第三大川橋梁 (会津鉄道会津線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第三大川橋梁を渡る会津鉄道お座トロ展望列車。

第三大川橋梁(だいさんおおかわきょうりょう)は、福島県南会津郡下郷町阿賀川(大川)に架かる会津鉄道会津線鉄道橋である。

概要[編集]

国鉄会津線(現・会津鉄道会津線)の上三寄駅(現芦ノ牧温泉駅) - 湯野上駅(現湯野上温泉駅)間の延伸工事に伴って1932年(昭和7年)に完成した。桑原駅(現芦ノ牧温泉南駅) - 湯野上駅間の阿賀川(大川)に架かる全長124mの橋梁である。

大川ダム建設による阿賀川(大川)の増水を考慮して、1980年(昭和55年)に現在の橋梁(2代目)に架け替えられた[1]。また、本橋梁は1980年(昭和55年)度の土木学会田中賞(作品部門賞)を受賞している。

構造[編集]

初代は、単線上路ワーレントラス1連 + 上路プレートガーダー4連の形式である。

2代目は、単線上路ワーレントラス1連[2] + 上路プレートガーダー4連の形式であり、横河橋梁製作所(現横河ブリッジ)製である。トラスの鋼材には、塗装を必要としない耐候性鋼[3]が採用されており、設計・施工の先駆的存在でもある。

周辺[編集]

その他[編集]

会津線旧線は本橋梁の桑原方で分岐し、トンネル(封鎖されているが現存)を通過後、阿賀川(大川)の名所「目覚ガ淵」に架かる第二大川橋梁廃橋)を渡っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 架け替え以前は、第二大川橋梁から第五大川橋梁まで同じ形式のトラス橋であった。
  2. ^ 初代のトラスより桁高が低くなり、副材としての垂直材が無くなっている。その代わり、橋脚は高さを合わせるため長くなっている。
  3. ^ 年月の経過とともに、極めて緻密で安定した錆が形成され、それが保護被膜となって錆の進行を阻止する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


座標: 北緯37度18分43.3秒 東経139度53分56.7秒