リアルタイムシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リアルタイムシステム(Real-time System)とは、ジョブの実行が命令された時、その処理を設定された時間通りに動作することに着目した制御工学における概念の一つであり、「リアルタイム処理」とも呼ばれている。

ハードリアルタイムシステム
システムに課せられたある処理がデッドライン内に終了しなかった時(デッドラインミス)、システム全体にとって致命的ダメージが生じる、といった理由から、デッドライン内での終了が保証されなければならないシステム。
ファームリアルタイムシステム
デッドラインミスが起こった時、システム全体に致命的なダメージを与えることはないが、その処理自体の価値は即座に0となる。
ソフトリアルタイムシステム
デッドラインミスが起こっても、システム全体に致命的なダメージを与えることはなく、その処理自体の価値も、終了時間などにより徐々に落ちていく。

リアルタイム性を高めるために、どのような順番でジョブを処理するか(スケジューリング)が重要となる。各ジョブ(タスク)の重要度がスケジューリングの基準となることが多く、重要度が時間と共に変化する動的スケジューリングと、変化しない静的スケジューリングに大別される。またスケジューリングの結果、各ジョブがどの程度実行されるかも議論の対象となる。

関連項目[編集]