Apple A12X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Apple A12X Bionic
Apple A12X.jpg
生産時期 2018年から現在まで
設計者 アップル
生産者 TSMC
命令セット A64, A32, T32
マイクロアーキテクチャ ARMv8‑A-Compatible
コア数 8コア (4×Vortex 2.5GHz + 4×Tempest 1.5GHz)
前世代プロセッサ

Apple A10X Fusion

Apple A11 Bionic
L1キャッシュ 128KB Instruction
128KB Data
L2キャッシュ 8MB
GPU 7コア Apple A12X GPU
テンプレートを表示

Apple A12X Bionicは、アップルが設計した64ビットARMベースのSystem-on-a-chip(SoC)である 。2018年10月30日に発表されたiPad Proに初めて搭載された。 A12Xは、A10Xよりもシングルコア性能が35%、マルチコア性能が90%高速化し、市場にある92%のモバイルノートより高速とされている[1]

デザイン[編集]

A12Xには、アップル設計の64ビットARMv8-Aベースの4つの高性能コア(Vortex)と4つの高効率コア(Tempest)が搭載されている。また、アップル設計の7コアGPUを搭載し、A10Xの2倍、初代iPadの1000倍の性能を誇るという[2]。A12Xには新世代の「ニューラルエンジン」と呼ばれる専用ニューラルネットワークハードウェアも搭載されている[3]。このニューラルエンジンは8つのコアを持ち、毎秒最大5兆回の処理を実行できる[1]

A12XはTSMCの7nm FinFETプロセスを用いて製造され、総トランジスタ数は100億に上る[1]

benchmarkソフトantutuでは50万点を超える。

iPad Pro 12.9インチ (第3世代)および11インチの1TBモデル向けには6GB、64, 256, 512GBモデル向けには4GBのLPDDR4Xメモリを搭載している。

搭載製品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 株式会社インプレス (2018年10月31日). “Apple、「A12X Bionic」搭載でノートPCより速い「iPad Pro」” (日本語). PC Watch. https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1150741.html 2018年11月24日閲覧。 
  2. ^ “Apple walks Ars through the iPad Pro’s A12X system on a chip” (英語). Ars Technica. https://arstechnica.com/gadgets/2018/11/apple-walks-ars-through-the-ipad-pros-a12x-system-on-a-chip/ 2018年11月24日閲覧。 
  3. ^ iPad Pro - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2018年10月31日閲覧。

関連項目[編集]