アルテラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルテラ
Altera Corporation
Alteraheadquarters.jpg
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ
設立 1983年
業種 半導体
事業内容 プログラマブルロジックデバイスの開発および販売
外部リンク http://www.altera.com/
特記事項:2015年のインテルによる買収により消滅
テンプレートを表示
日本アルテラ株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
163-1332
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー32階
設立 1990年
業種 半導体
外部リンク http://www.altera.co.jp/
特記事項:2015年の米国本社の買収により、インテル日本法人に吸収合併される形で消滅し、現存しない
テンプレートを表示

アルテラ(Altera Corporation、NASDAQ: ALTR)はかつて存在したアメリカプログラマブルロジックデバイスの代表的企業。現在はインテルのFPGA部門となっている。

創立は1983年で本社はカリフォルニア州サンノゼにあった。日本法人は日本アルテラ株式会社であった。

概要[編集]

SigneticsやMMIに続くプログラマブルロジックのパイオニア的企業の一つであった。システムオンプログラマブルチップを可能にするべく、様々な技術を開発。中にはチップ中にメモリマイクロプロセッサ、トランシーバを埋め込んだものも存在する。

経営能力に優れた企業としても知られていた。130nmと90nmプロセスの製品群での成功がよい事例となっている。また、デバイス性能としても消費電力や動作速度が群を抜いている。

半導体ベンダーだが、自社では研究開発・設計と販売を行い、製造はTaiwan Semiconductor Manufacturing Corporation(TSMC)等に任せていた(これはインテル買収後も変わらない)。

ライバル企業にはザイリンクスラティス、アクテル、クイックロジック、アトメルなどがある。

2015年6月、インテルが167億ドルで買収することで合意したと発表[1]。12月に買収手続きを完了[2]し、以後はインテルのFPGA部門として活動している。

主な製品(買収前)[編集]

  • FPGA
    • Stratix - ハイエンド
      • Stratix V
      • Stratix IV
      • Stratix III
      • Stratix II GX
      • Stratix II
      • Stratix GX
      • Stratix
    • Arria - ミッドレンジ
      • Arria V
      • Arria II GZ
      • Arria II GX
      • Arria GX
    • Cyclone - 低コスト
      • Cyclone V
      • Cyclone IV
      • Cyclone III
      • Cyclone II
      • Cyclone
  • CPLD
    • MAX
      • MAX V
      • MAX IIZ
      • MAX II
      • MAX 3000A
      • MAX 7000S
  • ASIC
    • HardCopy
      • HardCopy V
      • HardCopy IV
      • HardCopy III
      • HardCopy II
      • HardCopy Stratix
      • HardCopy APEX
  • AHDL - ハードウェア記述言語
  • Nios II - ソフトプロセッサ

脚注[編集]

  1. ^ 米インテル、アルテラ買収を発表”. ロイター (2015年6月1日). 2015年6月2日閲覧。
  2. ^ CLARK, DON. “インテル、アルテラ買収を完了 事業拡大に弾み” (日本語). WSJ Japan. 2019年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]

※現在はインテルサイトにリダイレクトされる