平田洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平田 洋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊田市
生年月日 (1975-11-25) 1975年11月25日(41歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 ドラフト1位
初出場 1994年8月11日
最終出場 1995年9月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

平田 洋(ひらた ひろし、1975年11月25日 - )は、愛知県豊田市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

豊田大谷高から1993年ドラフト1位で中日に入団。

実は中日だけではなくオリックスもドラフト1位で指名する方針だったこと、当時寮生活を送っていた豊田大谷高まで関係者が挨拶に来ていたことを、ドラフト会議後に放送されたサンデードラゴンズにおいてゲスト出演していた平田本人が明かしていた。だが平田が中日入りを熱望しオリックスへの入団を拒否する構えを見せたため、結局オリックスは平田の獲得を諦め、平井正史を1位指名する方針に変えたというエピソードが、番組内でのドキュメンタリーにて放送されている。

甲子園出場の経験は無いものの、その潜在能力の高さから「高校ナンバーワン投手」と評価されていた[1]。契約金は1億円で、当時の高校生としては中日球団の史上最高額だった。当初から本格派右腕としての高い潜在能力を評価され、速球を武器に将来のエースとして期待されていた。

ルーキーイヤーの1994年、2軍では1年間先発ローテーションを守り通すなど活躍。だが、ナゴヤ球場でのヤクルト戦でプロ初登板した際、4失点。1/3回を投げるに留まった。その試合でバッテリーを組んだ中村武志は、「38球のうち良かったのは1球だけだった」と語っている。その後も度重なる故障で伸び悩み、1998年には背番号11を同い年で大卒新人の川上憲伸に明け渡し、代わりに与えられた背番号17もシーズン途中入団の新外国人サムソン・リーが強く希望したため剥奪され、背番号60に降格となったあげく同年限りで戦力外通告を受ける。

その後近鉄の入団テストを受け合格するも1軍昇格はならず、わずか1年で戦力外通告を受け、引退した。

現役引退後は地元の企業に就職し、軟式野球部でプレーしていた。[要出典]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 中日 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 0.1 2 1 3 0 0 0 0 4 4 108.00 15.00
1995 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 19 3.0 8 2 2 0 4 0 0 8 8 24.00 3.33
通算:2年 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 26 3.1 10 3 5 0 4 0 0 12 12 32.40 4.50

背番号[編集]

  • 11 (1994年 - 1997年)
  • 17 (1998年)
  • 60 (1998年)
  • 62 (1999年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1998年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]