蟹川橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
福島県道59号標識

蟹川橋(かにかわばし)は、福島県会津若松市一級河川阿賀川に架かる福島県道59号会津若松三島線橋梁

概要[編集]

東側は会津若松市神指町南四合付近、西側は同市北会津町蟹川付近に位置する。本橋の東側には、花春酒造の本社工場が存在するほか、周辺には県道と国道118号若松西バイパスとの交差点などが存在している。また、本橋北付近で阿賀川に湯川放水路が流れ込んでいる。本橋西側は福島県道152号橋本会津高田線との交差点になっており、周辺は水田などが広がる。加えて、本橋と会津大橋の間に新しい橋を架ける計画がある[1]

かつては幾筋もの川に板を渡したものであったが、洪水の度に流されていたため、大正3年に木造の永久橋がかけられた。後に老朽化と交通量の増大のため現在のコンクリート製の橋が1959年(昭和34年)10月に完成した。対向2車線の道路であるが幅員は十分とは言えず、歩道橋が別に架橋されている。

橋梁のデータ[編集]

  • 長さ : 550m
  • 車線 : 片側1車線(上下線合計2車線)

沿革[編集]

  • 1912年 - 蟹川橋組合により、初代固定橋の蟹川橋起工
  • 1915年 - 初代固定橋の蟹川橋竣工
  • 1954年 - 現在の蟹川橋が起工
  • 1959年 - 現在の蟹川橋が竣工

周辺[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 北会津村誌 pp146-147

座標: 北緯37度30分2.7秒 東経139度53分14.6秒