鷲別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鷲別駅
外観(2009年7月)
外観(2009年7月)
わしべつ
Washibetsu
H32 東室蘭 (1.9km)
(7.7km) 幌別 H30
所在地 北海道登別市鷲別町2丁目
駅番号 H31
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 室蘭本線
キロ程 79.1km(長万部起点)
電報略号 ワヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
413人/日(降車客含まず)
-2014年度-
開業年月日 1901年明治34年)12月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

鷲別駅(わしべつえき)は、北海道登別市鷲別町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H31電報略号ワヘ。 駅名の由来はアイヌ語の「チウ・アシ・ペツ(波の立つ川)」から。

室蘭市登別市の境界線上に位置している。全ての普通列車のほか、L特急すずらん」が停車する。

歴史[編集]

1976年の鷲別駅と周囲約750m範囲。左下が室蘭方面で東室蘭操車場が広がり、当駅は操車場の北東側端部に位置する。右上には鷲別機関区の南西端が見える。現在とは異なり、本線上下線は操車場を間に挟んで分かれ、このためホームも上下間が広く開き、しかも千鳥状にずれた相対式ホームとなっている。駅舎本屋は上り側にある。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホーム間の移動は跨線橋で行なう。かつては上下線が東室蘭操車場の抱え込みのため離れていたが、1996年に旧上りホームおよびその脇の旧駅舎を廃止し、昔からの下りホームに接して新しい駅舎を建て、上りホームを下りホームの向かいに新設した。

2015年11月1日より無人駅となった。簡易自動券売機設置。駅舎は前述のように新しいものであり、比較的大きい。

駅の苫小牧寄りには日本貨物鉄道(JR貨物)の鷲別機関区があったが、機能を五稜郭機関区に移管したため廃止となった。駅の東室蘭寄りにあった東室蘭操車場は配線を変更してJR貨物の東室蘭駅となったほか、売却された用地が住宅地として分譲された。

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗車人員413人である。

年度 1日平均
乗車人員
2008年 326
2009年 332
2010年 347
2011年 347
2012年 362
2013年 379
2014年 413

駅周辺[編集]

駅の直下を北海道道107号室蘭環状線がアンダーパスで通過しており、駅北側には線路に並行して北海道道782号上登別室蘭線が通る。駅北側ではこの2本の幹線道路沿いは都市計画上の近隣商業地域または準住居地域となっており、商業施設の立地が見られる。駅南側は道道107号を挟んで西側が準工業地域、東側は第一種住居地域となっている[6]

駅北側(駅舎側)[編集]

駅南側[編集]

  • 道南バス「鷲別駅前」停留所(道道107号線沿い)[7]
  • 室蘭市公設地方卸売市場
  • 室蘭ガス本社
  • 鷲別郵便局
  • 登別市役所鷲別支所
  • 登別市立鷲別小学校
  • 登別市立鷲別中学校
  • 国道36号
  • 鷲別岬
  • 鷲別神社

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
東室蘭駅 (H32) - (貨)東室蘭駅 - 鷲別駅 (H31) - 幌別駅 (H30)

脚注[編集]

  1. ^ 北海道炭礦鐵道 第二十五回営業報告。『官報 1901年12月5日』
  2. ^ 官報告示:輪西-鷲別間2M22C(約3.64km)から2.6M(約4.16km)へ。『官報 1903年4月25日』
  3. ^ 北海道炭礦鐵道 第二十六回営業報告 明治35年3月17日簡易停車場から本停車場への設計変更認可、明治35年6月17日位置変更認可、第二十八回営業報告 明治36年3月25日使用許可。
  4. ^ 札幌工事局70年史 P522。詳細資料は失われている。
  5. ^ 来月から登別・鷲別駅無人化、朝は改札員を配置”. 室蘭民報 (2015年10月6日). 2016年2月11日閲覧。
  6. ^ 室蘭市都市計画図の閲覧”. 室蘭市. 2016年2月11日閲覧。
  7. ^ かつて駅舎が上り線側にあった時代は「鷲別駅前」がその名の通り最寄りであったが、駅舎が下り線側に移った現在では「高砂小学校前」「上鷲別入口」が最も近い停留所となっている

参考文献[編集]

関連項目[編集]