駅までの道をおしえて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
駅までの道をおしえて
著者 伊集院静
イラスト 井筒啓之
発行日 2004年10月27日
発行元 講談社
ジャンル 短編小説集
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 298
公式サイト kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4-06-212638-0
ISBN 978-4-06-275663-1文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

駅までの道をおしえて』(えきまでのみちをおしえて)は、伊集院静の短編小説集[1]2001年から2004年にかけて講談社発行の月刊小説誌である『小説現代』掲載された8編の短編小説が収められている[1]2004年10月27日単行本[1]講談社から、2007年3月15日文庫本[2]講談社文庫から刊行された。

表題作「駅までの道をおしえて」が橋本直樹脚色・監督、新津ちせ主演で映画化され、2019年10月18日に公開された[3]

概要[編集]

愛犬を亡くした主人公の少女、サヤカと老人のフセコウタローの交流を主題としている。

収録作品[編集]

  1. 駅までの道をおしえて(初出:『小説現代』〈講談社〉2004年9月号)
  2. シカーダの夏(初出:『小説現代』〈講談社〉2004年10月号)
  3. バラの木(初出:『小説現代』〈講談社〉2001年10月号)
  4. 冬のけむり(初出:『小説現代』〈講談社〉2001年12月号)
  5. 2ポンドの贈り物(初出:『小説現代』〈講談社〉2004年9月号)
  6. 渡月橋(初出:『小説現代』〈講談社〉2002年3月号
  7. 花守(初出:『小説現代』〈講談社〉2001年6月号)
  8. チョウさんのカーネーション(初出:『小説現代』〈講談社〉2004年9月号)

あらすじ[編集]

書誌情報[編集]

映画[編集]

駅までの道をおしえて
監督 橋本直樹
脚本 橋本直樹(脚色)
原作 伊集院静
出演者 新津ちせ
有村架純
笈田ヨシ
坂井真紀
滝藤賢一
羽田美智子
マキタスポーツ
余貴美子
柄本明
市毛良枝
塩見三省
音楽 原 摩利彦
主題歌 コトリンゴ 「ここ」
製作会社 映画「駅までの道をおしえて」production committee
配給 キュー・テック
公開 日本の旗2019年10月18日
上映時間 125分[4]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

脚色・監督は橋本直樹で、2019年10月18日に全国70スクリーンで公開された[3][5]。主演は新津ちせ[6]

中国韓国台湾での公開が予定されている[5]

製作[編集]

主人公・サヤカ役は2017年春から3か月間かけて一般公募によるオーディションが行われ、4次審査にまで及ぶ選考を経て、当時小学1年生だった新津ちせが選出された[7][8]。新津は本作が映画初主演となる[6]。2018年6月13日、新津ちせ主演で映画化されることが発表された[9]

撮影半年前からルー役の生後3か月の白い柴犬が新津家に預けられ、新津は寝起きを共にする共同生活を経て距離を縮め撮影に臨んだ。撮影は、少女の成長がリアルタイムに感じられるように、時系列に沿って季節を追いつつ1年半をかけて行われている[7][8][6]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

タイアップ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『駅までの道をおしえて』:単行本”. 講談社. 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ a b 『駅までの道をおしえて』:文庫”. 講談社. 2019年7月18日閲覧。
  3. ^ a b “笈田ヨシ、新海誠監督の娘・新津ちせと76歳差の友達に 映画『駅までの道をおしえて』追加キャスト発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2136131/full/ 2019年6月23日閲覧。 
  4. ^ 駅までの道をおしえて:作品情報”. 映画.com. 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ a b “新津ちせちゃん主演「駅までの道をおしえて」中国、韓国、台湾での公開が決定”. 映画.com. (2019年10月19日). https://eiga.com/news/20191019/8/ 2019年10月19日閲覧。 
  6. ^ a b c 石井健 (2019年10月12日). “「パプリカ」歌って人気 9歳の新津ちせちゃんが映画初主演”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/article/20191012-5EEHQXPNRFNH7AESGDV7H3XYLU/ 2019年10月18日閲覧。 
  7. ^ a b “新海監督の娘新津ちせが伊集院静氏原作映画で初主演”. 日刊スポーツ. (2018年6月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806130000581.html 2019年10月18日閲覧。 
  8. ^ a b “新海誠監督の愛娘・新津ちせ映画初主演! 伊集院静「駅までの道をおしえて」実写化”. シネマカフェ (イード). (2018年6月13日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/06/13/57145.html 2019年10月18日閲覧。 
  9. ^ “新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演! 伊集院静の小説が15年ぶり映画化”. 映画.com. (2018年6月18日). https://eiga.com/news/20180613/15/ 2019年6月23日閲覧。 
  10. ^ “有村架純が新津ちせ主演作「駅までの道をおしえて」でモノローグ担当”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月25日). https://natalie.mu/eiga/news/336897 2019年7月18日閲覧。 
  11. ^ a b c “滝藤賢一、坂井真紀、笈田ヨシら出演 新津ちせ主演映画『駅までの道をおしえて』追加キャスト発表”. Real Sound (blueprint). (2019年5月24日). https://realsound.jp/movie/2019/05/post-364935.html 2019年7月18日閲覧。 
  12. ^ “映画『駅までの道をおしえて』主題歌はコトリンゴ “ここ” 予告編公開”. CINRA.NET (シンラ). (2019年7月17日). https://www.cinra.net/news/20190717-ekimadenomichi 2019年7月18日閲覧。 
  13. ^ “京急120周年記念 伊集院静原作映画「駅までの道をおしえて」とタイアップ決定! 愛犬がもたらす、女の子とおじいさんの絆の物語” (プレスリリース), 京浜急行電鉄株式会社, (2018年6月13日), https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180613HP_18054NS.html 2019年7月18日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f g タイアップ
  15. ^ “2019年秋 公開 “伊集院 静”原作映画『駅までの道をおしえて』とのタイアップが決定!” (プレスリリース), 幸楽苑, (2018年11月29日), https://www.kourakuen.co.jp/storage/brand_info/attachment/83/20181129_NewsRelease.pdf 2019年7月18日閲覧。 
  16. ^ “マイナビ、伊集院静原作 映画『駅までの道をおしえて』とタイアップ” (プレスリリース), マイナビ, (2018年12月25日), https://www.mynavi.jp/sponsorship/news/2018/12/post_18733.html 2019年7月18日閲覧。 

外部リンク[編集]