.ps

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
فلسطين.から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
.ps
パレスチナの旗
施行 2000年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Palestinian National Internet Naming Authority(PNINA)
後援組織 Palestinian Information Technology Association of Companies(PITA)
利用地域 パレスチナに関係する団体・個人
使用状況 パレスチナである程度使われている。
登録の制限 制限なし。第三レベルドメインの登録は、どの第二レベルドメイン内にあるかによって制限がある。
階層構造 登録は第二レベルに直接か、第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 IANA reports: Delegation (2000), Redelegation (2004); ICANN MoU
紛争解決方針 DRS Policy
ウェブサイト nic.ps
テンプレートを表示

.ps国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、パレスチナ国に割り当てられている[1]

Palestinian National Internet Naming Authority(PNINA)によって管理され[2]、認定されたレジストラによって登録が行われる。

パレスチナ国の国際化国別コードトップレベルドメイン(IDN ccTLD)は.فلسطينであり、Punycodeでは.xn--ygbi2ammxと表される[2]

2013年2月6日、パレスチナ国のISO 3166-1コードは、ccTLDに合わせてPSに変更された。

第二レベルドメイン[編集]

登録は第二レベルドメインだけでなく、第三レベルドメインでも行うことができる[3]

  • .ps: 誰でも登録できる(パレスチナに関係しなくても良い)[4]
  • com.ps, net.ps, org.ps: 無制限[3]
  • edu.ps: 教育機関
  • gov.ps: パレスチナ自治政府(PNA)と政府の機関
  • sch.ps: 義務教育機関、幼稚園

ドメインハック[編集]

WebサービスのMeetupmeetu.psメリーランド大学が大学のスポーツチーム"Terps"に因んでter.ps[5]を取得するなど、ドメインハックにも使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ Delegation Record for .PS
  2. ^ a b IANA — Report on the Delegation ofفلسطين. ("Falasteen") representing the Occupied Palestinian Territory in Arabic”. 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ a b PNINA Registration Policies and Procedures for Registering Domains under the .ps ccTLD”. The Palestinian National Internet Naming Authority. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ How to register a .PS domain?”. The Palestinian National Internet Naming Authority. 2020年4月21日閲覧。 “Anyone, Palestinians and non-Palestinians, from businesses to organizations to individuals, can register a .ps domain name”
  5. ^ http://ter.ps/new.php

外部リンク[編集]