Apple A8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Apple A8
Apple A8 system-on-a-chip.jpg
Apple A8
生産時期 2014年9月9日から現在まで
設計者 アップル
生産者 TSMC[1][2]
CPU周波数 1.1 GHz (iPod touch (第6世代)) から 1.4 GHz (iPhone 6, iPhone 6 Plus)と1.5 GHz (iPad mini 4 & Apple TV (第4世代))[3]
プロセスルール 20 nm
アーキテクチャ ARMv8-A
マイクロアーキテクチャ Typhoon
コア数 2[4]
コードネーム APL1011
前世代プロセッサ Apple A7
次世代プロセッサ Apple A9
L1キャッシュ 1コアあたり : 64 KB(命令) + 64 KB(データ)
L2キャッシュ 1 MB(共有)
L3キャッシュ 4 MB
GPU カスタム PowerVR Series 6XT (4コア)
テンプレートを表示

Apple A8アップルによって設計されたSoCである。2014年9月9日に発表されたiPhone 6に搭載。アップルの発表によれば、25%のCPUと50%のGPUの性能が向上(A7と比較してエネルギー効率は最大50%向上)だとされている。

採用製品[編集]

設計[編集]

前世代SoCA7製造元であった韓国サムスンの離脱により、A8は台湾のTSMCによって20nmプロセスで製造された。20億個のトランジスタを搭載している。A7と比較して2倍の量のトランジスタにもかかわらず、その物理的なサイズは13%減少し89mm²となっている。RAMはA8の場合1GBのLPDDR3がパッケージ内に収まっている。iPhone 6に搭載されているA8はギークベンチ(Geekbench)では2コアで1.4GHzと表示され、A7より25%早いというアップルの発表と合致する。 ただし、IPod touch (第6世代)に搭載されているA8は、1.1GHzへダウンクロックされている[5]。 また、iPad mini 4に搭載されているA8は1.5GHzとクロックアップされ、RAMが2GBに変更されている[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]