アルコール乱用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
酒害から転送)
移動: 案内検索
Alcohol abuse
分類及び外部参照情報
The Drunkard's Progress 1846.jpg
飲酒者が辿る過程("The Drunkard’s Progress"),1846年
ICD-10 F10.1
ICD-9 305.0
MeSH D000437
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示
薬物に関する専門家による、乱用薬物の有害性の順位付け。(デビッド・ナットら、薬物に関する独立科学評議会(ISCD)、『ランセット』、2010年、PMID 21036393。)

アルコール乱用(アルコールらんよう、Alcohol abuse)とは、有害なエタノール利用を繰り返す行為に対してのネガティブな精神医学的診断名である[1]酒害(しゅがい)ともされ、「飲酒」に起因する身体的・社会的害悪を示す。酒害者(しゅがいしゃ)は断酒会で用いられる言葉で、飲酒者本人、とりわけアルコール依存症であって断酒を目指す者をさす。

乱用者には二種類のタイプがあり、ひとつは反社会的で喜びを追い求める人、もう一つは不安を抱え長期間断酒しているが、しかし一度飲み始めると自分自身をコントロールできない人である[2]。また過度飲酒英語版も一つの乱用タイプであり、最も過度の飲酒をするのは英国の青年層である[3]

世界のアルコールによる死者は、WHOは毎年250万人(総死亡の5.9%)[4]、OECDは毎年約330万人[5]と推定している。またアルコールによる生産性損失は、EU全体においては590億ユーロとOECDは推定している[6]

症状[編集]

身体的害悪は飲酒者本人への害である。急性アルコール中毒死、酩酊状態における交通事故、身体の不調などがある。また習慣的な多量飲酒は、生活習慣病がんうつ認知症、消化器その他の内臓疾患などのリスクを高める。社会的害悪は、飲酒者周辺への害である。第三者に対しては飲酒運転、暴力、労働災害など、家族に対してはDV、虐待などを引き起こし家族のストレス、トラウマ、労苦は大きい。

暴力[編集]

胎児[編集]

産婦の飲酒禁止を呼びかけるラベル

妊娠時の飲酒は胎児性アルコール症候群を引き起こす。

児童青年[編集]

社会と文化[編集]

世界[編集]

過去12か月に危険飲酒(Hazardous drinking)した確率[7]
性別 教育レベル 豪州 カナダ イングランド フィンランド フランス ドイツ ハンガリー アイルランド 日本 韓国 スペイン スイス 米国
男性 低学歴 15% 6% 18% 13% 2% 11% 7% 10% 25% 30% 16% 10% 13%
中学歴 18% 7% 21% 16% 3% 12% 7% 10% 24% 24% 12% 9% 10%
高学歴 12% 6% 23% 15% 2% 15% 4% 9% 20% 15% 13% 8% 8%
女性 低学歴 8% 1% 9% 3% 1% 4% 1% 2% 4% 5% 4% 3% 4%
中学歴 10% 2% 15% 4% 1% 5% 1% 3% 6% 4% 5% 3% 4%
高学歴 11% 3% 20% 6% 1% 9% 1% 3% 5% 2% 6% 5% 4%

日本[編集]

日本においては、飲酒による死亡者は34,988人(2008年)で、総死亡の3.1%を占めており、その社会的費用は4兆1483億円と推定されている(2008年)[8]

アルコール依存者は80万人と推定されているが、うちその95%が未治療のままであった[8]

  • 多量飲酒者 857万人 [8]
  • アルコール依存者とその予備軍 440万人 [8]
  • 治療が必要なアルコール依存者 80万人 (うち、治療につながった患者は5%) [8]

脚注[編集]

  1. ^ Diagnostic and statistical manual of mental disorders : DSM-5. (Fifth edition. ed.). (2013). pp. 490. ISBN 9780890425572. 
  2. ^ Neil R.Carlson, C.Donald Heth. "Psychology: The Science of Behaviour". Pearson Canada Inc,2010, p.572.
  3. ^ McArdle, Paul (27 February 2008). "Alcohol abuse in adolescents". BMJ 93 (6): 524–527. doi:10.1136/adc.2007.115840. PMID 18305075. 
  4. ^ WHO 2010, p. 3.
  5. ^ OECD 2014, p. 82.
  6. ^ OECD 2014, p. 75.
  7. ^ OECD 2014, Figure A.2..
  8. ^ a b c d e アルコール依存症者のリカバリーを支援するソーシャルワーク実践ガイド (Report). アルコールソーシャルワーク理論生成研究会. (2014). http://www.alhonet.jp/. 

参考文献[編集]

臨床ガイドライン

国際機関・政府機関

関連項目[編集]

外部リンク[編集]