出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年5月7日 (木) 13:17; Lamenberg (会話 | 投稿記録) による版 (他の用法の追記。)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

(び)は、10-6(100万分の1)であることを示す漢字文化圏における単位である。の1/10、の10倍に当たる。

孫子算経』では「忽」が最小だが、北宋のものと言われる謝察微の『算経』には小数として「忽」の下に「微・繊・沙・塵・埃・渺」が見える。

メートル法SI接頭辞では「マイクロ(µ)」に相当する。このため、現代中国では「マイクロ」の訳語として多用される。「微軟(マイクロソフト)」・「微博(マイクロブログ)」・「微波炉(電子レンジmicrowave oven の訳語)」など。

なお、微という字には、「かすか」「わずかな」などの意味がある。

関連項目[編集]