井藤真吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井藤 真吾
Ito Shingo.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県武儀郡武芸川町(現:関市
生年月日 (1990-05-27) 1990年5月27日(27歳)
身長
体重
185 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 ドラフト7位
初出場 2013年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井藤 真吾(いとう しんご、1990年5月27日 - )は、岐阜県武儀郡武芸川町(現:関市)出身のプロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中京大中京高では2年までエースであったが、打撃に専念するため外野手に転向する。3年春には、第80回選抜高等学校野球大会に出場。初戦で明徳義塾高に延長10回の末2-3でサヨナラ負けを喫する。夏は、西愛知予選準決勝で愛知啓成高に4-8で敗退。

2008年10月30日プロ野球ドラフト会議にて中日ドラゴンズから7位指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

2009年2010年シーズンとも一軍出場はなく、二軍でも主に代走などでしか起用がなく、2010年12月2日自由契約選手として公示され、翌シーズンから育成選手として引き続き中日と契約した[1]

2011年、打率.059、1HR、1打点。2012年は打率.263、0HR、19打点とそれぞれ二軍で残している。2012年のオフに台湾で行われたアジア・ウィンター・リーグでは20試合46打数18安打、打率.391で8打点の成績を残した。2013年7月22日、再び支配下選手登録されることが球団より発表された[2]。背番号は46だったが、シーズン終了後には60に変更された。

2014年10月1日に球団から戦力外通告を受ける[3]。12月2日、自由契約公示された[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 中日 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 62 (2009年 - 2010年)
  • 205 (2011年 - 2013年途中)
  • 46 (2013年途中 - 同年終了)
  • 60 (2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 来季の選手契約について”. 中日ドラゴンズ (2010年12月2日). 2012年8月23日閲覧。
  2. ^ 井藤選手が支配下選手登録に”. 中日ドラゴンズ (2013年7月22日). 2013年7月23日閲覧。
  3. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2014年10月1日配信
  4. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]