辻孟彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辻 孟彦
日本体育大学硬式野球部 コーチ #51
Tsuji takehiko.jpg
中日投手時代の2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 (1989-07-27) 1989年7月27日(32歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト4位
初出場 2013年4月28日
最終出場 2013年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 日本体育大学

辻 孟彦(つじ たけひこ、1989年7月27日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手投手)。2014年限りで現役を引退してからは、母校の日本体育大学で投手コーチを務めるかたわら、同大学の大学院で修士(コーチング学)の学位を取得している[1]

経歴[編集]

京都市立藤森中学校への在学中に京都ヴィクトリーズに所属。3年時には、エースとして全国大会での準々決勝進出、全日本選抜の一員として世界大会での3位進出を経験した[2]

中学校からの卒業後に京都外大西高等学校へ進学した、1年時に右肘を故障。投球のたびに肘の痺れでマウンドから本塁まで投げられない状態だった[2]ため、一塁手としての守備練習をこなししながら、筋力や足腰の強化に励んだ。右肘の痛みが癒えた2年時の夏からベンチ入りを果たすと、3年時夏の第89回全国高等学校野球選手権大会には、背番号3の一塁手兼投手として出場。京都大会では6試合中4試合で先発を任された末に、チームを2年振りの本大会出場に導いた。本大会では長崎日大高校との3回戦で先発したが、2点を失った末に4回1/3で降板。チームも、4 - 5というスコアで敗退した。

高校からの卒業後に日本体育大学へ進学すると、1年時の春からは、首都大学野球のリーグ戦に登板。2年時から先発に定着した。4年時の春季リーグでは、14試合中13試合に登板した末に、チーム通算20回目の優勝に貢献。さらに、リーグ新記録の10勝、リーグタイ記録の5完封を記録したことからMVPに選ばれた。在学中には、リーグ戦通算で63試合に登板。22勝18敗、防御率2.07、175奪三振という成績を残した。

2011年のNPBドラフト会議で、中日ドラゴンズから4巡目で指名。契約金4,500万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で、中学校・高校での1学年先輩である大野雄大と三度チームメイトになった。背番号は35

プロ入り後[編集]

2012年には、新人ながら、二軍のウエスタン・リーグ公式戦で開幕投手に抜擢。23試合に登板したが、2勝7敗、防御率4.06という成績で、一軍公式戦への登板機会はなかった。

2013年には、4月28日の対広島東洋カープ6回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)7回裏に一軍公式戦へデビュー。中継ぎクローザーとして起用される一方で、7月4日の同カード(ナゴヤドーム)では、一軍公式戦での初先発も経験した。一軍公式戦では通算で13試合に登板したものの、勝敗は付かなかった。

2014年には、ウエスタン・リーグ公式戦18試合に出場。投手としては1勝4敗、防御率5.96と振るわなかったものの、打者としては11打数5安打二塁打1、三塁打1)、打点3、打率.455、長打率.727という好成績を残した[3]。しかし、一軍公式戦への登板機会はなく、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[4]

わずか3年間の在籍で戦力外通告を受けたため、通告の直後には、社会人野球の複数のチームから入部を打診されていた。しかし、日本体育大学への在学中に指導を受けた硬式野球部監督の古城隆利から大学への復帰を勧められたことがきっかけで、現役引退を決意[1]。在学中に志していた指導者への転身を視野に、学生野球資格回復研修を受講した。2014年12月2日付で、自由契約選手としてNPBから公示[5]

現役引退後[編集]

2015年1月30日付で日本学生野球協会から学生野球資格回復の適性を認定されたこと[6]によって、同協会に加盟する大学・高校の野球部を指導できるようになったため、同年4月1日付で日本体育大学の硬式野球部に投手コーチとして復帰。中日の投手時代にチームメイトの山本昌から受けたアドバイスを基に、「指導法に正解はなく、選手が100人いれば100パターンの教え方がある」「選手の成長を妨げない」というモットーを掲げながら[1]松本航東妻勇輔吉田大喜森博人といった右投手を4年時のNPBドラフト会議で2巡目までに指名されるレベルへ育て上げた(いずれも指名された球団で卒業後にプレー)[7]2018年4月からは、硬式野球部での投手指導を続けながら、大学院体育科学研究科の博士前期課程(コーチング学専攻)でコーチング学やバイオメカニクスを研究。2020年3月に、修士(コーチング学)の学位を取得している[1]

選手としての特徴・人物[編集]

ストレートで最速147km/hを計測していながら、通常の登板では、ストレートの球速を140km/h前後にとどめる代わりに制球を重視。カットボールカーブフォークチェンジアップなどの変化球で、打者のタイミングを外していた。全ての球種を低めに投げられるほどの制球の良さが持ち味[8]で、中日2年目(2013年)の春季二軍キャンプでは、当時二軍監督だった投手出身の鈴木孝政から「お前のチェンジアップは(『投げられる選手が限られている』という意味で)一級品」とのお墨付きを得ていた[9]

吉本興業に所属するお笑いコンビニッポンの社長」の辻は実兄。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 中日 13 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 83 19.2 20 1 8 0 0 15 3 0 10 10 4.58 1.42
通算:1年 13 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 83 19.2 20 1 8 0 0 15 3 0 10 10 4.58 1.42

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2012年 - 2014年)

関連情報[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2年連続プロ野球へ好投手輩出 日体大・辻孟彦コーチの「100人いたら100通り」の指導哲学”. REALSPORTS (2020年3月28日). 2020年6月26日閲覧。
  2. ^ a b エースの座競って成長 京都外大西・辻孟彦投手”. asahi.com (2007年8月18日). 2011年11月3日閲覧。
  3. ^ 2014年度 中日ドラゴンズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月3日閲覧。
  4. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2014年10月1日配信
  5. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  6. ^ 学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者日本学生野球協会
  7. ^ 2020年もドラフト候補がいる日体大。辻コーチが築いた投手王国っぷり。”. NumberWeb (2019年10月30日). 2020年6月26日閲覧。
  8. ^ 【中日4位】辻孟彦 中日・吉見タイプ 菅野に黒星つけた実戦的右腕”. Sponichi Annex (2011年10月27日). 2011年11月3日閲覧。
  9. ^ 山本昌、浅尾らと流した汗を指導に生かす――元中日、日体大・辻孟彦コーチが“忘れられない言葉””. Sponichi Annex (2020年9月24日). 2020年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]