルバム。

アルバムジャケット写真は、神奈川県民ホールの裏手にあったブティック「赤い靴」で撮影されたが、1996年に区画整理のため取り壊されていて、現在は現存しない。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:佐野元春

  1. 夜のスウィンガー
    編曲:伊藤銀次
  2. ビートでジャンプ
    編曲:伊藤銀次
  3. 情けない週末
    編曲:大村雅朗
    • この曲は佐野が中高生時代[1]の時に書いたもので、これを知った「LEON」編集長の前田洋一郎は歌詞の内容と書かれた時期のギャップに驚く趣旨の発言をした[2]
    • スガシカオ[3]千原ジュニア[4]がこの曲を気に入っている事を述べている。
  4. Please Don't Tell Me A Lie
    編曲:伊藤銀次
  5. グッドタイムズ&バッドタイムズ
    編曲:大村雅朗
  6. アンジェリーナ
    編曲:大村雅朗
    • デビューシングル。
  7. さよならベイブ
    編曲:大村雅朗
    • デビューシングルのC/W曲。
  8. バッド・ガール
    編曲:大村雅朗
  9. Back To The Street
    編曲:伊藤銀次
    • コーラスに佐野と同じEPIC・ソニーに所属していた山本翔が参加している。
  10. Do What You Like (勝手にしなよ)
    編曲:佐野元春

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]