.pw

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
.pw
パラオの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 PW Registry Corporation
後援組織 Micronesia Investment and Development Corporation
利用地域 パラオに関係する団体・個人
使用状況 個人用の電子メールアドレスとして販売されている。
登録の制限 なし
階層構造 登録はセカンドレベルドメインの下のサードレベルか、サードレベル相当の電子メールアドレスとして行われる。
方針 PWTLD dispute resolution policy
ウェブサイト PW Registry
テンプレートを表示

.pw国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、パラオに割り当てられている。

.pwドメインは、初期の.nameドメインと同じように、個人の登録用に開放されている。ここではjohn.smith.pwというドメインやそれに対応するjohn@smith.pwという電子メールアドレスを取得することができるが、セカンドレベルへの新規の登録は認められていない。商標の保有者は、防衛のための登録をすることができる。

.pwで提供されている個人用電子メールには、ホワイトリストの使用によるスパム防止機能が実装されている。送信者はメッセージを送信する前に認可を受ける必要がある。

パラオ国内向けには、以下の6つのセカンドレベルドメインが用いられている。

  • com.pw:商業向け、制限なし
  • net.pw:サービスプロバイダ向け、制限なし
  • org.pw:非営利組織向け、組織は登録が必要
  • edu.pw:教育機関向け、教育省の認可が必要
  • gov.pw:政府機関のみ
  • belau.pw:土着の芸術、歴史、文化、観光等の利用、制限なし

2008年時点で、パラオのリアリティ番組Survivor: Palauのサイトsurvivorpw.pw以外では、本当にパラオと関連する利用はほとんどない。

パラオ政府でさえ、.pwドメインを使わず、プロバイダ用の.netドメインを用いたpalaugov.netというサイトである。ワシントンD.C.にあるパラオ大使館のサイトも同様に、商業機関用の.comドメインを用いたpalauembassy.comである。

外部リンク[編集]