高島祥平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙島祥平」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙島 祥平
CD-Syouhei-Takashima20100509.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県朝霞市
生年月日 (1990-08-04) 1990年8月4日(27歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト4位
初出場 2010年6月6日
最終出場 同上
年俸 510万円(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙島 祥平(たかしま しょうへい、1990年8月4日 - )は、埼玉県朝霞市出身の元プロ野球選手投手)。現在は、中日ドラゴンズ打撃投手

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

朝霞市立朝霞第二小学校時代は野球が嫌いで、2年生から6年生までアイスホッケーのクラブチーム「西武ホワイトベアーズ」でディフェンダーを担当。主将を務めた6年生の時には関東大会で優勝。東京都選抜チームにも選出され全国大会第3位。朝霞市立朝霞第二中学校では野球好きの父親に請われる形で軟式野球部に入部。Kボールの埼玉県選抜チーム「藤倉オールスターズ」(現・埼玉スーパースターズ)ではエースとして全国優勝。続くアジア大会では準優勝。

帝京高校進学後は名門ながら1年夏からベンチ入り。第88回全国高等学校野球選手権大会では背番号18を付け智辯和歌山高校戦に先発するも3回3失点で降板し、チームも9回裏に4点差を逆転されベスト8。第79回選抜高等学校野球大会ではベスト4。第89回全国高等学校野球選手権大会では優勝した佐賀北高校に敗れベスト8。

2008年のドラフト会議中日ドラゴンズから4位指名を受け、入団。

プロ入り後[編集]

二軍スタートだったが練習試合で好投し、春季キャンプ終盤に山本昌平井正史とともに一軍に合流した。そして、2月28日の東京ヤクルトスワローズとのオープン戦で1994年平田洋以来15年ぶりである高校生新人投手の登板を果たす。しかし、上田剛史に2ランを打たれるなど1イニング4安打1四球3失点であった。

シーズン開幕は二軍で迎えた。ファームでは中継ぎで起用されていたが、5月5日ベーブルース杯の決勝戦に先発で出場。5回を1安打無失点に抑え、チームの初優勝に貢献した。

2010年6月6日の対西武戦でリリーフとしてプロ入り初登板するも、1回5失点とほろ苦いデビューとなった。この年の一軍での登板は結局この1試合のみで、防御率45.00という数字を残してしまった。

2011年は一度も一軍へ昇格することができず、この年のドラフト4位で入団した辻孟彦に背番号35を譲る形となり、68に変更された。

2012年も一度も一軍へ昇格することはなく、2012年10月2日に戦力外通告を受けた。同年オフの12球団合同トライアウトを受験するも、打者4人に対し被安打1与四球2と結果を残すことができず、その後現役引退を表明した。

現役引退後[編集]

2013年10月22日に、打撃投手として中日へ1年振りに復帰した。

選手としての特徴[編集]

小柄なオーバースロー右腕でありながら、野球は中学校入学後から取り組んだもののそれまでのアイスホッケーで鍛えた力を活かし、高校3年の春には最速の152km/hを計測した[1]。変化球の主な持ち球はスライダーを武器に打者を打ち取る[2]。しかし、プロでは制球力に難があるなど課題を残していた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.0 3 0 4 0 0 1 2 0 5 5 45.00 7.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.0 3 0 4 0 0 1 2 0 5 5 45.00 7.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2009年 - 2011年)
  • 68 (2012年)
  • 112 (2014年 - )

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]