Apple A8X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Apple A8X
Apple A8X system-on-a-chip.jpg
Apple A8Xチップ
生産時期 2014年10月16日から現在まで
設計者 アップル
生産者 TSMC[1]
CPU周波数 1.5[2] GHz
命令セット ARMv8-A
マイクロアーキテクチャ Typhoon[3]
コア数 3[2]
L1キャッシュ Per core: 64 KB instruction + 64 KB data[2]
L2キャッシュ 2 MB shared[2]
L3キャッシュ 4 MB[4]
GPU PowerVR Series 6XT GXA6850 (octa-core)[4][5]
テンプレートを表示

Apple A8Xアップルによって設計されたSoC。2014年10月16日に紹介されたiPad Air 2搭載チップとして登場した。アップルは40%のCPUと250%のGPUの性能の向上を発表している[6]

採用製品[編集]

設計[編集]

A8Xは台湾のTSMCにより、20nmプロセスで製造され、30億個のトランジスタを搭載し、2GBのLPDDR3がパッケージ内に収まっている。A8Xはギークベンチ(Geekbench)では3コアで1.5GHzと表示される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]