ATS・D1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ATS・D1
カテゴリー F1
コンストラクター ATS
デザイナー ジョン・ジェントリー
グスタフ・ブルナー
先代 HS1
後継 D2
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワース DFV 2,993 cc (182.6 cu in), 90° V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FGA400 5速 MT
重量 587 kg (1,290 lb)
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ATSレーシングチーム
ドライバー フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1978年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
2 0 0 0
テンプレートを表示

ATS・D1は、ATSチームが1978年のF1世界選手権用に製作したフォーミュラ1カー。シーズンの終盤2戦に投入され、ケケ・ロズベルグがドライブしたが、ポイントを得ることはできなかった。

概要[編集]

D1のデザイナーはジョン・ジェントリーグスタフ・ブルナー[1]ウィングカーとして設計され[2]アルミニウムモノコックボディにフォード-コスワース DFVエンジンを搭載した[1]。シーズン始めから使用していたHS1ペンスキー・PC4の改良型)は戦闘力に欠け、それに代わって投入された[2]

レース戦績[編集]

レギュラードライバーのジャン=ピエール・ジャリエヨッヘン・マスはシーズンをHS1で苦戦していた。D1はオランダグランプリのプラクティスで初めて使用され[2]ケケ・ロズベルグのドライブで終盤2戦に出走した。アメリカグランプリでは予選15位、決勝はギアボックスのトラブルでリタイアとなった。最終戦のカナダでは予選21位、決勝は完走したものの規定周回数を満たすことはできなかった[1]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1978年 ATSレーシングチーム フォード-コスワース DFV G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
ESP
スペインの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
西ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
0 NC
フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ Ret NC

[編集]

  1. ^ a b c d ATS D1 @ StatsF1
  2. ^ a b c Nye, 1985, p. 164

参照[編集]

  • Nye, Doug (1985). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966-1985. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138376.