.sg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
.sg
シンガポールの旗
施行 1988年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Singapore Network Information Centre
後援組織 Singapore Network Information Centre
利用地域 シンガポールに関係する団体・個人
使用状況 シンガポールで盛んに程度使われている。第三レベルへの登録には様々な制限がある。
登録の制限 シンガポールに居住しているか、商標などの登録があること。
階層構造 登録は第二レベルに直接か、第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 https://www.sgnic.sg/domain-registration.html
紛争解決方針 https://www.sgnic.sg/domain-dispute-2.html
ウェブサイト Singapore Network Information Centre
テンプレートを表示

.sg国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、シンガポールに割り当てられている。登録は、認可登録機関を通して行われる。

2011年、2つの国際化国別コードトップレベルドメインがシンガポールのために登録された。登録されたのは以下の2つで、シンガポールで使われている言語でそれぞれ「シンガポール」を意味する言葉である[1]

  • .新加坡中国語、DNS名 .xn--yfro4i67o)
  • .சிங்கப்பூர்タミル語、DNS名 .xn--clchc0ea0b2g2a9gcd)

2011年7月に既存のドメイン所有者からの受付を始め、2011年9月にそれらが有効化された[2]

第二レベルドメイン[編集]

以下の第二レベルドメインがある。

  • com.sg - 商業機関
  • net.sg - インターネットサービスプロバイダと情報プロバイダ
  • org.sg - Registry of Societiesの団体
  • gov.sg - 政府機関
  • edu.sg - 教育機関
  • per.sg - 個人
  • idn.sg - 中国語タミル語ドメイン名(2005年7月4日から2006年1月3日まで試行)
  • .sg - シンガポールに住所のある全ての個人・団体

脚注[編集]

外部リンク[編集]