阿賀野川橋梁 (白新線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿賀野川橋梁
阿賀野川橋梁(白新線).jpg
阿賀野川橋梁。向かって左側が豊栄方面、右側が新潟方面
基本情報
日本の旗 日本
所在地 新潟県新潟市東区(左岸)
新潟県新潟市北区(右岸)
交差物件 阿賀野川
建設 第1代 - 1956年
第2代 - 1979年
構造諸元
形式 複線下路式平行弦ワーレントラス13連
全長 約1,200 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

阿賀野川橋梁(あがのがわきょうりょう)は、新潟県新潟市東区北区に跨る阿賀野川に架かる東日本旅客鉄道(JR東日本)白新線鉄道橋である。

概要[編集]

阿賀野川橋梁 (白新線)の位置(白新線内)
阿賀野川橋梁 (白新線)
白新線内での位置

白新線の沼垂駅(現(貨)沼垂駅) - 葛塚駅(現豊栄駅)間の延伸工事に伴って1956年(昭和31年)に完成した。大形駅 - 新崎駅間の阿賀野川に架かる全長1,200 mの橋梁である。

1979年(昭和54年)に、東新潟駅新潟操車場) - 新崎駅間の複線化工事に伴い、阿賀野川の上流側に新しく架け替えられたのが現在のトラス橋(2代目)である[1]

初代橋梁はアーチなしの鉄橋としては当時日本一の長さを誇っていた[2]。複線化後、横河工事により手延式引戻し工法で撤去されている。これは、センターホールジャッキで橋桁をジャッキアップし、手延機に橋桁を連結し、かつ自走台車に乗せてから引戻して撤去するというものである[3]。また、初代橋梁の橋名板は国鉄から豊栄市に寄贈されている[4]

構造[編集]

初代の橋梁は、単線上路式プレートガーダーの形式である。長さ36.4m x 24連、25.4m x 2連からなっていた[5]

2代目の橋梁は、複線下路式平行弦ワーレントラス13連の形式であり、トラスは1977年(昭和52年)製造の日本橋梁製である。

歴史[編集]

  • 1940年昭和15年)8月20日 - 着工[6]
  • 戦争による資材不足で建設中止、橋脚だけは完成した[7]
  • 1953年(昭和28年)12月5日 - 橋げた架設工事開始[8]
  • 1954年(昭和29年)9月25日 - 橋げた架設工事完了[5]
  • 1956年(昭和31年)4月15日 - 開通により供用開始。
  • 1974年(昭和49年)
    • 9月20日 - 複線用橋梁下部工事の準備作業着工[9]
    • 11月7日 - 複線用橋梁工事起工式挙行[10]
  • 1976年(昭和51年)3月末 - 複線用橋梁下部工事完了[11]
  • 1979年(昭和54年)9月18日 - 複線化に伴い複線用橋梁供用開始。

周辺[編集]

左岸側[編集]

右岸側[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 県道16号と交差する辺りから、県道15号と交差する辺りまで旧線跡の築堤が確認できる。
  2. ^ 『アーチなしで日本一 阿賀野川鉄橋近く完成』昭和29年9月27日読売新聞新潟読売B
  3. ^ 横河工事株式会社 工法資料室にて紹介されている「送出し工法(自走台車)」の逆手順が「手延式引戻し工法」である。
  4. ^ 広報とよさか昭和55年8月20日第244号
  5. ^ a b 『アーチなしで日本一 阿賀野川鉄橋近く完成』昭和29年9月27日読売新聞新潟読売B
  6. ^ 『恙蟲消毒費まで計上 阿賀野川鐵橋廿日から着工』昭和15年8月13日読売新聞新潟読売B
  7. ^ 昭和21年10月29日の空中写真で橋脚が確認できる、なお隣にあるのは旧泰平橋。
  8. ^ 『ものいう新鋭機械力 バンゲタ式の架橋 阿賀野川鉄橋工事13名で始まる』昭和28年12月8日読売新聞新潟読売B
  9. ^ 『白新線 複線化工事スタート まず阿賀野川橋梁から 全線の完成は53年 国鉄信工局が施工』昭和49年11月9日交通新聞1面
  10. ^ 『53年完成めざし 白新線 複線化工事始まる』昭和49年11月8日新潟日報朝刊15面
  11. ^ 『橋ケタ架設始まる 白新線・阿賀野川橋りょう建設』昭和51年4月13日交通新聞1面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度55分9.6秒 東経139度8分44.1秒