計算社会科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

計算社会科学(けいさんしゃかいかがく)は社会科学計算学的方面から扱う学問の一分野である[1]

電子メールやblog,携帯電話のログやバイオセンサによる身体情報などの大規模な行動データ,近年ではソーシャルメディアにおける社会的相互作用などの取得と分析及び,それを元にした定量的な社会科学を行う学問である.この分野には,計量経済学計量社会学が含まれる.

計算社会科学は,オンライン上の行動ログなど社会的なビッグデータに基づく実証研究と,社会シミュレーションによる理論研究の双方に軸足を置いた学問である.これはすなわち,社会調査と応用情報学の技術との統合的アプローチを取ることを意味する.そのために用いられる主な方法論は(1) 計算モデルとシミュレーション,(2) オンライン相互作用のデジタルトレース (ビッグデータソーシャルデータ),(3) バーチャルラボ (ウェブを使った大規模行動実験) である[2]

脚注[編集]