ザイリンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザイリンクス
Xilinx Inc.
XilinxInc-lobby.jpg
本社正面
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ
設立 1984年
業種 半導体
事業内容 プログラマブルロジックデバイスの開発および販売
従業員数 約3000人
外部リンク http://www.xilinx.com/
テンプレートを表示

ザイリンクス(Xilinx)は、FPGAを中心としたプログラマブルロジックデバイスを開発するアメリカの半導体企業である。

プログラマブルロジックデバイス、IP、開発環境を提供している。1984年に創立され、本社をカリフォルニア州サンノゼに構える。Nasdaq株式市場に株式を上場している(ティッカーシンボル:XLNX)。日本法人はザイリンクス株式会社。製造を社外ファウンドリに委託するファブレス半導体企業である。

主な製品[編集]

ザイリンクスのFPGAの一つであるSpartanシリーズ

プログラマブルロジックデバイス[編集]

FPGA[編集]

  • Virtexシリーズ - 高性能型
    • Virtex-7
    • Virtex-6
    • Virtex-5
    • Virtex-4
    • Virtex-II
    • Virtex (初代)
  • Kintexシリーズ
    • Kintex-7
  • Artixシリーズ
    • Artix-7
  • Spartanシリーズ - 低価格型
    • Spartan-6
    • Spartan-3
      • Extended Spartan-3A
      • Spartan-3AN
      • Spartan-3A DSP
    • Spartan-II
    • Spartan (初代)
  • Zynqシリーズ
    • Zynq-7000 - ARM Cortex-A9 搭載
  • XCシリーズ - すでに廃盤
    • XC2000
    • XC3000
    • XC3100
    • XC4000
    • XC5200
    • XC6200 初めてのパーシャルリコンフィグFPGA

CPLD[編集]

  • CoolRunnerシリーズ
  • XC9500シリーズ

開発環境[編集]

同社FPGA/CPLDの回路設計を行う開発環境としてISE[1]を提供している。すべてのデバイスに対応した有償版ISE Design Suiteと、デバイスに制限のある無償版ISE WebPackがある。2009年4月27日に、最新リリースとなるISE 11をリリースした[2]。 2013年6月20日に、最新リリース Vivado 2013.2 及び、 ISE 14.6 をリリースした。

IPコア[編集]

2007年11月にソフトプロセッサであるMicroBlaze v7を提供した。MMU (Memory Management Unit)を搭載可能で、Linux を正式にサポートしている。その他、PicoBlaze を始めとして様々なIPコアを提供している。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Xilinx, Inc. (2009年4月27日). “Xilinx: Design Tools”. 2009年6月7日閲覧。
  2. ^ Xilinx, Inc. (2009年4月27日). “Xilinx Drives Evolution of FPGA Design With Domain-specific Methodology for Targeted Design Platforms”. 2009年6月7日閲覧。
  3. ^ ザイリンクス、半導体業界の地図を塗り変える先進の 90nm Spartan-3 FPGA を発表
  4. ^ ザイリンクス、業界初のマルチプラットフォーム FPGA ファミリ Virtex-4 シリーズを発表
  5. ^ ザイリンクス、65nm プロセスによる業界最高性能の FPGA プラットフォーム Virtex-5 ファミリを発表
  6. ^ ザイリンクス、新しいターゲット デザイン プラットフォームにむけて 2 つの次世代 FPGA ファミリ Virtex-6 と Spartan-6 を発表
  7. ^ ザイリンクス 7 シリーズ FPGA を発表、消費電力を 50% 削減、業界初のスケーラブルなアーキテクチャで 200 万ロジック セルを達成

外部リンク[編集]