Kirin 980

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kirin 980
生産時期 2018年から
設計者 Huawei
生産者 TSMC
コア数 ARM Cortex-A76 4コア(ビッグ2コア+ミドル2コア)+Cortex-A55 4コア
前世代プロセッサ Kirin 970
GPU Mali-G76 MP10(10コア)
テンプレートを表示

Kirin 980は、Huaweiが設計した64ビットARMベースのシステムオンチップ(SoC)である 。ドイツ ベルリンで2018年9月初頭に開催された家電展示会「IFA 2018」において発表した。7nmプロセスを採用し、業界で初めてNPU(ニューラル処理装置)を2つ搭載するなど、AI(人工知能)の機能を搭載したスマートフォンの実現に向けたトレンドの先頭に立っていると謳う[1]

概要[編集]

8つのCPUコアは、端末の要求に応じて柔軟に使用される。Cortex-A55は省電力用プロセッサで、あまり負荷のかからない処理を担当。Cortex-A76は2コアのビッグコアと2コアのミドルコアに分かれており、ミドルコアが汎用アプリなど中程度の負荷がかかる処理を担当し、ビッグコアがゲームなど高いパフォーマンスが要求される処理を担当する。[2]。Kirin 980は TSMCで7nm FinFETプロセスを用いて製造された初のスマートフォン向けチップであり、69億トランジスタを搭載している。なお7nmプロセスチップの製品販売自体はA12搭載のiPhoneのほうが早かった。

Kirin 980にはGPUをブーストするGPU Turboも搭載しており、カメラの画像処理エンジンであるISPも2つ搭載している[1]

5Gモデムとの連携が可能であとから機能追加が可能である[1]

Kirin 980搭載製品(未発売含む)[編集]

  • HUAWEI Mate20
  • HUAWEI Mate20 Pro
  • HUAWEI Mate20 X[3]
  • HUAWEI Mate20 X (5G)
  • HUAWEI Mate20 RS
  • HUAWEI Mate X
  • honor Magic 2
  • HONOR View 20
  • HUAWEI P30
  • HUAWEI P30 Pro
  • HONOR 20
  • HONOR 20 Pro
  • HUAWEI nova 5 Pro
  • HUAWEI nova 5T
  • HUAWEI MediaPad M6

脚注[編集]

[脚注の使い方]