Apple A9X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Apple A9X
Apple A9X.jpg
Apple A9Xチップ
生産時期 2015年9月から現在まで
設計者 アップル
生産者 TSMC
CPU周波数 2.25 GHz
命令セット A64, A32, T32
マイクロアーキテクチャ ARMv8-A-compatible
コア数 2
前世代プロセッサ アップル
次世代プロセッサ アップル
トランジスタ アップル
L1キャッシュ アップル
L2キャッシュ アップル
L3キャッシュ アップル
L4キャッシュ アップル
GPU アップル
コプロセッサ アップル
ブランド名 アップル
テンプレートを表示

Apple A9Xは、アップルによって設計されたSoC。 2015年9月9日に発表されたiPad Proに搭載されるチップとして登場した。アップルはApple A8Xに比べ1.8倍の能力のCPU、2倍の能力のGPU、2倍のメモリバンド幅といった性能の大幅な向上を発表している[1][2]

また、L2キャッシュがApple A8Xの2MBから3MBに増加している。GPUは、PowerVR Series 7XT系統の12コアである[3]

採用製品[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ iPad Pro テクノロジー
  2. ^ Apple Special Event。 2015年9月9日。
  3. ^ Apple’s A9X has a 12-core GPU and is made by TSMC
  4. ^ 劉尭 (2015年9月10日). “Apple、画面が12.9型になった「iPad Pro」”. PC Watch. インプレス. 2017年5月3日閲覧。
  5. ^ 若杉紀彦 (2016年3月22日). “Apple、9.7型に小型化された「iPad Pro」を発表”. PC Watch. インプレス. 2017年5月3日閲覧。