薬物に関する独立科学評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
薬物に関する独立科学評議会
略称 ISCD
設立年 2010年1月15日
重要人物 Dima Abdulrahim, Roland Archer, Simon Brandt, Eric Carlin, Val Curran, Colin Drummond, Simon Elliott, Barry Everitt, Martin Frisher, Patrick Hargreaves, Graeme Henderson, John Marsden, Fiona Measham, デビッド・ナット, Rhys Ponton, Ian Ragan, John Ramsey, Penny Schofield, Ilina Singh, Polly Taylor, Tim Williams
ウェブサイト www.drugscience.org.uk
過去名 Independent Council on Drug Harms (ICDH)

DrugScienceは、以前の組織名が薬物に関する独立科学評議会(やくぶつにかんするどくりつかがくひょうぎかい、The Independent Scientific Committee on Drugs, ISCD)であり、当時32歳のヘッジファンド・マネージャーであるトビー・ジャクソンが提案し初期投資を行った、イギリスを拠点とする薬物評議会である[1][2] 。当初、薬物の有害性に関する独立評議会(The Independent Council on Drug Harms, ICDH)と呼ばれた。デビッド・ナット教授が議長を務め、犯罪司法研究センター英語版の支援を受け2010年1月15日に公式に発足した。評議会の主な目的は、政府への所属によって生じる政治的な干渉なしに、薬物の有害性についての科学的根拠を調査し研究することである。[1][3][4][5]

評議会の設立は、例の熱中した議論の後、イギリス内務大臣アラン・ジョンソンによる、2009年10月30日における、イギリス制定の薬物乱用諮問委員会英語: Advisory Council on the Misuse of Drugs(ACMD)の会長のナット教授の議論を呼んだ解任に続くものである[6][7]。論議は、センターでの彼のイブ・サビル記念講義(2009年)に続いた[8]

同時にグループが発足し、それはケタミンの危険性警告を増やすことや、エクスタシー大麻といった幻覚剤についての現行の当局の危険性推定を格下げすることを盛り込むことが有力な最優先事項だと報告された[2]

Drugscience.org.uk[編集]

ISCDのウェブサイト drugscience.org.uk は、教育者、学者、一般市民に対して、薬物と薬物の有害性に関する情報を公開している。

ドラッグス・ライブ[編集]

Drugs Live:2012年9月26日と27日に、チャンネル4においてエクスタシー試験の二部構成のTVドキュメンタリーが放送された。この番組は、チャンネル4が資金提供した脳におけるMDMA(エクスタシー)の作用についてのfMRI試験を公開した。この研究の主な研究者は、ISCDのメンバーのヴァル・カランで、議長のデビッド・ナットも番組中にゲストとして登場した。カランとナットは、ボランティアがfMRIスキャナーの中に入り、二重盲検でそれぞれ83 mgのMDMAか偽薬を服用するというインペリアル・カレッジ・ロンドンにおける研究を監督した。

そのドキュメンタリーは、MDMAの有害性やこの研究の調査結果を示すことを含めて、クリスチャン・ジェッセン英語版ジョン・スノウ英語版が司会を行った。番組のこの研究の参加者の一部として、牧師、元兵士、作家のライオネル・シュライバー英語版、俳優のキース・アレン英語版[要リンク修正][要曖昧さ回避]エヴァン・ハリス英語版民主党下院議員が含まれる。

ナットと同僚らはPTSDに対するMDMA支援心理療法による、イギリス初の臨床試験を実行するための準備をしていると述べている[9]

ISCD出版物[編集]

  • Ragan, C. I., Bard, I., Sing, I, Independent Scientific Committee on Drugs (ISCD) (2013). “What should we do about student use of cognitive enhancers? An analysis of current evidence”. Neuropharmacology 64: 588–595. doi:10.1016/j.neuropharm.2012.06.016. PMID 22732441. 
  • Celia J. A. Morgan, H. Valerie Curran, the Independent Scientific Committee on Drugs (ISCD) (2011). “Ketamine use: a review” (PDF). Addiction 107 (1): 27–38. doi:10.1111/j.1360-0443.2011.03576.x. PMID 21777321. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1360-0443.2011.03576.x/pdf. 
  • Nutt, D. J., King, L. A., & Phillips, L. D. (2011). “Drugs and harm to society- Authors' reply”. The Lancet 377 (9765): 555. doi:10.1016/S0140-6736(11)60199-2. http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2811%2960199-2/fulltext. 
  • Nutt, D. J., King, L. A., & Phillips, L. D., on behalf of the Independent Scientific Committee on Drugs (ISCD) (2010). “Drug harms in the UK: a multicriteria decision analysis”. The Lancet 376 (9752): 1558–1565. doi:10.1016/S0140-6736(10)61462-6. http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2810%2961462-6/fulltext. 

脚注[編集]

  1. ^ a b Sacked scientist promises impartial drugs advice The New Scientist, January 2010
  2. ^ a b Jack, Andrew (2010年1月16日). “Hedge fund chief backs drugs panel”. Financial Times. オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100712005502/http://www.ft.com/cms/s/0/aabcb6b0-023f-11df-8b56-00144feabdc0.html 2010年1月16日閲覧。 
  3. ^ David Nutt (2010年1月15日). “The best scientific advice on drugs”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/jan/15/david-nutt-drugs-science 2010年4月2日閲覧。 
  4. ^ http://www.drugscience.org.uk/ Independent Scientific Committee on Drugs Homepage
  5. ^ Nutt, David J; King, Leslie A; Phillips, Lawrence D (2010). “Drug harms in the UK: a multicriteria decision analysis”. The Lancet 376 (9752): 1558–1565. doi:10.1016/S0140-6736(10)61462-6. ISSN 01406736. 
  6. ^ Nutt, DJ (2009). “Equasy — An overlooked addiction with implications for the current debate on drug harms”. Journal of Psychopharmacology 23 (1): 3–5. doi:10.1177/0269881108099672. ISSN 0269-8811. 
  7. ^ Support the Independent Scientific Committee on Drugs”. The center for crime and justice studies (2010年1月15日). 2010年4月3日閲覧。
  8. ^ http://downloads.bbc.co.uk/podcasts/radio4/tls/tls_20120918-0930a.mp3 David Nutt on The Life Scientific with Jim Al-Khalili, September 2012, BBC Radio 4
  9. ^ Drugs Live: The Ecstasy Trial. Presenting original research on Channel 4 : Scientific progress, and a televisual first”. The Independent Scientific Committee on Drugs (27 October). 2014年2月26日閲覧。

関連項目[編集]