.my

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
.my
マレーシアの旗
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Malaysia Network Information Centre
後援組織 MIMOS Berhad
利用地域 マレーシアに関係する団体・個人
使用状況 マレーシアで盛んに利用されている。
登録の制限 マレーシアに居住していることが求められる。またそれぞれのサブドメインに応じて様々な制限がある。
階層構造 登録は第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 Registration; FAQs; Agreement for registration of domain name
方針 Dispute Resolution Policy
ウェブサイト MYNIC
テンプレートを表示

.my国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、マレーシアに割り当てられている。現在はMalaysia Network Information Centre (MYNIC)が登録、課金、システム管理、ポリシー決定等の業務を行っている。MYNICは、2006年5月24日に民営化される以前は、政府の研究機関であるMIMOS Berhadの一部門であった。

ドメイン[編集]

ドメイン名の慣習[編集]

.myへの登録は、セカンドレベルドメインの下のサードレベルに登録されるが、近年、セカンドレベルに直接登録できるようにもなった。従って、.myドメインの構造は以下のようになる。

  • www.example.my
  • www.example.edu.my または
  • example-name.net.my

セカンドレベルドメイン[編集]

  • .com.my, 商業機関
  • .net.my, ネットワーク機関
  • .org.my, その他の機関
  • .gov.my, マレーシア政府機関
  • .edu.my, マレーシアの教育機関
  • .sch.my, マレーシアの学校
  • .mil.my, マレーシア軍
  • .name.my, マレーシアの個人

.name.myのサブドメインは個人用のものであり、それ以外は全て企業や組織の登録に限定される。

サードレベルドメイン[編集]

ドメイン名は、ローマ字であれば、英語マレー語ピン音タミル語等で無料で登録できる。しかし、MYNICは以下のような特定の単語の使用を制限している。

  • "Malaysia"、"Melaka"や"Johore"のような、国や州や有名な地名は、当局及び当局に認められた個人しか登録できない。
  • "Islam"、"Buddha"、"Hindu"、"Christianity"等、マレーシアの主な宗教と関係の深い言葉。
  • 「猥褻、醜聞、攻撃的、マレーシアの法に背く」ような言葉。
  • 金融大臣の認可を受けた者、"Banking and Financial Institutions Act 1989"の15条で規定された者以外は、"Bank"、"finance company"やこれに類する言葉を使えない。

外部リンク[編集]