Apple A7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Apple A7
Apple A7 chip.jpg
Apple A7
生産時期 2013年9月20日から
設計者 アップル
生産者 サムスン電子[1]
CPU周波数 1.3 GHz[2] 
命令セット ARMv8[3][4]
マイクロアーキテクチャ Cyclone[5]
コア数 2[2]
前世代プロセッサ アップル
次世代プロセッサ アップル
トランジスタ アップル
L1キャッシュ アップル
L2キャッシュ アップル
L3キャッシュ アップル
L4キャッシュ アップル
GPU アップル
コプロセッサ アップル
ブランド名 アップル
テンプレートを表示

Apple A7アップル が設計した SoC2013年9月10日に発売された、iPhone 5s で初めて採用された。アップルは、前世代の Apple A6 比で CPUGPU が2倍高速化したと主張している[6]。世界初の64ビットARM SoCであり[7]、スマートフォンに採用された ARM SoC (x86-64 は除く) としては世界初[8]

採用製品[編集]

設計[編集]

CPU はアップルが設計した[2] 64ビットARMアーキテクチャ[3]で、デュアルコアで最高 1.3GHz で動作し[2]、命令セットは ARMv8 をサポートする。L1キャッシュは、コードが64KB、データが64KB。L2キャッシュは1MB[5]。開発コードは Cyclone[5][4]

GPU は PowerVR G6430 で4クラスタ設定となっている[9]

対応メモリは、LPDDR3 SDRAM で、データ幅は64ビットのシングルチャネル[5]iPhone 5s の搭載メモリは 1GB[10]

プロセスルールは28 nm HKMGで、ダイサイズは102 mm2[1][3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Inside the iPhone 5s”. Chipworks (2013年9月20日). 2013年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c d Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: A7 SoC Explained”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  3. ^ a b c Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: The Move to 64-bit”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  4. ^ a b [LLVMdev] A7 processor support?”. LLVM Developers Mailing List (2013年9月10日). 2013年9月11日閲覧。
  5. ^ a b c d Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: After Swift Comes Cyclone”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  6. ^ Apple Announces iPhone 5s—The Most Forward-Thinking Smartphone in the World”. Apple (2013年9月10日). 2013年9月13日閲覧。
  7. ^ AppliedMicro Showcases World’s First 64-bit ARM v8 Core”. AppliedMicro (2011年10月27日). 2013年9月18日閲覧。
  8. ^ Lai Shimpi, Anand (2013年9月10日). “Apple Announces A7, World's First 64-bit Smartphone SoC”. AnandTech. 2013年9月16日閲覧。
  9. ^ Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: GPU Architecture”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  10. ^ Quick Turn Teardown of the Apple iPhone 5s”. TechInsights (2013年9月20日). 2013年9月20日閲覧。