辻孟彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
辻 孟彦
Tsuji takehiko.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 (1989-07-27) 1989年7月27日(28歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト4位
初出場 2013年4月28日
最終出場 2013年4月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

辻 孟彦(つじ たけひこ、1989年7月27日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

京都府京都市出身。京都市立藤森中学校時代は、京都ヴィクトリーズに所属。3年時には、エースとして全国大会ベスト8に進出。全日本選抜にも選出され、世界大会で3位の実績を残した[1]。中学、高校と1年先輩にチームメイトの大野雄大がいる。

京都外大西高に進学をするが、1年時に右を故障。投げる度に肘が痺れ、マウンドから本塁まで投球が届かない状態が続いたが[1]一塁手として守備練習をしながら、筋力強化や足腰を鍛えるトレーニングを続けた。肘の痺れが取れた、2年時の夏になってベンチ入り。3年時の夏は、背番号3の一塁手兼任投手ながら京都府予選では6試合中4試合で先発を任され同校を2年振りの優勝に導いた。第89回全国高等学校野球選手権大会では、3回戦の長崎日大高戦に先発するも、4回1/3を2失点で降板。チームも4-5で敗退した。

高校卒業後は、首都大学野球連盟加盟の古豪日本体育大学に進学。1年時の春からリーグ戦登板し、2年時から先発に定着する。4年時の春は、14試合中13試合に登板するフル回転を見せ、宿敵菅野智之投手要する東海大学を倒し同校の20回目の優勝に貢献し、リーグ新記録の10勝、リーグタイ記録の5完封を挙げMVPに輝いた。首都大学リーグ通算63試合登板、22勝18敗、防御率2.07、175奪三振。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから4位指名を受けた。背番号は35。

2012年ウエスタン・リーグ開幕投手を務めるなど23試合に登板し、2勝を挙げたが一軍での登板はなかった。

2013年、一軍で初登板、中継ぎ抑えとして起用された。

2014年二軍でも防御率5.96と成績が振るわず、一軍での登板はなかった。なお、二軍での打撃成績は、11打数5安打二塁打1、三塁打1)、打点3、打率.455、長打率.727の好成績を残している[2]10月1日に球団から戦力外通告を受ける[3]。12月2日、自由契約公示された[4]。 引退後は母校・日本体育大学のコーチに就任。

選手としての特徴・人物[編集]

最速147km/hのストレートを持つが、普段はコントロールを重視し140km/h前後であり、カットボールカーブフォークチェンジアップなどタイミングを外す変化球で勝負するタイプ。ずば抜けた球は無いが、全ての球種を低めに集めることが出来るコントロールが武器である[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 中日 13 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 83 19.2 20 1 8 0 0 15 3 0 10 10 4.58 1.42
通算:1年 13 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 83 19.2 20 1 8 0 0 15 3 0 10 10 4.58 1.42
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2012年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ a b エースの座競って成長 京都外大西・辻孟彦投手”. asahi.com (2007年8月18日). 2011年11月3日閲覧。
  2. ^ 2014年度 中日ドラゴンズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月3日閲覧。
  3. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2014年10月1日配信
  4. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  5. ^ 【中日4位】辻孟彦 中日・吉見タイプ 菅野に黒星つけた実戦的右腕”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2011年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]